STEVE MANN

日本語で読む

17th December 2019

Steve has quite a history in music but has never been in the limelight as much as some of his peers. 2019 has changed all that, coming to the fore in several different projects and finally receiving the recognition he deserves, he has - and has always had - his feet on the ground. He is also one of the friendliest guys you could meet in the music business.

NB. This interview was conducted in Dec 2019…I was just late putting it online. 

Q: You’re been a busy man this year Steve: one of the busiest you’ve ever had?

SM: It’s kind of weird Glenn. This last three years, the way things have come back into my life is very strange. Starting with the Schenker Fest three years ago, the Lionheart reunion and now The Sweet and I don’t know if you know about Liar but we are looking at doing a new album next year as well.

Q: I know know Liar of course but didn’t know you were thinking of doing a new album.

SM: Yes when Schenker Fest and Lionheart came along that was strange enough and then The Sweet came along and I thought ‘Wow…my whole life is catching up with me’ and then –do you know Khalil Turk from Escape Records?

Q: Yes I do.

SM: Well he is a big fan of Liar and Liar recorded an album in Los Angeles in 1978 for Bearsville Records that never got released and it was Khalil who asked if there was any way we could release the album. So thought ‘Yeah, why not?’ so we are packaging this up and have recorded a new song called Woman which was written forty years ago but never released. It was done via the internet which is the way everything is done these days and it’s mixed and mastered and ready to go. That will go on the album as well and it’s going to come out in February or March next year. On top of that, if time permits, Khalil would like us to go ahead and record a whole new Liar album. That’s very much dependent on whether I have the time to do it but it could be a very interesting project.

Q: The original line-up? Clive and Paul?

SM: Unfortunately Clive died a couple of years ago which was sad but we got the rest of the guys into it; Dave Burton, Dave Taylor and Paul Travis. It’s an exciting thing and I’m enjoying doing it.

Q: Sounds* didn’t like Straight From The Hip (1977) calling it five years out of date and having a 2D production. They did say that there was some excellent material on it though.

SM: I’d agree with that as it always sounded like a demo to me. I wasn’t actually on the album as it was recorded before I joined the band. My picture is on it but it was Geoff Whitehorn from Crawler played the lead guitar and I have to say some really great lead guitar but I think that review was fairly accurate. Geoff is a great session guy, a very funny guy and has a good voice. We did actually mention re-recording that album with today’s production values but we just thought it would take too long. It’s still up in the air but who knows, maybe you’ll see a new Liar album next year.

Q: Moving on, 2019 has been one of your busiest years…

SM: Without a doubt. When you consider that three years ago I was intending to kick back and take life a bit easier and support my son in his endeavours – pass the mantle so to speak – it’s been quite a time. I can safely say I did not have a minute to spare and it’s going to continue in 2020.

Q: So let’s start with the latest from The Michael Schenker Fest is Revelation. Did you have a bit more work to do on this one than Resurrection?

SM: Yes. The way Michael works is that he is the sole music writer. He writes backing tracks and then gives them to the singers so in terms of my personal contribution to the songwriting, really my part was doing the keyboards. It was that way on the previous album and this one as well. I think there’s a little bit more input in terms of the keyboards with this album. Everything that was sent to me was just stems of Michel’s guitar parts, guide vocals and drums and I just flooded the whole thing with keyboard ideas. They can then filter out what they don’t want in the mix and leave in the parts that work but I must say, I was very pleasantly surprised by this album how much of the keyboard parts I sent was left in – they seemed to work really well.

Q: That’s the reason I asked; I hear a lot more of you on this album tha the previous one.

SM: I think you’re right there Glenn – I had that same feeling. On the last album, on some of the songs, there were some keyboard parts that already existed and I talked to Michael about it but he said that on this one I should do all the keyboard parts.

Q: You’re touring it of course and coming up you’ve got the 70,000 Tons of Metal cruise with The Michael Schenker Fest; have you done one of those before?

SM: No I’ve never done a cruise before! I’ve heard a lot about them from different people and I’m very excited about it. We are headlining so we have nice ca bins with balconies and I think it’s going to be a huge amount of fun.

Q: Then you’re in Japan doing two different sets. Can you tell us anything about that or does it have to remain a secret until the curtain goes up?

