BUTTERFLY

I appreciate that the term I am about  to use is an oxymoron but I can think of no better for now than 'Fresh retro' because that's exactly what Butterfly are. The twin brothers of Ollie and Eddie Taylor along with Aaron Burke and Jordan Dendy have come up with some marvelous music that throws you back to the late 60's and early 70's without feeling laboured or derivative. Yes you can spot the influences but this is new Pop/Rock at its finest.

私が使おうとしているこの言葉が矛盾していることは認めるが、「新鮮な懐古」という言葉ほど言い得て妙なものはないと思う。まさしくバタフライがそうなのだ。オリーとエディの双子の兄弟がアーロン・バーク、ジョーダン・デンディらと組んで生み出したこの驚くべき音楽は、意図せずごく自然に60年代末期または70年代初期という時代に連れて行ってくれるのだ。確かに、その時代の影響は受けているが、この音楽は新しい極上のポップ・ロックである。

94616202_2671526536465829_11550206097432

Ranger 1

Ranger 1.jpg

Butterfly's debut release is a four track EP recorded at Laurel Studios in the UK and is a kaleidoscope of textures, colours, melodies and harmonies all put beautifully put together for your listening pleasure. The playing from all the members is masterful, the entire group contributing to what the song needs rather than what they would like to put on it and the arrangements are just quirky enough to make it more interesting without losing the essential parts of the music. 

バタフライのデビュー盤はイギリスのローレル・スタジオでレコーディングされた4曲入りEPである。様々な色合いのメロディとハーモニーが幾重にも織り成す音の万華鏡は、耳に届くやいなやリスナーの喜びに変わる。メンバー全員の演奏技量は卓越していて、彼らが意図した以上に曲を引き立てている。アレンジは奇抜に思えて興味をそそるが、楽曲の真髄を失わせてはいない。