top of page
Kelly Jones Inevitable Incredible_edited.jpg

ALBUM
KELLY JONES
INEVITABLE INCREDIBLE

 

Sony Music International

ステレオフォニックスのフロントマンがセカンド・ソロ・アルバムをリリースするのに17年もかかったということ自体、信じられないことのように思える。いつかは実現することは当然だが、それがどれほど素晴らしいものになるかは、彼自身はもちろんのこと、誰も予想できなかった。しかし、彼曰く「アルバム用の楽曲を書こうとは思っていなかった。書かざるを得なかったんだ。」

 

ケリーは感情を深くえぐるような歌詞や音楽から逃れることを決してしなかったが、このアルバムでは、より深く自分自身を追い込み、これまでにないような曲と風景の旅へと私たちを連れて行った。アルバム全体を通しての広がりは、映画的と表現するのが最適だが、鮮明で視覚的な表現が必要であり、個々の作品は感動的で、悲痛で、痛切で、感情を表現する他の十数個の形容詞とともにある。

 

もしこのアルバムが孤立していると感じるとしたら、それは彼のコンフォート(心地良い)ゾーンから大きく外れて完成したからだ。まず、今回の主な作曲楽器はピアノだった。その後、ノルウェー沖の島にある人里離れたレコーディング・スタジオ(オーシャン・サウンド・イン・ジスケ、ググると出てくる)でピアノとヴォーカルを生録音し、オーケストラを加えた。6日間という時間制限を加えれば、「狂人か天才か」という必然的な問いに行き着く。答えは後者だ。

 

このディスクには24ページのカラー・ブックレットが付属し、歌詞、画像、引用文など、明らかに彼の心のありようを反映している。しかし、その正確な状況については、あなたの推測も私の推測も間違っている。日本盤には、訳詞とライナーノーツが掲載されたモノクロ12ページのブックレットが付いている。

 

何よりも、この音楽は聴くことを求めている-つまり、心して聴かねばならない、ということだ。通りを歩いて買い物に行く時、携帯電話にこれを放り込むだけであってはならない。そしてその時、ケリーの心の中だけでなく、自分自身の心の中も旅することになる。質問に対する答えを得ることはできないが、これまで自分自身に問いかけたことのない質問を得ることができるだろう。もしかしたら、それはケリーがこの曲を書き、レコーディングした時の意図の一つだったのかもしれないが、そうではないかもしれない。誰がジョーンズ氏の真の姿を知っているのだろうか?

 

いずれにせよ、このアルバムは期待以上だ。率直に言って、彼は最高傑作をモノにしたと言えるかもしれない。

曲目

Inevitable Incredible

Turn Bad Into Good

Time’s Running Away

Echowrecked

Sometimes You Fly Like The Wind

Monsters In The House

May I Came Home From My War

The Beast Will Be What The Beast Will Be

Do The Strum.jpg

BOX SET
JOE MEEK COMPILATION 
GIRL GROUPS AND POP CHANTEUSES

Cherry Red

ジョー・ミークが茶箱に秘匿していたテープ群

Do The Strum!

 

 「Joe's Tea Chest Tapes」からの最新リリースは、女性アーティストのコンピレーションであり、それゆえ特定のバンドに集中していない最初のリリースである。彼がいかに女性の声をとらえ、適切なバックを与えることに長けていたかを示す驚くべきコレクションだ。また、1960年から1966年にかけてのブリティッシュ・ポップの重要な時期に、ジョーのサウンドや雰囲気がどのように変化していったかもわかる。

 

 アーティストの名前を読んでも、その多くは分からないだろう。それは、ジェニー・モスのように一度きりのシングルであったり、ミークの専門家でさえ知らないほど無名のグループ、ザ・ヘイローズのようにレコーディングがまったくリリースされなかったアーティストであったりするからだ。なぜいくつかの録音がリリースされなかったのか、その理由はジョーにしか分からないだろう。というのも、リリースされればヒットしたかもしれない素晴らしい録音がいくつかあるからだ。それは狂人の気まぐれだったのか、それとも彼の天才が他のことに気を取られていたのか。

 

 音楽性は聴いていて楽しいものだ。録音年代や録音された状況を考えると、その鮮明さには驚かされる。いくつかのトラックは完成品というよりはデモに近いようだが、それらにしてもジョーがバック・バンドに集めた才能が発揮されている。リッチー・ブラックモアのファンが賞賛し、コレクションに加えるべき、彼の金塊がまだまだある。これらの録音の多くは、知らず知らずのうちに私たちの60年代に対する聴覚的イメージを決定づけている。映画やテレビ番組が、バンドにギャラを払うことなく60年代のサウンドを呼び起こそうとする時はいつも、ジョー・ミークのサウンドに近いものを再現する。だから聴いたことはなくても、心に染み入るような親しみのある音に聴こえるのである。それは思い出の小道を旅するようなもので、ただ、地図上のどこだったか思い出せないだけなのだ。

 