SM: (laughs) You’re going to have to wait for the curtain to go up on that one! We are still tweaking it a little bit but I’m afraid, yes, you’re going to have to wait. It’s a closely guarded government secret.

Q: Two drummers as well…

SM: Yes and I’m really looking forward to that! Having Simon there is wonderful as I’m a huge Toto fan as well. I’m a massive admirer of him, loved that first album that he did with Michael and thought his work was sublime. Bodo (Shopf) is really looking forward to it as well and obviously they’ll each do some of the set.

Q: Both Simon Phillips and to a lesser extent Bodo Schopf are a very different drummers to Ted who sadly can’t be with us anymore. Both have played with Michael before; have the musical dynamics within the band shifted in any way?

SM: Yes they have done already. One of the things about Bodo coming after playing so long with Ted is that it does make you realize how much of the dynamics within a band are down to the drummer. As you say, Bodo is a very different drummer to how Ted was and it’s different to quantify but Ted was a very British sounding drummer. I’m not trying to typecast here but it’s something I’ve come to realize over the years that German music and British music differ a lot in their basic feel. The British feel is a little bit more Bluesy and has a bit more swing but with Bodo, the timing is rigid – absolutely perfect. Both are good, neither are better or worse in any way but you have to get used to the difference and that’s what became apparent to me when we started working with Bodo. I’m sure that will be the same with Simon as well.

Q: The next project is the new Lionheart album; what’s the situation with that?

SM: We are probably about two-thirds of the way through that and now I’m busy with Michael so it’s just a case of finding a window of opportunity to get it knocked out. I’m to have it done by the end of February for a spring release. I might add, in terms of content, this album is stunning! I know everybody says this but I know, in my stomach that when this album comes out, it will be a very special album – I just know it.

Q: On Second Nature, you are credited with guitars, keyboards, backing vocals, production, engineering, mixing and mastering. Are you doing the same for this one?

SM: Yes.

Q: It’s a bit of a work load isn’t it?

SM: Yes but as long as it works, as long as I feel it works, I’ll carry on doing it that way. The thing is, I am a perfectionist and I have these ideas in my head and I know how I want things to sound. If I ever struggle, then I say to myself ‘Right, I’m not the person for this’, and I’ll go to somebody else. I work that way with Lee when we write songs because I’m not a melody writer or lyric writer and would never even attempt to try those because he’s far better at it than I’ll ever be. So I’ll write some music, send it to him, he’ll write a vocal, cut it up a bit and we send it backwards and forwards until we have it right. When it comes to engineering, what would be the point of me sitting with an engineer telling him how I wanted it to sound when I can just as easily do it myself? There is also the speed of creativity and this is a very important point which I try to explain to people; I go into a kind of a creative whirl in the studio where I have guitars to my left, keyboards to the right and the desk in front of me. I get this creative frenzy when things go bang-bang-bang-bang-bang and record loads of stuff. It might be two or three guitar notes and then I think ‘no, need to change that keyboard’ and the guitar goes down so I can change the keyboard and then that changes the guitar part again and so on. It’s a creative frenzy I get 100% absorbed in and I come out of the other ending thing ‘Wow – that worked!’ I don’ know what happens there Glenn, it’s very hard to describe, it’s almost like a trance when I get to that stage but the point is, if I had to explain to someone what I wanted, that creative frenzy would go. I don’t do it because I want to be seen to be doing everything; I do it because it works for the band and they are very happy they work that way.

Q: I understand exactly what you are saying and I suspect many other artists of all kinds do as well. I certainly do as a writer…sometimes I can’t stop the words coming through and they have to be written down at that moment or they are forever lost in the ether.

SM: That’s it. I think what it is, is that I am a believer in ‘the greater us’ and that we are more than what we realize. You can call it spiritual or whatever you like but somehow, when you have that need to write or I have this creative frenzy, we open some kind of door to our creative self and it just comes flooding through.

Q: Yeah my girlfriend used to often wonder why I was working at 2:45am but she’s learnt now to just let me do it.

SM: Same with me. If anyone comes into the studio and disturbs me, I have to ask them to give me a while because if I stop, it will be gone. Some of the best moments on this album by the way happened when that door opened and the creativity comes through.

Q: Yeah we should get back to this! Can you fit some Lionheart shows in somewhere in-between MSF and The Sweet?

