THE SAM WILLOWS

日本語で読む

22nd August 2017

Benjamin Kheng (k, rg)

Narelle Kheng (b, v)

Jonathan Chua (g,v)

Sandra Riley Tang (k,p,v)

 

Q: You’re on a hell of a ride…are you tired or is the adrenalin still flowing?

 

NK: It’s alright.

 

JC: It’s been good!

 

ST: Japan is awesome.

 

Take Heart

 

Q: In my review I described your album as a great Pop record because of the hooks, arrangements and songs. How would you define your music?

 

ST: A great Pop album.

 

All: (laugh)

 

BK: We struggle with this question because we love a whole range of styles. We started off with a bit more Country and Folk influence but have transitioned into more electronic sounds and R&B on the forthcoming album and we wouldn’t want to hyphenate five genres together so we just say Pop.

 

Q: Harry Sommerdahl has managed to combine the more Folk arrangements of your first EP with a modern sound; was that something you always had in mind or did it evolve out of the sessions?

 

ST: I think it was something that we didn’t thing about. The EP was more Folk and as we progressed we wanted to do more Pop but we didn’t want to lose our influences so that was the hard bit and Harry does that.

 

Q: Sweden must have been a bit of a change of climate and culture from Singapore….

 

NK: It was!

 

BK: Very cold.

 

JC: We indulged in the Swedish culture a lot when we were there. We’ve been there twice and every time we go we are in a completely different headspace so when we write or produce our music it feels very fresh and I guess the ideas and the conversations that we have influence us. Everyone is so clam; Singapore is very fast-paced in that you want to get from one place to another really quickly, do things really quickly. You rush to wait and then wait to rush which is what we say in Singapore b ut in Sweden everyone is really chilled. We would go into a session at 10am in the morning but only start after lunch and then we would be panicking the first couple of days wondering if we had time to finish but we always seemed to finish by 6pm/7pm. Then we’d go back for dinner but those four hours were really productive. You don’t do that in Singapore. You can do sessions for twelve hours, fifteen hours and we’d only get half of the stuff done compared to Sweden and we’re the same people so we are the constant!

 

NK: It’s definitely eye-opening because I think Swedish people have had a lot of time to establish their process and they are really good at what they do. They are the biggest music export country in the world and it was a great learning experience.

 

Q: One hell of a legacy with ABBA for a start.

 

BK: There you go. That’s kind of where we drew inspiration from as well with the four-part harmonies and no lead vocalist.

 

Q: Steve Lillywhite is one of the world’s most famous producers: how did you hook up with him?

 

ST: Oh you now…we just called.

 

All: (laugh)

 

JC: Yeah we called Bono first and then we called Steve.

 

All: (laugh)

 

NK: It was actually part of a music competition that was being held in Singapore when we had just started. The first step was sending in your own track, then you get short-listed and then you have to do an audition for him. We did it at 10am in the morning and he had this whole nice set-up with mics and everything and he would be in the studio listening to a full sound. Then he walked right into the room, stood there with us told us to play. The next thing you know, we spend a week in the studio with him. He’s so energetic; have you ever met him?

 

Q: Not for a long time. Bacj in the eighties…

 

BK: The Joshua Tree and all that?

 

Q: Even before that, Kirsty MacColl.

 

JC: Ok wow!

 

NK: The surprising thing is that decades later he’s still as energetic and enjoys music. He’s the most excited of us in the room.

 

BK: He’s still a kid.

 

Q: What did you learn from him when he did his version of Glasshouse?

 

BK: If you listen to them back-to-back, the first one was really meticulously planned. We made sure it was very cleanly recorded, compressed and some of it was replaced but the one with Steve was a shotgun thing. One week, jump in, track vocals, it doesn’t matter if it’s imperfect – get the energy. He’s all about making energy in the room. He tells you to play like you’re playing to fifty thousand people and sing like you’re in a stadium.

 

JC: He wouldn’t let me play my guitar parts sitting down. He wanted me to stand and to play as if I was on stage. He wanted to bring that energy out which is very different. When recording I’m very meticulous, trying to get the timing and the right tone but he didn’t care. Stand up and rock and roll.

 

BK: In the eighties in the terms of recording, there was an energy about them and I liken it to that because if you listen to the first Glasshouse it’s super clean. It’s well compressed, you can hear everything but the energy is not the same. Hear the new one and you just want to get up and start hitting things. I think that session taught us to always capture the energy of a song no matter how Pop it is.

 

Influences

 

Q: Are your influences from within Singaporean music or more international?

 

NK: well Singapore is a very young country and so we haven’t had a chance to really establish our sound but what we do have is a mix of a whole variety of things – Fusion if you don’t have any other word to use so I guess for us inspiration comes not just from Singapore. We grew up on a lot of American culture but also like British culture, Japanese, Malaysia and others so I guess we’re just a mash of all that.

