top of page
Kim Wilde Box Set.jpg

BOX SET
KIM WILDE
THE RAK YEARS 1981 - 1983

 

Cherry Red

事実:キム・ワイルドは1980年代に最もチャートインしたイギリスの女性ソロ・アーティストである。

 

 キム・ワイルドが1980年代のイギリスの音楽シーンとレコードバイヤーに与えた影響を説明するのは難しい。1981年1月に彼女のデビューシングル「Kids In America」がリリースされた時、音楽ファンはポリス、ABBA、オットーワン、バーブラ・ストライサンドに慣れていた。ジョン・レノンの暗殺は、その数週間前に起こったばかりで、まだみんなの頭の中にあったし、ブロンディはまだ素晴らしいレコードを出していたけれど、ポップ・ロイヤリティであるあなたや私にとっては、一見とっつきにくい存在だった。彼らのどこが悪いというわけではないが、子供たちには共感できる相手が必要だった。キムは、あなたの心を溶かすような、しかし氷のようなクールなルックスと、"ドンマイ!"と言わんばかりの態度、そして私たちが共感できる歌声を持つ、隣家の爆裂ブロンド娘である。彼女が頭角を現したというのは、ノアが「雨のようだ」と言ったようなものだ。

 

 キムはラク・レコードで3枚のアルバムを録音し、その後MCAに移籍した。その時代のB面、アウトテイク、アルバム未収録のシングルを完全収録し、アルバム・レプリカのアートワークが施されたゲートフォールド・スリーブに収められている。また、ボーナス・ディスクとして、80年代のスピリットで作られたリミックスが収録されており、ハイファイを最大限にプッシュしてくれる。さらに、全歌詞、豊富なライナーノーツ、未発表写真が掲載された48ページのブックレットも付いている。後者では、あなたは彼女に惚れ直すことだろう。そのロットはすべて、ゴージャスなプリント仕上げが施された、蓋が持ち外せる嬉しい豪華ボックスに収められている。

 

 もちろんこれまでもキムのコンピレーションはあったが、これほどのものはなかった。チェリー・レッドはこのセットを世に送り出し、大成功を収めるだろう。これを超えるものは、私の生涯においてないだろうと断言する。そして、長い活動休止の後、キムが再び姿を現し、最高の歌声を披露している今、このボックスは彼女の始まりと不朽の人気を物語っている。

 

曲目 (*ボーナストラック)

Disc 1 - Kim Wilde

Water On Glass

Our Town

Everything We Know

Young Heroes

Kids in America

Chequered Love

2-6-5-8-0

You’ll Never Be So Wrong

Falling Out

Tuning In Tuning On

Shane*

Boys*

He Will Be There*

 

Disc 2 - Select

Ego

Words Fell Down

Action City

View from a Bridge

Just a Feeling

Chaos at the Airport

Take Me Tonight

Can You Come Over

Wendy Sadd

Cambodia

Cambodia – Reprise

Child Come Away*

Bitter Is Better*

Watching For Shapes*

Just Another Guy*

 

Disc 3 - Catch As Catch Can

House of Salome

Back Street Joe

Stay Awhile

Love Blonde

Dream Sequence

Dancing in the Dark

Shoot to Disable

Can You Hear It

Sparks

Sing It Out For Love

Rain On

Back Seat Driver

 

Disc 4 - Special Disco Mixes († 2024 Mix)

Kids in America (Luke Mornay Remix)

Chequered Love (Matt Pop Extended Version)

Water on Glass (Project K Soundtrack)

Cambodia (Matt Pop Extended Version)

View from a Bridge (Project K Soundtrack)

Take Me Tonight (Luke Mornay Profondo Giallo Mix)

Child Come Away (Matt Pop Remix)

Love Blonde (Project K’s Limelight Mix)

Dancing in the Dark (Luke Mornay Moonlight Mix)

House of Salome (Luke Mornay Mix of the Seven Veils)