SM: Oh…that’s a very good question! (laughs) We would love to but the priority is to get the album done of course. Once we’ve done that and it’s out, I think we’ll be looking at festivals mainly rather than support tours or club tours.  

Q: I mentioned The Sweet who you have hooked up with again after some time. Good to be back in the fold?

SM: Oh fantastic! It’s been a very busy tour but things never change in The Sweet and I think we are very lucky that we just happen now stumbled across a very good line-up.

Q: Yeah run me through the current line-up, this is Andy Scott, Lee Small, Bruce Bisland, Paul Manzi and yourself?

SM: Well joining Andy and Bruce who is a brilliant drummer – I can’t describe how good he is, just stunning – we have Paul on lead vocals and he’s one of the best Rock singers around. Lee on bass and backing vocals and is also one of the best Rock singers around and we just seem to have fallen on our feet. We have loads of fun, there is a lot of energy and excitement onstage and the reviews this line-up have been excellent.

Q: I hear what you are saying about Bruce. I did some shows with Statetrooper back on the eighties and of course their singer was Gary Barden.

SM: (laughs) Yes NWOBHM is very incestuous. Everybody knows everybody and different times everybody has worked with everybody else. It’s a small world the NWOBHM.

Q: I saw them some years back when they were here and Andy’s voice was earpiercing…he still hits that high note in The Sixteens.

SM: It’s amazing, unbelievable - It’s G I think he reaches. He’s seventy years old and he’s had a few health scares over the last few years and he’s obviously not as fit as he used to be but he sure can belt it out! With Lee and Paul as well who are world class singers, the vocals in The Sweet which is what they were known for are really superb. Bruce has a good voice as well.

Q: Your voice isn’t too shabby either Steve.

SM: It’s ok. They don’t me to sing though so I just prance around on guitar. (laughs)

Q: So apart from Michael Schenker, Lionheart, The Sweet, sanitation, medicine, education, wine, public order, irrigation, roads, a fresh water system and public health** what else are you doing?

SM: Liar! (laughs)

Q: (laughs) I walked right into that! Steve, always good to talk to you, I’ll see you in March.

SM: You too Glenn. Take care.

*Sounds was a British Rock newspaper that ceased publication in 1991

**From Monty Python’s Life Of Brian

スティーヴ・マン インタビュー2019

 

スティーヴは音楽界ではキャリアの長い人物だ。しかし彼と同世代のミュージシャンほど脚光を浴びてこなかった。2019年、遂に彼は手掛けたいくつかのプロジェクトによりシーンの前面に浮上し、正当な評価を受ける時が来た。彼はずっと地に足の着いた活動をしてきたのだ。彼はまた音楽業界では非常に親しみのある人物の一人でもある。

(注)このインタビューは2019年12月に行なわれたものである。掲載が遅れてしまったが。

 

Q:今年はずっとお忙しかったですよね。これまでで最も忙しかったのではないですか?

SM: 不思議なことだよね、グレン。ここ3年間の僕の人生というのは、とっても奇妙なことの連続なんだよ。3年前のシェンカー・フェストを皮切りに、ライオンハートの再結成があり、今はスウィートだ。君はライアーのことを知っているかどうか分からないけど、来年にはニューアルバムを出す予定で準備しているところなんだよ。

 

Q:もちろんライアーも知っていますよ。でもニューアルバムのことは知りませんでした。

SM:ああ、シェンカー・フェストがあって、ライオンハートが続き、それだけでも奇妙な感じだったところにスウィートの件が来た。「ワォ、人生が一気に動き出したぞ」てな感じだった。君はエスケイプ・レコードのカリル・タークという人物を知っているかい?

 

Q:はい。

SM:彼はライアーの大ファンなんだよ。ライアーがベアーズヴィル・レコード所属時代の1978年にロサンゼルスでレコーディングしたんだけど、このアルバムは結局日の目を見なくてね。それを何とかリリースできないかと尽力してくれたのがカリルだったんだ。「なぜなんだ?」って言ってくれたよ。40年前に書き上げていた「Woman」という新曲もレコーディングして準備万端だったんだけど、リリースされなかったんだ。現代ではようやくこの曲がインターネットを通じてリリースされる運びになったんだ。きちんとミックスもマスタリングもされてね。それがアルバムという形に繋がっていって、来年の2月か3月にはリリースされると思うよ。それにはまず、時間が許せばカリルが僕たちをサポートしてくれてアルバムを制作してくれるだろう。僕にその時間があるかどうかにかかっているね。でもこれにはすごく興味があるんだ。

 

Q:オリジナル・メンバーですか?クライヴもポールも一緒ですか?

