Oochya!.jpg

STEREOPHONICS
OOCHYA! 

Sony Music International Japan

今回のリリースの背景は重要だ。バンド結成25周年の別のコンピレーションを検討している際に、ケリー・ジョーンズは過去のアーカイヴを当たり、未発表の古い楽曲をいくつか見つけ、この新しいアルバムに提供することになった。録音された年代が違うだけで、ステレオフォニックスのカタログには、単なるコンピレーションよりはるかに歓迎すべきものだと言わざるを得ないものだ。

 

このレビューでは、私のお気に入りをいくつか紹介しよう。まず、オープニングナンバーが素晴らしい。脈打つリフとドライブの効いたビート、1980年代のZZ Topに似たギターサウンドは、まずは是非聴くべきナンバーだ。次に、「Right Place Right Time」。ロッド・スチュワートの「The Killing of Georgie」と同じような雰囲気の曲と歌い回しだ。ロッドのようなメッセージ性はないが、その思いは伝わってくる。「Leave The Light On」がその次に来る。正直なところ、この曲はボン・ジョヴィが彼らのアルバムに収録されていることを誇りに思うような曲だが、ニュージャージー出身のバンドが作った曲よりも優れたプロデュースと完成度を持っている。エンディングの "on me "に至るまで、あらゆる面で美しく仕上がっている。

 

そしてラストには、バッド・カンパニーの流れを汲む強固なロックが続く。このスタイルに挑戦し、見事にやり遂げたのは、まさに気品としか言いようがない。「All I Have Is You」は、彼らの得意とするゴージャスでスローな展開の曲で、お気に入りの最後の曲には、アンコールにふさわしい「Made A Mess Of Me」を選んだ。

 

繰り返しになるが、このリリースの背景が重要だ。このアルバムは決して新しいものではないが、長い間忘れられていた曲と新しい曲を楽しくミックスしたもので、単なるアウトテイクの束とも、「そんなものはどうでもいい」と投げやり風なコンピレーションとも違うアルバムにアレンジされている。つまり、このアルバムをステレオフォニックスのコレクションに加えないなら、あなたはバンドの真の姿を見逃すことになるとさえ言えるだろう。ステレオフォニックスというバンドを洞察し、理解することができるものだ。つまり、とても良いアルバムということだ!

 

Track List

Hanging On Your Hinges

Forever

When You See It

Do Ya Feel My Love?

Right Place Right Time

Close Enough To Drive Home

Leave The Light On

Running Round My Brain

Every Dog Has Its Day

You're My Soul

All I Have Is You

Made A Mess Of Me

Seen That Look Before

Don't Know What Ya Got

Jack In A Box

DT ...and Beyond.jpg

DREAM THEATER 
FALLING INTO INFINITY
DEMOS 1996-1997

Sony Music International Japan

ドリームシアターの4枚目のアルバムは、多くの人がイマイチなアルバムだと考えており、当時も多くの評論家がそう言っていた。バンドメンバーが変わり、レコード会社は新曲を好まず、プロデューサーにはケヴィン・シャーリーが充てられ、エレクトラ社から曲をより商業的、あるいは「ラジオでかかりやすく」するようにとの指示があった。エレクトラ社はまた、ドリームシアターのロゴを捨て、彼らをより商業化しようとしたのだった。その結果、リリースまで1年以上かかったこのアルバムは、つぎはぎだらけの一貫性のないものとなってしまった。アーカイブ盤の第10弾となる今回のリリースは、「有り得たかもしれない(はずの)もの」を示すという意味で、これまでで最も大きな意味を持つものだろう。日本でのリリースはこうなっている。万華鏡のようなアートワークのジャケット、シルクのようなデジパックと日本語のブックレット、そして2007年に発売された公式ブートレグの上を行くBSCD2リマスターによる輝かしい音楽と、これまでのシリーズ9作を踏襲したパッケージとなっている。

 

音楽そのものについて。このうち6曲はアルバムには収録されず、他の数曲も完成版とは異なるため、なぜああなってしまったのか不思議に思うほどだ。 例えば、「Take Away My Pain」は、1980年代の完璧なパワーバラード(きっとレコード会社が望んだことだろう)から、なぜかカリプソビートの曲に変身し、ドラマ性を排除してしまったのだ。当時はどんな会話が飛び交っていたのか、興味津々だ。マイク・ポートノイは後日、人間関係が危機的な状況になり、バンドをやめることも考えたと語っている。ありがたいことに彼らはそうせず、バンドは自分たちの運命のコントロールを取り戻し、『Falling Into Infinity』で犯した過ちは二度と繰り返されることはなかったのである。

 

このバンドが結成された当時はバークリーの学生だったことは周知の事実だが、後に彼らのファンになった学生たちはデモ版と完成版の違いを比較することで、このリリースから多くを学ぶことができるだろう。上記のように、失敗もあったが、改善された曲もあり、未来の学生たちが、世界中の大学内のバーでビールを飲みながら、このアルバムを聴き、長所と短所を議論している姿を想像してしまう。我々は皆、「物事は後から振り返ってからやっとハッキリ分かるものだ」ということを知っている(私はラジオ番組で何度もビートルズの『ホワイト・アルバム』について討論したことがある)。『Falling Into Infinity』が最終作であり、デモはそれ以上のものではない、ただのデモなのだ。しかしながら、これらは崇高なデモ集であると言わざるを得ないものだ。1997年のDREAM THEATERを聴くなら、まずこの盤に手を伸ばすべきだろう。

 

Track List

Disc 1

Raise the Knife

Where Are You Now?

Take Away My Pain

You or Me

Anna Lee

Burning My Soul

The Way It Used to Be

Lines in the Sand

Disc 2

Just Let Me Breathe

Peruvian Skies

Trial of Tears

Cover My Eyes

Hollow Years

New Millennium

Speak to Me

Metropolis - Pt. 2