Love and Fury.jpg

BOX SET
THE TORNADOS 
LOVE AND FURY

THE HOLLOWAY RD SESSIONS

Cherry Red

 「Telstar」は1962年9月に全英1位を獲得。同時期にアメリカでも1位を獲得し、ベルギー、カナダ、ニュージーランドでもチャート1位を獲得した。他のいくつかの国ではトップ5に入った。続く「Globetrotter」は翌年1月に全英5位を記録し、「Robot」、「Ice Cream Van」、「Dragonfly」と続いたが、いずれも本国でのチャートイン率は低かった。その後3年間にさらに9枚のシングルがリリースされたが、ポップ・ミュージックは移り変わり、チャートインしたものはなかった。昨年末、The Tea Chest Tapesからリリースされた10インチ・レコード『The Telstar Story』には驚かされた。そして今、彼らのボックス・セットがここにある。プレイしてみると、あの7インチ盤の数々以上に、彼らには多くの魅力があったことが判る。ジョーのレコーディングに彼らがいかに貢献したか、そしてブリティッシュ・ポップの歴史に彼らがいかに相応しいかを、はるかに大きなキャンバスに描いているのだ。「Telstar」がヒットした後、デッカが最初の2枚のシングルを1枚にまとめたため、3枚目のEPもここに含まれる。

 

Disc 1 – The Original Telstar Sessions

 最初のディスクは、最初の2枚のシングル(『Love And Fury』がデビュー作で不発に終わった)と最初の2枚のEPに焦点を当てている。これまでの『茶箱』シリーズと同様、別テイク、バッキング・トラック、元のスピードに戻した録音がある。これはジョーの心のカーテンの向こう側を覗き見るようなもので、彼がどのように働いていたかを知るためのものだが、注意点がある:チェリー・レッドは実際のファイナル・マスター盤をほとんど収録していないので、「トルネードス・グレイテスト・ヒッツ」を探している人は他を当たってほしい。

 

曲目

1 Telstar (Alternate Edit)
2 Telstar (Backing)*
3 Telstar (Pre-overdubs/ Original Speed)
4 Red Roses And A Sky Of Blue
5 Red Roses And A Sky Of Blue (Backing Take 9)*
6 Chasing Moonbeams (Original Speed)*
7 Earthy
8 Swinging Beefeater (Original Speed)*
9 Swinging Beefeater (Alternate Version 1)*

10 Swinging Beefeater (Alternate Version 2)*
11 Theme From A Summer Place (Original Speed/No SFX)*
12 Love And Fury (Take 1)*
13 Love And Fury (Pre- Overdubs)*
14 Love And Fury (Guitar Overdub Take 4)*
15 Dreamin' On A Cloud (Extended Fade)*
16 Ridin' The Wind (Alternate Version Mix 2)*
17 Ridin' The Wind (Backing Take 7)*
18 The Breeze And I (Original Speed)*
19 Jungle Fever (Extended Ending)*
20 Jungle Fever (Backing)*
21 Jungle Fever (Pre-FX)*
22 Popeye Twist
23 Popeye Twist (Backing)*
(* denotes previously unreleased on all discs)

 

Disc 2 – Away From It All sessions

 ディスク1に収録された12曲は、最終的に1枚のアルバムにまとめられた。1962年にリリースされた『The Original Telstar - The Sounds of the Tornadoes』が厳密には彼らのデビュー作だが、このLPはアメリカとオーストラリアでしかリリースされなかったため、彼らの最初の正規LPは1962年11月にイギリスでリリースされた『Away From It All』だった;これは全英チャート4位を記録した。今回も3曲を除き、チェリー・レッドはリリースのマスターに収録することを避けている(おそらく、将来的にすべてのオリジナル盤のリマスターをリリースする予定があるのだろう)。だから、最終的に完成品に貢献したさまざまなパーツがある。

 