SM:残念なことに、クライヴは数年前に亡くなったんだ。悲しいことだけど、僕たちは代わりのメンバーを入れた。デイヴ・バートン、デイヴ・テイラーとポール・トラヴィスという面々だ。ワクワクするし、楽しめると思うよ。

 

Q:サウンズ紙*は『Straight From The Hip』(1977年リリース)を5年も時代遅れの深みのないサウンドだと酷評しましたよね。いい曲はいくつかあると認めましたが。

SM:僕自身もあれはデモのようなサウンドだったと思うから、その批評には納得する部分もあるんだ。僕が加入する前にレコーディングされたアルバムだったしね。僕の写真はジャケットに載っているけど、クローラー出身のジェフ・ホワイトホーンがリードギターだったんだ。彼は何曲かでいいプレイをしていたと思うんだけど、あの批評は当たっていたと思うよ。ジェフはいいセッションマンで楽しい男で、声も良かった。僕たちはあのアルバムを現代の機材でリメイクすることも話しているんだけど、時間がかかりそうだからね。まだ検討中という状態だから、来年のライアーのニューアルバムが先に出るだろうね。

 

Q:さて、またあなたが多忙だった2019年のことに戻りますが・・・

SM:確かにね。3年前のことを振り返ってみると、人生を少し生きやすくなった気がしてね。息子のこともサポートしてやり、うまく世代をバトンタッチできた。ほんとにこんな忙しさは久しぶりだった。気が抜ける時間なんてまったくなくてね、それは2020年も続くと思うよ。

 

Q:マイケル・シェンカー・フェストの『Revelation』のことからお聞きしましょうか。このアルバムでは『Resurrection』よりもあなたの貢献度は高かったのですか?

SM:うん。マイケルのプロジェクトというのは、彼だけが曲を書くんだ。彼がベーシック・トラックを書いて、それをボーカリストに渡す。だから僕が作曲で貢献した部分となると、キーボードのパートだけだ。前作もそうだったし、このアルバムでも同じだよ。このアルバムでは前作よりもキーボードでの貢献度が高いと思う。僕に送られてきたのは、マイケルのギター・パートとガイドボーカル、ドラムだけだったんだ。それに僕がキーボードのアイデアを詰め込んで、曲を広げたんだ。最終的には彼が使いたくない部分はミックス時にカットして、使いたい部分だけを残したんだ。でもけっこう僕の提案したキーボード・パートがたくさん使われたから嬉しいんだ。バンドは実にいい仕事をしたと思うよ。

 

Q:私が尋ねたのは、前作よりもあなたのプレイが多く聴けたからなんですよ。

SM:その通りだよ、グレン。最新作では、既にキーボード・パートが出来上がっていたんだ。それでマイケルに確認してみたところ、彼は僕にすべてやり直してくれと言ってくれたんだ。

 

Q:あなたはツアーにも出ていますし、マイケル・シェンカー・フェストでの「70,000 Tons of Metalクルーズ」も迫ってきています。こういうことは経験済みですか?

SM:いや、クルーズなんてしたことないよ!いろいろな人にこのことについて聞いてみて、ワクワクしているんだ。僕たちはヘッドライナーだから、船室もバルコニー付きでかなり豪華だそうだ。めちゃくちゃ楽しみなんだ。

 

Q:それから日本で2つの異なるセットでのコンサートがありますね。それについて聞かせてもらえますか?それとも幕が開くまで秘密でしょうか?

SM:(笑)幕が開くまでお預けだね!まだ煮詰めている段階なんだ。でも緊張するよ。しばらく待ってほしいね。マネージメントから厳しいかん口令が布かれているんだ。

 

Q:ドラマーが二人になると・・・

SM:ああ、それも楽しみなんだ!僕が大ファンのトトのサイモンが参加してくれるんだから素晴らしいよね。僕は彼をリスペクトしていて、彼が参加したマイケルのファースト・アルバムが大好きなんだ。彼のプレイは素晴らしいとしか言いようがない。ボド(・ショプフ)のことも楽しみにしているんだ。彼らはそれぞれのセットで叩くと思う。

 

Q:サイモンも、彼よりもキャリアの短いボド・ショプフも、亡きテッドとは異なるタイプのドラマーですよね。二人ともマイケルとのプレイ経験はあります。いずれのドラマーでも、バンド内のダイナミクスは健在でしょうか?

