mettavolution.jpg

RODRIGO Y GABRIELA - CD

METTAVOLUTION LIVE

Sony Music Japan - 発売中

私自身、少しギターをたしなむ。ポピュラー音楽史における楽器の発達についても勉強してきた。ロックの創始者たちを賞賛し、ジャズの偉人たちも愛している。クラシックのギタリストの動きの器用さとともに速弾きぶりも楽しんでいる。このレビューの前に言っておかねばならないことは、私はロドリーゴ・イ・ガブリエーラ(彼らはたいてい自分の名前を小文字表記する)をこれまで聴いたことがなかったということだ。しかしプレーヤーの再生ボタンを押すなり、すぐに私はこの親しみやすく、とても二人組とは思えない音楽に魅了されてしまった。すぐに私はパソコンに飛びつき、彼らの4作目のアルバム『Mettavolution』を検索した。このアルバムは昨年リリースされ、今年のグラミー賞の「最優秀コンテンポラリー・インストゥルメンタルアルバム賞」を受賞している。彼らは元々出身のメキシコでブラック・サバスとメタリカに影響され、それからアイルランドに移ってから独自のスタイルを築き上げたという。どこにもないものなのだ。素晴らしいと言うしかない。

 

このライブレコーディングへの第一印象は、「ワォ!」という感じだった。しかしその直後、二人のギタリストが織り成す音楽がなぜこんなにも私の耳を捉えて離さないのかを実感することとなった。いくつか彼らの映像を観て、再度音楽を聴いても答えは見つからなかった。もう受け入れるしかなかった。翌週には十何回もこのアルバムを聴いた。そしてアルバム『Metttavolution』を手に入れた。それで解かったことは、とにかくライブはスタジオバージョンよりもはるかに凄いということだった。彼ら自身から溢れ出てくるものと言うしかなかった。ライブアルバムについて言うと、ステージ上の二人の掛け合いが素晴らしい。スタジオバージョンより格段に凄いのだ。ライブこそが彼らの真骨頂と言える。

 

『Mettavolution Live』は、スタジオ盤とは曲順が異なっているとはいえ、完璧なる演奏である。さらに6曲が追加され、前作から5曲、そこにガブリエーラのソロで構成されている。「Mettavolution」の核となる部分はピンク・フロイドの「Echoes」をタマカンが首も折れよとばかりのスピードで弾くロングカバーバージョンである。他の曲も楽しさこの上ない、同様のアレンジが施されている。サウンドは温かみがあって、タッピング、ボディをゴツゴツと打つ音、荒々しく弦をかき鳴らす音、彼らのパフォーマンスのすべてが捉えられ、響き渡っている。アルバムに捉えられたとは思えないほど生々しいライブだ。2枚のディスクは3面開きのデジパックに収納され、英語の原文と日本語訳が記された8ページのブックレットが付いている。それで良心的な3,000円という価格だ。一言で言えば、どんな場所にいようとどんな時にでも聴ける素晴らしい作品である。私のようにギターをかき鳴らす時間がなかなか見つけられないような人なら、このアルバムを買った時に新しいギターの弦も買うことをおススメする。これを聴けば、またギターが弾きたくなるに違いないから。

Tracklist

Disc 1

Krotona Days

Witness Tree

The Soundmakers

11:11

Diabro Rojo

Echoes

Mettavolution

Tamcun

 

Disc 2

Gabriera-Solo

Electric Soul

Cumbe

Hanuman

Teracentric

ERKONAUTS - RECORD

I WANT IT TO END 

Independent release

ジ・エルコノウツは自らをメタル・プログレ・パンクバンドと称している。これはリスナーが彼らに抱くジャンルのイメージにかなり近いものだ。しかしこれが彼らを正確に表現しているとは言えない。彼らはオリジナリティ溢れるパンクソングを生み出し、大作をモノにできるだけの腕を持つ卓越したミュージシャンの集まりだからだ。このサードアルバムでも彼らのすべての能力を見ることができるし、素晴らしいアイデアが詰まっていることが判る。

 

私がそもそも好きなのはLP盤で、このシンプルかつ愛情がこもったレコードという代物が嬉しいのだ。タイトルを記した興味をそそるジャケットデザインは、今後何年もの間、その意味がプログレファンの間で議論の的になるだろうが、スリーヴからアルバムを取り出すと、イメージにぴったりのカラーレコードが現われる。これをかけると、ご近所さんは君の家で何かが爆発したんじゃないかと思うかもしれない。それとともに、君自身も富士山から溶岩が噴き出すような感覚に陥るかもしれない。

 

A面が素晴らしい。狂喜のあまり吐くまで踊り続けるような「War Flamingoes」で幕を開けると、テンポも構成もイメージも様々なナンバーが飛び出してくる。聴き進めていくと、一体B面はどんなことになっているのだろうかという気になってくる。こんな思いをすることはレコード以外ではないことだが、B面はA面よりもいいのだ。B面最初のナンバー「Losing Is The First Step」はモーターヘッドのアルバムの優雅さを彷彿させるし、次曲「The Sun」は、2020年に私が聴いたプログレメタルのアルバムの少なくとも半数よりも優っている。しかしその後に続く「Carvaggio」がまさにモンスターなのだ!ソフトでメロウな感じで始まるのだが、徐々に陰気で不吉なエンディングへと向かっていく。あらゆるネガティヴなイメージを伴いながら。ダイナミックとしか言いようのないこのサウンドは終始一貫しており、目を見張るものがある。真の天才と巡り会った瞬間だ。「Carvaggio」は壮大過ぎて、これでアルバムが閉まったとしてもごく自然で当然のことのように思える。実際に私は終わったと思ってレコードを取り上げたくらいだ。そう思えてしまうのだが、実際はそうではない。ジ・エルコノウツはたった1曲で衝撃を与える。エネルギーが一気に迸るのだが、「始まりを忘れないで」と言っているかのようだ。どこかのフェスティバルで演奏する彼らは「Carvaggio」でレギュラーステージを終え、またアンコールでステージに戻って来るようなイメージが頭に浮かぶ。そしてまたA面から聴きたくなってくるのだ。そのとおり、私はまた最初から聴き返した。

 

凄いやつら・・・・本当に凄い!

 

 

Track List

Side A

War Flamingoes

The Future Ends With You

Five Orange Seeds

The Cult Of The Burning Star

It Could Be Over Soon

Side B

Losing Is The First Step

The Sun

Caravaggio

The Curse Of Scotland