 3枚のディスクは二つ折りのボックスに収められ、全アーティストの略歴が掲載された20ページのブックレットが付属する。他のTea Chestバンド・コレクションとうまく調和しているが、よくバンドが好むブラック・ボックスではなくマスタード・カラーであることが特徴だ。チェリー・レッドレーベルは、このアーカイブを棚に並べるだけでなく、あなたのHi-Fiで驚くようなサウンドを奏でることができるよう、実によく考えている。全体として、あなたのコレクションに加える価値のあるものだ。ガールズ・グループや女性ポップス歌手たちのファンなら尚更である。

Disc 1
The Singles

1 Eve Boswell - Sur Le Pont D'Avignon
2 Yolanda - With This Kiss
3 Carol Jones - Boy With The Eyes Of Blue (Meek Version)
4 Pat Reader - Cha Cha On The Moon
5 Glenda Collins - I Lost My Heart At The Fairground
6 Jenny Moss - Hobbies
7 The Cameos - Powercut (Alternate Vocal/Original Speed)
8 Pamela Blue - My Friend Bobby
9 Glenda Collins - If You’ve Got To Pick A Baby
10 Gunilla Thorn - Merry Go Round (Original Speed)
11 Jenny Moss - Please Let It Happen To Me (Film Version)
12 The Sharades - Dumb Head
13 Kim Roberts - I'll Prove It
14 The Cameos - My Baby's Coming Home
15 Glenda Collins - Baby It Hurts
16 Glenda Collins - Lollipop
17 Flip And The Dateliners - My Johnny Doesn’t Come Around Anymore
18 Valerie Masters - Christmas Calling
19 Glenda Collins - Johnny Loves Me
20 Judy Cannon - The Very First Day I Met You
21 Glenda Collins - Thou Shalt Not Steal
22 The Honeycombs - Something I’ve Got To Tell You (Stereo Mix)
23 Diane And The Javelins - Heart And Soul
24 Glenda Collins - Something I’ve Got To Tell You (Original Speed)
25 Glenda Collins - It’s Hard To Believe It

 

Disc 2
1960-1963

1 Eve Boswell - Around The Corner
2 Yolanda - Don't Tell Me Not To Love You
3 Carol Jones - Cinderella Jones
4 Pat Reader - May Your Heart Stay Young Forever
5 Pat Reader - My Kind Of Love
6 Unknown - Say Baby
7 Unknown - Johnny Oh
8 Geri Harlow - Do The Strum
9 Geri Harlow - Mr Right
10 Billie Davis - Merry Go Round
11 Billie Davis - Don't You Knock On My Door
12 Billie Davis – It’s Goodbye Then
13 Billie Davis - Mr Right
14 Billie Davis – I Think I'm Falling In Love
15 Glenda Collins - I Feel So Good
16 Glenda Collins - In The First Place (Original Speed)
17 Glenda Collins - Nice Wasn't It (Original Speed)
18 Glenda Collins - Everybody's Gotta Fall In Love (Original Speed)
19 Jenny Moss - Big Boys
20 Jenny Moss - Please Let It Happen To Me (Alternate Version)
21 Jenny Moss - Keep Away From My Baby's Door
22 Jenny Moss - When My Boy Comes Marching Home Again
23 Jenny Moss - Every Little Kiss (Demo)
24 Kim Roberts - For Loving Me This Way
25 Kim Roberts - A Girl In the Crowd
26 Kim Roberts - Mr Right
27 Kim Roberts - Everytime
28 Kim Roberts - Love Can't Wait
29 The Cameos - High, Low And Lonesomely (Alternate Version)
30 The Cameos - Where E're You Walk
31 The Cameos - Only In Love
32 Pamela Blue - Hey There Stranger (Alternate Version)

 

Disc 3

1964-1966
1 Gunilla Thorn - Go On Then
2 Gunilla Thorn - Blueberry Hill
3 Gunilla Thorn - Keep Away From My Baby's Door
4 Gunilla Thorn - Alright I'm In Love With You (Audition)
5 Gunilla Thorn - Come On
6 Gunilla Thorn - Who Started It
7 The Halos - When
8 The Halos - Don't Ever Change
9 Lea And Chess - Little Star (Shine On us Tonight)
10 Lea And Chess - A Long Time Ago
11 Valerie Masters - He Didn't Fool Me
12 The Sharades - Boy Trouble (Alternate Version)
13 The Sharades - Aren't You Glad You're You
14 The Sharades - Loneliness
15 Flip & The Dateliners - Please Listen To Me
16 Flip & The Dateliners – Bye Bye Baby Bunting
17 Flip & The Dateliners - Mama Didn't Lie
18 Flip & The Dateliners - The Mod
19 Flip and The Dateliners - From Tomorrow
20 Flip (with Riot Squad) - It's Hard To Believe It
21 June Harris - Ma I Miss Your Apple Pie
22 June Harris - Remember Your Love Belongs To Me
23 Judy Cannon - Hello Heartache (Alternate Version)
24 Glenda Collins - Been Invited To A Party
25 Glenda Collins - Paradise For Two (Mix Take 4)
26 Glenda Collins - My Heart Didn't Lie (Original Speed/Pre Backing Vocals)
27 Glenda Collins - Don't Let It Rain On Sunday
28 Denise Scott and The Soundsmen - Your Love Keeps Me Going
29 Denise Scott and The Soundsmen - Love Me Tonight
30 Diane And The Javelins - Whose The Girl
31 Diane And The Javelins - Cry Baby

bottom of page