Volbeat Servant Of The Mind.jpg

VOLBEAT - CD
SERVANT OF THE MIND 

 

Sony Music International Japan

前作から2年、パンデミックなどあったが、ヴォルビートはどんな作品を作ってくれたのか?

最高のアルバムを作ることができた!と思う。冒頭のドラムの連打から、ロックぽさ、ガツンという迫力、強力な押し出し、衝撃、雷鳴のような轟きと、ほとんど休むことなく曲が続いていく。フロントマンのマイケル・ポールセンは自宅に篭もっている間にこのアルバムを書き上げたのだが、その間に彼に何が起こったのか。バンドはさらに一歩前進し、間違いなく地球上で最高のバンドの一つとなった。彼らのトレードマークであるパンク/メタル/ロカビリーの要素もあるが、「The Sacred Stones」のような曲が出てくると、我々はブラック・サバスの「Heaven and Hell」の領域に入っていく。これはあなたの聖地に足を踏み入れることになるかもしれないと不安に思いながら書いているのだが。そして、これは私の大好きなバンドの一つであるディオの生まれ変わりのようにいい感じなのだ。どの曲も、ポールセンとギタリスト、ロブ・キャジアーノのこれまでで最高の演奏と相互作用が実現している。「The Devil Rages On」のような曲では、リズムセクションが想像上のキャデラックに乗って、ロバート・ロドリゲス監督の狂った映画に出てくるような、忘却の彼方へ向かう埃っぽい道を走っている。その後、アルバムは再び反転し、ゴージャスなポップスとアルパビートのスタイン・ブラムセンのゲストボーカルが登場し、これらすべてのジャンルとサウンドがまとまりのあるアルバムへと結実しているのである。アルバムの最後の曲は、クラシックなロック/メタルバンドなら誇りを持って書いたであろうと思われる、その影響を受けていることが判る壮大な曲となっている(曲の長さのことではない。いつもの曲よりは長いが)。

 

プロダクションとミックスに関しては、完璧である。ヴォーカルは聴き取りやすくパワフルで、楽器は音的に美しく分離されているが、音楽を届けるユニット単位としては調和していて、ソロやコーラスが出てくると、さらに一歩前進する感がある。

 

日本盤のリリースに当たっては、ヨーロッパのデラックス・エディションに収録されている4曲に加え、日本盤限定の1曲が収録されている。あなたがヴォルビートファンならば、本作は是非コレクションに加えたいと思うことだろう。この曲はダスティ・スプリングフィールドの1960年代のヒット曲 「I Only Want To Be With You」の強力なカバーだ。ダスティは私にとっては神聖なる存在の人で、この曲は私のオールタイム・トップ10に入っている。ヴォルビートが両者の精神を融合し維持していると記せることが私の喜びでもある。ダスティもきっと気に入ってくれるだろう。このエディションには、20ページの英語版ブックレットと16ページの日本語版ブックレットが付いている。

 

このアルバムはヴォルビートの8枚目のスタジオ・アルバムで、正直なところ、私は彼らの最高傑作だと思っている。たとえあなたが私の意見に反対だとしても、このアルバムの強力度からして、彼らが長期に亘りシーンに存在し続けるだろうということには同意してもらえると思う。

 

Track List

Temple Of Ekur

Wait A Minute My Girl

The Sacred Stones

Shotgun Blues

The Devil Rages On

Say No More

Heaven’s Descent

Dagen FØr

The Passenger

Step Into Light

Becoming

Mindlock

Lasse’s Birgitta

Return To None*

Domino*

Shotgun Blues*

Dagen FØr (Michael Vox version)*

I Only Want To Be With You (Live in Hamburg)*

 

*日本盤ボーナストラック

Amazing Things.jpg

DON BROCO - CD
AMAZING THINGSI

Sony Music International Japan

2012年のデビュー・アルバム以来、ドン・ブロコは音楽的には予測不可能な存在で、歌詞では社会問題に立ち向かってきた。彼らの4枚目のアルバムとなる本作は、この2つの流れを引き継いでいる。音楽は初期の作品に少し立ち返っており、歌詞はこれまでと同じように、いや、それ以上に自分自身に向き合っているものだ。要するに、ドン・ブロコが好きな人なら、この『Amazing Things』を心から楽しむことができるだろう。

 

まず歌詞を見てみると、曲名を見ていくことでアルバムで取り上げられているトピックが見えてくる。パンデミックはもちろんのこと、人種差別も含まれており、後者については、正面きってネット上でも対峙している。意見の違い、文化の衝突、戦争など、すべてが力強く、攻撃的に歌われる。リード・シンガーのロブ・ダミアーニはこうしたことに情熱を持っているので、彼と議論するときは、そのテーマをよくよく理解しておく必要がある。同じように、音楽もかなり挑戦的だ。これまでにも、彼らはジャンルを融合する能力に長けていることを示してきたが、今回のアルバムでは、先に述べたような以前のスタイルを続けることによって、さらにこのアルバムでは飛躍した姿を見せているのだ。曲を適切なタイミングで捻りながらも、ストレートなロック/メタルの曲も易々と演奏できるようになっている。『Amazing Things』というアルバムタイトルは非常に適切である。というのも、ロック、メタル、テクノ、ラップなどが、「別に君が気に入ってくれなくとも、僕たちは気にしないよ」という態度でまとめられているからだ。

 

「限界を超える」というのは、音楽の世界ではよく使われるフレーズだが、このアルバムの場合はまさに言い得ている。よりエッジが効いていて、よりアグレッシブで、まるで彼らと議論をしていて、彼らがあなたの胸を指で突いているような感じだ。人によっては不快に感じるかもしれないが、1956年のエルヴィス以来、ロックンロールは人を不快にさせてきた。これも同じことで、今は違う世界に住んでいるというだけのことだ。私は、ドン・ブロコが先頭に立って、我々の住む世界や社会問題に対する我々自身の態度について、より深く考えさせてくれることを歓迎したい。

 

日本盤にはボーナストラックが2曲収録されている。1曲目はBeartooth, Issues, Dance Gavin Dance のメンバーと日本のOne Ok Rockをフィーチャーしたコラボレーションだ。多種多様なミュージシャンで構成された彼らは、期待を裏切らず、非常に多彩な楽曲とビデオ(下記参照)を制作した。また2曲目は、このバンドがいかにユニークな音楽性を持っているかを強調しているようなナンバーだ。の本盤エディションには、ライナーノーツと翻訳された歌詞が掲載された日本語のブックレットが付いている。

Track List

Gumshield

Manchester Super Reds No. 1 Fan

Swimwear Season

Endorphins

One True Prince

Anaheim

Uber

How Are You Done With Existing?

Bruce Willis

Revenge Body

Bad 4 Ur Health

Easter Sunday

Action*

Half Man Half God*

 

*日本盤ボーナストラック