TRB Shinjuku.jpg

GIG
TOM ROBINSON BAND
SHINJUKU LOFT 6th September

Vinyl Japan

新宿ロフト

2022年9月6日

 

日本のファンにとって、トム・ロビンソンと彼のバンドが街に戻ってきたことは、旧友を迎えるようなものだ。開場当初は人が少なかったのだが、開演時間には多くの人が集まり、TRBのTシャツを着た人、新しいTシャツを買った人、そしてパンクの伝統である自作のTシャツを着た人もいた。素晴らしいし、フレンドリーだし、プロモーターは会場を賢く選んでいる。ほんの少しだが、70年代後半のイギリスのような感じがする。TRBのステージは、あの時代に投げかけたクラシックで幕を開けた。バンドは時差ぼけしているが絶好調で、タイトでありながら型にはまってはおらず、彼がパブロック時代に英国で活動していた頃のオリジナルバンドと同じ感覚である。トムは日本語で観客に語りかけ、ジョークを飛ばして、次の曲に入る。このパターンは一晩中続く。ストーリー、ジョーク、ちょっとした日本語、そして次の曲、ファンは一緒に歌い、協力的に参加することで彼の努力に感謝の意を示す。1979年の初来日時のようにカードを掲げるファンもいて、全員で「マーティン」を合唱した。

 

知っている曲は意外と多いし、そうでない曲でもなぜか親しみを感じる、そういうことが素晴らしいソングライティングだと思う。ヴォーカルは、トムが70代になったとは思えないほどだ。声は成熟したが、表現力は昔と変わらない。 歌っていても、今はもういない人に敬意を表しても、彼がバンドを紹介しても、すぐに通じるフィーリングとパッションがある。この人は、何を歌っても、何を言っても本物だ。

 

何と言っても楽しい夜なのだ。トムはバンドと同じように楽しい時間を過ごしている。彼はよく笑うし、彼の歌詞はとてもシリアスなテーマなのに、ステージ上ではあまり深刻に考えていない。ミスは笑い飛ばされ(最初のセットを早く終わらせすぎた)、トムは自分のことを「オジサン」と呼び、「Power In The Darkness」の途中では、ハチマキを持ってきて、日本の右翼政治家のパロディを披露し、この夜は最高潮に達する。バンドが最後のお辞儀をしてステージを去り、照明が点灯しても、日本の「我が旧友」が戻ってくるのもそう遠くはないだろうという予感が頭をよぎった。

First Set

Winter Of ‘79

Bully For You

Hope And Glory

Atmospherics: Listen to the Radio 

Martin

Still Loving You

Grey Cortina

Patience (Lee Forsyth Griffiths song)

The Mighty Sword Of Justice

War Baby

Second Set

Hold Out (solo acoustic)

Spain

Rikki Don’t Lose That Number

Too Good To Be True

Glad To Be Gay

2-4-6-8 Motorway

Encore

Up Against The Wall

I Shall Be Released

Power In The Darkness

Tom Robinson interview!
https://www.writerinjapan.com/tom-robinson-2022

Shakatak 2022.jpg

GIG
SHAKATAK
TOKYO BILLBOARD 17th November

Billboard Japan

シャカタク

ビルボード東京

2022年10月17日

 日本にシャカタクのいない年など考えられない。3年も来なかったなどとは想像を絶するが、もちろんパンデミックのため、実際に起こったことである。ビールを飲みながら席に着くと、「シャカタクが帰ってきたから、パンデミックは終わったんだ」という素敵な雰囲気に包まれた。誰が言ったわけでもなく、ただ感じ取ることができたのだ。楽屋で今夜、46回目の来日公演の3回目のステージを控えているこのバンドほど、この地で尊敬されている80年代バンドはないだろう。

 

 早い時間帯の公演で、18時になると客電が落ち、客席に静寂が訪れる。紫のステージ照明が消え、バンドが楽屋から出てきて所定の位置につく。ドカン!我々は完全に解放され、通常営業*が戻って来た。ビルはポロンポロンと奏で、ジルはパーカッションを叩きながら踊り、ジョージとロジャーは彼らの持つ独特のグルーヴを提供し、サポートミュージシャンのアラン・ウォーマルドとデビー・ブラクネルは最初の曲「インヴィテーション」に色を添える。過去3年間がこの12秒で消えてしまった。

 

 照明によってさまざまな色に輝く黒いドレスに身を包んだジルは、何十年経っても変わらない声で燦然と輝いている。最初の2曲はジルと相性の良いデビーとがユニゾンで歌ってシャカタクサウンドを聴かせるが、ジルが「Without You」でセンターに立つと、観客の何人かが顔を輝かせた。一方、ビルは1曲目が終わると自らセンターマイクに立ち、日本に帰ってこれて嬉しいと挨拶した。彼は満面の笑みをずっと浮かべている。

 

 40年の間に38枚のアルバムをリリースしているのだから、セットリストの選択は頭痛の種に違いないが、彼らはよく選択し、2回の公演で新旧、ヒット曲、ファンのお気に入りを織り交ぜてくれた。1回目の公演を終えると、すぐに2回目の公演の列ができているのを見ると、賢明な選択だと思う。どちらのショーもアランのソロ、ジョージのベースソロと続き、フィナーレを迎えてメガヒット曲となる。1982年に日本で発売された『Night Birds』は、バンドを一躍有名にした。このタイトル曲でレギュラーステージは閉められた。観客が席を立って踊りたくてたまらないのに、それができないことが分かっているので、ビルは演奏前に謝っていた。シャカタクは、この曲のダイナマイトなバージョンを披露し、観客はもちろん、もっと聴きたいと思ったことだろう。最後の曲で戻ってきた彼らは、一礼してステージを去ると、ファンに囲まれた。今夜のビルボードでは、ステージからも客席からも感情が溢れていた。まだ規制はあるかもしれないが、平常心は保たれている。ワクチンブースターとともに、シャカタクのライブが日本に必要な一撃になることは間違いないだろう。皆さん、来年もよろしくお願いします!

 

 

*通常営業はほぼ再開している。ビルボードなどの会場では、観客は着席していなければならない、マスクを着用しなければならないなど、まだコロナ対策の規制はあるが、ショーの妨げになることは一切ないことを強調したい。

Set List – 1st Show

Invitations

Easier Said Than Done

Without You

Takin’ Off

Fly The Wind

All Around The World

Light Of My Life

Lose Myself

Dark Is The Night

Night Birds

Encore

Down On The Street

 

Set List – 2nd Show

Beautiful Day

Easier Said Than Done

My Utopia

Don’t Say That Again

Golden Wings

To Be Loved

Million Voices

Day By Day

Night Birds

Encore

Down On The Street