曲目

1 Indian Brave (Extended Fade Out)*
2 Flycatcher
3 Dreams Do Come True
4 Dreams Do Come True (Backing)*
5 Lullaby For Giulia (Original Speed)*
6 Lullaby For Giulia (Backing Take 3)*
7 Costa Monger (Original Speed)*
8 Costa Monger (Backing Take 2)*
9 Lonely Paradise (Original Speed)*
10 Lonely Paradise (Backing)*
11 Chattanooga Choo Choo (Original Speed)*
12 Rip It Up
13 Rip It Up (Vocal Take 2)*
14 Alan's Tune (Original Speed)*
15 Alan's Tune (Backing Take 3)*
16 Cootenanny (Original Speed)*
17 Cootenanny (Backing Take 10)*
18 Night Rider (Original Speed/ No SFX)*
19 Hymn For Teenagers (Original Speed)*
20 Hymn For Teenagers (Backing Take 2)*

 

Disc 3 – Single Sessions Part 1

 シングル・セッションズに捧げられた2枚のディスクのうちの1枚目は、シングル2〜8(『Love And Fury』は欠番)と、彼らが初めて歌に挑戦した1963年のEP『Tornado Rock』である。テルスター衛星が打ち上げられたのが1962年7月10日であることを考えると、このディスクは、1964年初頭にリリースされた「Hot Pot c/w Joy Stick」を含む、彼らの約1年半の作品にまたがっていることになる。「Telstar」を除けば、このディスクに収録されている曲はLPに収録されたことはない。

 

曲目

1 Telstar (SFX Tape)
2 Telstar (Pre-FX Sped Up Version)*
3 Globetrotter (Original Speed)*
4 Globetrotter (Mix #2)*
5 Globetrotter (Backing Take 5)*
6 Locomotion With Me (Original Speed)*
7 Locomotion With Me (Backing Take 2)*
8 Robot (Mix #4)*
9 Robot (Phase 1 Take 1)*
10 Robot (Phase 2 Take 11)*
11 Life On Venus (Intro Speech Session)*
12 Life On Venus (Intro SFX Take 2)*
13 Life On Venus (Rehearsal Take)*
14 Life On Venus (Backing Take 4/5)*
15 Life On Venus (Alternate Mix)*
16 The Ice Cream Man (Original Speed)*
17 The Ice Cream Man (Backing Take 4)*
18 Theme From 'The Scales Of Justice' (Alternate Edit)*
19 Theme From 'The Scales Of Justice' (Backing Take 2)*
20 Theme From 'The Scales Of Justice' (Backing Take 11)*
21 Ready Teddy
22 My Babe (Backing Take 3)*
23 Blue Moon Of Kentucky (Alternate Vocal)*
24 Long Tall Sally (Lead Vocal Take 3)*
25 Dragonfly (Take 7)*
26 Hot Pot
27 Hot Pot (Backing Take 5)*
28 Joy Stick (Original Speed)*
29 Joy Stick (Backing Take 2)*
30 Joy Stick (Alternate Version Mix #4)*

 

Disc 4 – Single Sessions Part 2

 今回は、1964年半ばから彼らの必然的な終焉までの、より多くのシングル・セッションである。「Early Bird」が1965年5月にリリースされたとき(Early Bird は、1965年4月に軌道に乗った最初の通信衛星、インテルサット1号の愛称)、オリジナルメンバーは残っておらず、それぞれ別の道を歩んでいた。ジョー・ミークはバンド名をそのままに新しいバンドを結成し、この曲をレコーディングしたが、宇宙通信に対する大衆の憧れは消え去り、インストゥルメンタル・グループは姿を消した;ギター・グループ、いわゆるブリティッシュ・インヴェイジョンは世界を席巻していた。それでもジョーは、ジョージ・マーティンでさえ思いつかなかったテクニックを駆使して、素晴らしい音楽を生み出していた。ファンタスティックなレコーディングだが、ただ彼が流行に乗っていなかっただけだ。

 