SM:ああ、二人とも問題ないよ。ボドに関して言えば、彼はテッドと長いことプレイしてきたから、バンドのダイナミクスにドラマーがいかに重要かということを気づかせてくれるんだ。君が言うように、彼とテッドは異なるタイプのドラマーで、テッドはブリティッシュらしいサウンドのドラマーだった。僕はここでは敢えてどちらがどうだとは言わないけど、何年もプレイしてきてジャーマン・ロックとブリティッシュ・ロックは根底にあるフィーリングがかなり違っていると感じるんだ。ブリティッシュはよりブルージーでスウィング感もある。でもボドのタイミングは堅実で完璧なんだ。両者とも良い点でも悪い点でもそれぞれ個性があって素晴らしいと思う。でも君が両者の違いを感じるとすれば、それは僕たちが初めてボドとプレイした時に感じたことなんだろうね。それはサイモンのプレイにも言えることでね。

 

Q:次の予定はライオンハートのニューアルバムですね。現時点ではどこまで進んでいるのですか?

SM: ゴールまで3分の2は来たってところかな。今、僕はマイケルとのプロジェクトで忙しいから、これにかかれるタイミングを見計らっているところだ。春にリリースできるよう、2月の終わりまでにはやってしまいたいと思っている。付け加えるけど、内容に関しちゃこのアルバムは凄いよ!誰もがそう言ってくれると確信している。このアルバムがリリースされた途端、とてつもないアルバムなんだっていう実感が湧くのがもう分かっているんだ。

 

Q:アルバム『Second Nature』では、あなたはギター、キーボード、バッキング・ボーカル、プロデュース、エンジニアリング、ミキシング、マスタリングとクレジットされています。一度にこれだけのことをやったのですか?

SM:そうだよ。

 

Q:働きすぎじゃないですか?

SM:そうかもね。でもやる限りは納得できるまでやりたいんだ。それが僕のやり方でね。僕は完璧主義者だし、頭の中にはアイデアがいっぱいあって、作りたいサウンドも聴こえているんだ。それで悩むようならこう思う。「分かった、僕は適材じゃないんだ。」ってね。それで誰か他の人に任せる。曲を書く時にもリーとはこういう風にやっている。僕は純粋にソングライターではないからね。彼の方が曲作りにかけては僕よりも長けているんだ。僕が書いた曲を彼に送ると、彼はそこにボーカルを入れて送り返してくれる。それをまた二人で煮詰めていくんだ。エンジニアリングということになると、僕がやらなきゃエンジニアに僕が出したいサウンドを説明することになるだろう?じゃあ自分でやればいいじゃないのか?ってことさ。この方が実現のスピードは速くなるし、他の人に説明する上でもポイントが明確になる。それで僕の仕事は自分の左にギター、右にキーボードを置いて、目の前にはコンソールデスクという状態になるんだよ。事がどんどん進行していって、レコーディングが捗る時は、僕は創造的な喜びに身を浸せるってわけさ。2、3フレーズをギターで弾いてみてから、「ああ、それならキーボードのあそこを変えた方がいいな。」なんて思って、またギターに戻る。そしてキーボードのパートを変えて、ギターのパートもまたいじって、という繰り返しなんだ。クリエイティヴ的にはこれぞ100%の満足感だよ。納得いく形で決着したら、「ワォ、やったぞ!」てな感じさ。これはどうなるかは分からないんだよ、グレン。言葉で説明はし難いんだけど、ちょうどステージで恍惚とする時のような感じかな。でもポイントは、僕のやりたいことをきちんと人に伝えられてこそのものだ、ということだね。自分の評価を高めたいだけなら僕はやらない。バンドのためにやることなんだ。バンドがうまくいくこと、それが一番なんだよ。

 