 

BK: It really is. Obviously when you first start music you’re saturated with all the western culture, American music, Hip-Hop and all this stuff but then you realize there is something beautiful about embracing your own culture although we are in Singapore which is a very globalised/westernized city. On the forthcoming album we’re trying to incorporate a mix of elements from our own country as well. There is a phrase in our country ‘Jiak kantang’ which means ‘eat potato’ which means you are very westernized. We speak English, we’re not very good at our mother tongue…

 

JC: He’s not good at his mother tongue – we’re great!

 

All: (laugh)

 

B: …but on the forthcoming album we’re trying to blend it all.

 

Q: If I went to your homes and had a look through your music collection, which albums would surprise me?

 

NK: I don’t have CDs.

 

ST: I don’t have CDs anymore.

 

JC: You’re going to have to rephrase that question to be about Spotify.

 

Q: Ok, Spotify…

 

NK: I have a Stacie Orico CD.

 

ST: So do I! And I’ve got Atomic Kitten, The Corrs…guys, feel free to drop in at ay time.

 

BK: I’ve got all the Metallica collection from Kill ‘Em All and a lot of Musical theatre stuff.

 

NK: I’m a huge Avegened Sevenfold fan.

 

JC: I have a lot of Country music CDs. A lot of my guitar heroes are Country music artists because technically they are really good.

 

Writing

 

Q: I like the way you bounce around and interact with each other…

 

ST: We’re trying to tone it back!

 

All: (laugh)

 

BK: Yeah Level 5

 

JC: You come drinking with us and it’s a whole different level!

 

ST: Yeah a level 10 or 12

 

Q: I’d like to try that one day. Does that happen with the music/song writing as well?

 

JC: We don’t drink when we write. (smiles)

 

BK: It’s a funny question because usually a band has one principle writer and the rest of the band does arrangements…

 

NK: We are all opinionated.

 

BK: (smiling) Shut up! We are and that’s a good and bad thing.

 

ST: When we write now, because we’ve been working together for five years, in the past it was way more chaotic than it is now. Now we have learnt to realize that someone may be better at a song than someone else. If two people are really opinionated about something, the other two will mediate. If everyone talked at the same time, it wouldn’t work so we all know how to work with each other now.

 

JC: On the contrary…

 

NK: I disagree….

 

ST: Well fuck you!

 

All: (laugh)

 

Q: Was that another Singapore phrase?

 

All: (laugh)

 

Q: Are you prolific writers; do you have to work hard at it?

 

BK: We get better obviously.

 

NK: In writing there are so many different styles and when we started it was less Pop so when we started writng Pop, we had to learn how to write it and you have to study a lot of Pop to learn how to write it. People think it’s a very easy genre to write but it’s not. You have to expand your horizons and pool from a lot of different influences.

 

Q: How long does it take to work out your harmonies?

 

JC: It was a struggle.

 

BK: Yeah.

 

ST: It was a struggle when we first started because all of us wanted to sing…

 

All: (laugh)

 

ST: ..so the only way we could all sing at the same time was to sing in harmony.

 

NK: When somebody sings lead, you have to know how to adapt and I think it took us a few years to learn the nuances of each other’s voices. We are still learning, still getting better and we are changing our styles in or voices so we have to learn how to adapt.

 

Q: Is the principle singer usually the principle writer of the song.

 

NK and ST: No.

 

BK: In fact, it’s not usually the case. It really depends on the strength of each vocalist and the tone of the vocal. Sandra is a powerful vocalist but has a thinner tone at some points and Narelle has a thicker tone at some points so it depends on where their strength lies.

 

NK: Whatever best serves the song.

 

BK: Yeah and Jonathan doesn’t sing any lead vocal because he’s on lead guitar, rhythm and harmonies.

 

Other Stuff

 

Q: You all have individual pursuits outside of the band, how difficult is it to balance all of your lives at the moment with all of the attention you are receiving?

 

JC: Not very well!

 

NK: WE committed to the band right from the start and the one thing we’ve always said is that the band is the priority so everything else is placed around where the band goes soin terms of managing your life, you just do it.

 

JC: we don’t think about the attention because then you start reminiscing and it gets to you and starts messing with your brain because when it’s good it’s good but when it’s bad, it’s really bad.

 

NK: It defiantly isn’t easy.

 

BK: It’s not but we have the traditional Asian values of shutting up and working hard and being in a continuous state of creating keeps you sane and healthy.

 

Q: Is the new album written yet?

 

ST: Yes and it’s about 90% done.

 

JC: 70%.

 

NK: Or 40%

 

All: (laugh)

 

Q: Will you be back here for more shows soon?

 

BK: We hope so! Ask the people in charge. (smiles and gestures to Sony staff)

 

NK: Hopefully this is just the start.

 

Q: Of course it is.

 

NK: Summer Sonic was the best festival I’ve been to because at a festival you are either an artist or an attendee; this one we felt like both.

 

ST: Yeah.

 

BK: Being side stage at Foo Fighters…

 

JC: Yeah.

