MICHAEL ROMEO
WAR OF THE WORLDS Pt 2

Sony Music International Japan

H.G.ウェルズの「The War Of The Worlds」は、私のお気に入りの本の一つだ。この作品は、1938年にオーソン・ウェルズによってラジオドラマ化されて物議を醸し、映画やテレビのために何度も撮影され、また1978年のジェフ・ウェインに始まるいくつかのコンセプトアルバムにインスピレーションとして用いられ、その後劇場ミュージカル化された文学傑作である。私の知る限り、マイケル・ロメロのパート1は、最初のプログレ・メタルの解釈であり、批評家に好評だった。「テクニカルで映画的、クラシック音楽とロメロ特有の演奏スタイルとの見事な融合」と私は当時書いていたように記憶しているが、その通りなのだ。

 

それが4年前のことで、今回はその第2弾である。ドラムはジョン・マカルーソ、ベースはジョン・JD・ディセルヴィオが再び参加しているが、今回は先日ホワイトスネイクにバック・ヴォーカリストとして参加することが発表され、話題となったディノ・ジェルシックがヴォーカルを担当している。オープニングの曲にはファースト・アルバムのモチーフがあり、2つのアルバムを結びつける短いイントロがあるが、その短いイントロの中で、マイケルが素晴らしいオーケストラ・ワークをまとめあげ、バンドが完璧なスタートダッシュを図れるように仕上げたと言わざるを得ない。このアルバムはよりヘヴィだが、前作と別ものというものではなく、しばしばヘヴィなパートは、よりメロディックなジェルシックのボーカルによってマイルドになっている。

 

ディスク1にアルバム、ディスク2にインストゥルメンタルバージョンを収録した2枚組となっている。アルバムは実際には11曲目の「Brave New World (Outro)」で終わっているが、追加で2曲収録されており、どちらも素晴らしい出来栄えだ。物語性という意味ではアルバムのコンセプトに合っているが、流れが途切れてしまうので、アルバム自体には入れなかったのはマイケルの判断で正解だったと思う。日本盤には、さらにマイケルがゴジラのテーマのバージョンを収録しているほか、共に12ページの英語と日本語のブックレットが付いている。

 

この音楽によってマイケルは、他の多くのメディアによる物語の解釈に悲しいほど欠けている、原作本そのものの感性を呼び起こしたのだ。ジェルシックのボーカルが物語の各パートを生き生きと表現している一方で、私はより物語への想像を膨らませることができるという意味で、インストゥルメンタル盤の方が好きだと認めざるを得ないが、それは私が英文学をたしなんできたからだろう。メタルファンにはたまらない作品である。もし、あなたがこの本を知らないなら、一冊買って、チーズをつまみながら、美味しいワインを飲みながら読むことをお勧めする。それから本作を聴けば、また違った楽しみ方ができるはずだ。

Track List

Disc 1

Introduction – Part II

Divide & Conquer

Destroyer

Metamorphosis

Mothership

Just Before the Dawn

Hybrids

Hunted

Maschinenmensch

Parasite

Brave New World (Outro)

The Perfect Weapon

Alien Death Ray

Godzilla * (日本盤のみのボーナストラック)

 

Disc 2

*ディスク1のインストゥルメンタル・バージョン収録

WOTW Pt 2.jpg
Revel In Time.jpg

STAR ONE
REVEL IN TIME

Sony Music International Japan

もしあなたが私のように、プログレ・メタルのアルバムには少し注意を払いながらアプローチしているのなら(プログレなのか、メタルなのかは分からないので)、アルイエン・アンソニー・ルカッセンズ・スター・ワンの3作目となるアルバム「Revel In Time」を聴く必要がある。このアルバムは、才能と名人芸を備えた最強のラインナップであり、さらに、その音楽性のすべてを輝かせる非常に純粋なプロダクションとミックスを持っている。プログレとメタルの要素の比率は50/50だ。

 

シンセから始まり、ギターとキーボードのデュエットが猛烈な勢いで展開されるオープニング・トラック。そして、11人のゲストボーカリストのうち、今回はアンリーシュ・ジ・アーチャーズのブリトニー・スレイズが登場し、この曲を自分のものにしている。マイケル・ロメロも完璧なギターソロを披露し、ブリットニーの出鼻をくじこうとするが、彼女は譲らず、最後の一音を放ち、この曲を終わらせる。あなたは思わず息を止めてしまうだろう。

 

アルバムの残りの部分にも一定のトーンが設定されている。ギターよりもキーボードをフィーチャーした曲もあれば、その逆の曲もある。プログレ面では、静かな瞬間、熟練技の爆発、幾重にも折り重なるボーカル、変拍子。メタル面では、チューニング下げと標準ピッチのギター、クラシックとモダン両方のリフ、シンプルで派手なドラミング、センスの良いソロと、とんでもなく高速のソロがある。このアルバムでは非常に多くの要素が詰まっているが、それらはすべて適切な場所に置かれている。ボーカリストとギタリストは、与えられたメロディーとソロの場面に完璧に対応し、それぞれがそのトラックで一人目立ちするのではなく、むしろトラックに調和して演奏している。すべてのゲストプレイヤーが前面に押し出され、彼らの実力を如何なく発揮しているという点で、私は再びプロダクションとミックスの優秀性に言及したい。アルバム全体はもちろんアルイエンのギターとベース、そしてエド・ウォービーのドラムによって支えられており、それがアルバムに流れを与えている。

 

通常盤にはもう一枚のディスクが付属している。これは1枚目と同じ内容なのだが、ボーカルの演奏が異なるので、自分の好きな演奏を選ぶことができる。全体として、2時間以上の音楽が楽しめることになる。日本盤には、さらにもう1曲、別のヴォーカルが入ったトラックが追加されており、これらの音楽はすべて2枚組のジュエルケースに収められ、20ページの英語ブックレットと16ページの日本語ブックレットが付いている。もちろん、プログレのアルバムには、神秘的な別世界のアートワークが欠かせなにものだが、ジェフ・バーテルズは「見れば見るほど味が出てくる」アートワークを提供している。音楽と同様に、全体として、2時間以上の音楽が楽しめる。このアートワークもプログレとメタルの両方のファンの興味をそそるだろう。完璧な内容だ。

Track list

Disc 1

Fate of Man
28 Days (Till the End of Time)
Prescient
Back from the Past

Revel in Time
The Year of '41
Bridge of Life
Today is Yesterday
A Hand on the Clock
Beyond the Edge of it All
Lost Children of the Universe

 

Disc 2

*ディスク1と同曲のボーカル違いバージョン収録

Lost Children of the Universe Version 3 (日本盤のみのボーナストラック)