Q:あなたのおっしゃることは分かりますよ。でもすべてのバンドがそういう風にやっているのかは疑わしいですね。ライターである私の場合、湧き出る言葉を抑えられないことがあります。そんな時はすぐに書き留めるか、さもないともうその言葉は永遠に戻ってこないか、のどちらかなんです。

SM:そうだね。そういうものだと思うよ。僕は「自分たちはもっと凄いんだ」と信じているんだ。ポテンシャルはもっと凄いんだとね。これをスピリチュアル的なことだと思うかどうかは別として、曲を書く必要にかられた時とか、創造力に満ちた時には何か創造性への扉が開かれるという感じなんだよね。そしてアイデアが溢れ出してくるんだ。

 

Q:私のガールフレンドは私が夜中の2時45分に仕事をしているのをよく不思議がっていたんですよ。でも今はそういうことなんだと理解しています。

SM:僕の場合も同じだね。誰かがスタジオに入って来て僕に頼みごとをする。僕は少し時間をくれないかと言う。もし僕に何もアイデアが湧かなかったらそれまでだ。このアルバムの素晴らしかったことは、その扉が開き、創造力が流れ出てきたことなんだ。

 

Q:そうですね。じゃあまた活動のことに戻りましょう!マイケル・シェンカー・フェストとスウィートのプロジェクトの間にはライオンハートのコンサートはどこかでできそうですか?

SM:あー・・んー・・いい質問だね!(笑)やりたいんだけど、優先順位はまずアルバム制作なんだ。それが完了すればコンサートができる。たぶん誰かのサポートツアーやクラブツアーじゃなくて、フェスティバルに出演するのがメインになると思うよ。

 

Q:スウィートが久しぶりに再結成されるとのことですが、それも嬉しいことですか?

SM:ああ、もちろんさ!当時は忙しく活動していたけど、スウィートを取り巻く環境は何も変わらなかった。でもまたこうしていいメンバーでやれるのはラッキーだと思っているよ。

 

Q:最終的なラインナップはアンディ・スコット、リー・スモール、ブルース・ビスランド、ポール・マンジとあなたですよね?

SM:そう、アンディと最高のドラマーであるブルースが加わってくれる。どんなに凄い奴かは口では表現できないな。ほんと凄いんだ。ポールがリードボーカルだ。彼はロック界でも最高のボーカリストの一人だよ。リーがベースとバッキングボーカルだ。彼もロック界選りすぐりのボーカリストだよ。落ち着くところに落ち着いたという感じだね。すごく楽しみなんだ。もうエネルギー全開で、素晴らしいステージになるのは間違いないし、このラインナップは絶賛されているんだ。

 

Q:あなたからはブルースのことを聞いたのですが、私は80年代にステイトトゥルーパーと何回かコンサートをしたことがあるんです。その時の彼らのボーカルはゲイリー・バーデンでした。

SM:(笑)NWOBHMは近親相姦的だよね。みんな顔見知りで、みんな互いに仕事をしたことがあるような。狭い世界だよ、NWOBHMは。

 

Q:何年か前に彼らが来日した時に観ましたよ。アンディの声は今でも16歳の時のように耳をつんざくハイトーンが出ますよね。

SM:びっくりだよね。信じられない。彼は高いGの音まで出せるんじゃないかな。70歳で、数年前にはいくつか身体の疾患も見つかったというのにね。昔のままじゃないことは明らかだけど、彼はそのレベルに持っていけるんだ!リーとポールも世界に誇れるボーカリストで、スウィートっていうのは本当に凄いバンドなんだ。ブルースももちろんいい声しているしね。

 

Q:あなたの声もなかなかイケてますよ、スティーヴ。

SM:そうかな。でも僕に歌ってくれとは言わないんだよ。だからギターだけに集中しているんだ(笑)。

 

Q:マイケル・シェンカー、ライオンハート、スウィートの他にも衛生、医学、教育、ワイン、公的事業、潅漑や道路事業、浄水システム、公衆衛生**なども手掛けていますが、その他にも何かやってるんですか?

SM:ライアーだよ!(笑)

 

Q:(笑)それも忘れちゃいけませんね!スティーヴ、いつも楽しいお話をありがとう。3月に会いましょう。

SM:君も楽しい奴だよ、グレン。またね。

 

*・・・「サウンズ」は1991年創立のイギリスのロック紙。

**・・・モンティ・パイソンの『ライフ・オブ・ブライアン』から