曲目

1 Monte Carlo (Original Speed)*
2 Monte Carlo (Organ Take 11)*
3 Blue, Blue Blue Beat (Backing Take 1)*
4 Exodus (Mix #2)*
5 Blackpool Rock (Backing Take 5)*
6 Blackpool Rock (Organ Take 7 with Alternate Intro)*
7 Granada (Mix #7)*
8 Ragunboneman (Vocal Double Take 1)*
9 Ragunboneman (Backing Take 5)*
10 Early Bird (Original Speed/No SFX)*
11 Early Bird (Backing Take 5)*
12 Stompin' Through The Rye (Backing Take 3)*
13 Stompin' Through The Rye (Overdubs Take 14)*
14 Stingray (Bubbles Take 1)*
15 Stingray (Backing Vocals Take 1)*
16 Pop Art Goes Mozart (Backing)*
17 Pop Art Goes Mozart (Overdubs Take 8)*
18 Pop Art Goes Mozart (Guitar Session)*
19 Pop Art Goes Mozart (Overdubs Only)*
20 Too Much In Love To Hear (Vocal Double Take 5)*
21 Too Much In Love To Hear (Alternate Vocal Take 3)*
22 Is That A Ship I Hear (Backing Take 4)*
23 Is That A Ship I Hear (Overdubs Take 1)*
24 Do You Come Here Often (Backing/No Organ)*
25 Do You Come Here Often (Original Speed)*
26 Do You Come Here Often (Chat Tape)*

 

Disc 5 – Demos, Unreleased and Curios

 ジョーのミュージシャンたちは、彼の--正直に言えば、酔っ払いのカラオケのような、不協和音を伴う--ひどいヴォーカルをどう解釈したかは彼らの功績だが、彼らがいなければ、最終的なリリースのような素晴らしい録音を手にすることはできなかっただろう。ジョーがデモを提出し、バンドがそれを練り上げ、ジョーがそれを育て、完璧に磨き上げる。現存する貴重な録音。ディスク5は、ビリー・フューリーの録音が証明しているように、「聴くのが苦痛なテープ」ばかりではない。4トラック、各1テイク、唯一無二。映画『Just For Fun』からのトラックも収録されており、タイトルが示す通り、驚くほど奇妙な品揃えとなっている。とりわけ素晴らしいのは、何年もブートレグで出回っていた楽曲が、原音に忠実なオーディオでここに収録されていることだ。

 

曲目

1 Telstar (Meek Demo 1)
2 Telstar (Meek Demo 2)*
3 Globetrotter (Meek Demo)*
4 Globetrotter (Meek/Adams Demo Phase 2)*
5 Robot (Meek/Adams Writing Session)*
6 Ragunboneman (Meek Demo)*
7 Ragunboneman (Adams Demo)*
8 Indian Brave (Adams Demo)*
9 Is That A Ship I Hear (Meek Demo Take 6)*
10 Mean Woman Blues (with Billy Fury)*
11 Halfway To Paradise (with Billy Fury)*
12 Go Go Go (Move On Down The Line) (with Billy Fury)*
13 I'll Never Find Another You (with Billy Fury)*
14 All The Stars in The Sky (Original Speed)*
15 Shake Down (Backing Take 1)*
16 Shake Down (Keyboard Take 2)*
17 Little Horror (Take 17)*
18 Party Spirit
19 Sidewalk Serenade
20 Lullaby Of The Stars*
21 Alright Alright (Take 3)*
22 Hurtin’ Inside (Backing Take 3)*
23 Hurtin’ Inside (Overdubs Take 5)*
24 Fortune Teller (Backing Take 2)*
25 Fortune Teller (Overdubs Take 8)*
26 You Can Make It If You Try (Backing Take 4)*
27 You Can Make It If You Try (Vocal Take 7)*
28 Lawrence Of Arabia (Stereo)*
29 No More You And Me (Rehearsal Take)*
30 No More You And Me (Mix #8)*
31 You Always Did What You Wanted (Take 2)*
32 You Always Did What You Wanted (Take 3)*

 

 この折り畳み式ボックス・セットには、ジョー・ミーク・ソサエティのクレイグ・ニュートンによる詳細なライナーノーツが掲載された、情報量の多い24ページのブックレットも付いている。全体として、トルネードについて望むものはすべて揃っているのだ。

bottom of page