 

NK: Standing next to him the whole time and not knowing it was Rick Astley!

 

All: (laugh)

 

Q: Classic. Ben, Narelle, Jonathan, Sandra, thank you very much.

 

All: Thank you!

サム・ウィロウズ インタビュー

2017年8月22日

 

Benjamin Kheng (k, rg)

Narelle Kheng (b, v)

Jonathan Chua (g,v)

Sandra Riley Tang (k,p,v)

 

Q:まだ興奮の最中でしょう。どっと疲れましたか、それともまだアドレナリンは湧き出ている?

NK:大丈夫だよ。

JC:ずっと好調さ!

ST:日本って、凄いね。

Take Heart

 

Q:君たちのアルバム・レビューを書いたんだよ。凄いポップ・レコードだってね。曲のひねり、アレンジ、曲そのものの魅力を称してね。自分たちではどう考えているのかな?

ST:ああ、凄いポップ・レコードだよ。

全員:(笑)

BK:この質問に答えるのは難しいな。僕たちはいろいろなスタイルが好みだからね。元々カントリーやフォークの影響を受けて始めたんだけど、徐々にエレクトリックなサウンドにシフトして、次のアルバムではR&B色を持ち込んだ。単に5つのジャンルを混ぜればいいなんて思っているわけじゃないんだ。だからポップというのが妥当だろうね。

 

Q:ハリー・ソマダールがデビューEPでは、フォーク風のアレンジに現代的なサウンドをうまく持ち込んだよね。あれはずっと考えていたことだったのかな?それともセッション中に発展してきたのかな?

ST:特に狙っていたわけじゃなかったと思う。EPは結構フォークぽかったけど、やっていくうちにもっとポップなものにしたいと思うようになったんだ。でも僕たちの好みはおろそかにはしたくなかった。難しい挑戦だったけど、ハリーが見事にやってくれた。

 

Q:スウェーデンは、シンガポールとは気候も文化もずいぶん違ったでしょう?

NK:もう全然違ったよ!

BK:すごく寒かった。

JC:スウェーデンに居た時には、現地の文化なんかには目を留めていなかったんだ。二度目だったんだけど、行くたびに印象が違うんだよね。だから音楽を作るにはとても新鮮で、アイデアがどんどん湧き出てきたよ。あそこの人たちは寡黙なんだ。シンガポール人はすごくせっかちなんだけど。シンガポールでは誰もがいらいらしているんだけど、スウェーデンの人は冷静なんだ。朝10時にスタジオに入るんだけど、実際に始まるのは昼食後の午後からなんだ。当初はこんなことで無事終わるのかなと思ったんだけど、毎日夕方6時、7時には目途がついていたんだ。それから夕食に出かけるという感じだったんだけど、実働の4時間ほどは本当に充実していたよ。シンガポールでは有り得ないね。12時間から15時間くらいはやり続ける。それでもスウェーデンでやった半分もモノにできていない。僕たちは変わったよ。揺るぎないバンドになったと思う。

NK:視野が広まったんだ。スウェーデンの人たちは物づくりにじっくり時間をかけるんだ。だから出来上がったものにすごく自信を持っている。世界に誇れる音楽を持っているんだ。とても勉強になったよ。

 

Q:あのアバを生み出した国ですからね。

BK:そうだね。その影響はあったよ。リード・ボーカルなしの4声のコーラスをやったりとかね。

 

Q:スティーヴ・リリーホワイトは世界でも有名なプロデューサーの一人だけど、どうして彼とやるようになったの?

ST:彼のご指名だったんだ。

全員:(笑)

JC:最初はボノに頼もうかと思っていたんだけど、スティーヴに頼むことにしたんだ。

全員:(笑)

NK:僕たちがやり始めた時にシンガポールで開催された音楽コンテストがきっかけだったんだ。第一審査は自作曲を送り、そこで選ばれれば、彼のオーディションに参加できる。僕たちは朝10時にオーディションを受けた。彼はマイク・セッティングも含めて完璧な環境でスタンバイしていてくれた。ありのままのサウンドを鳴らすスタジオになっていたんだ。彼が入ってきて、さあ演奏してくれ、と言った。その結果、その後の一週間、僕たちは彼とやることになったってわけさ。彼はすごくエネルギッシュな人だった。彼に会ったことはある?

 

Q:もう長いこと会っていないんだ。80年代に会ったきり・・・

BK:『The Joshua Tree』の頃だよね?

 

Q:その前の、カースティー・マッコールとやってた頃だった。

JC:ワォ!

NK:サプライズは10年後にあったんだ。彼はそのままのエネルギッシュな人で、音楽を楽しんでいたんだ。セッションでは最も僕たちをワクワクさせてくれた人だよ。

BK:少年のままのような人だね。

 

Q:「Glasshouse」を彼のアレンジ・バージョンでやった時に、彼から何を学びました?

BK:当時を思い返してみると、最初はかなり細かなプランが組まれていたんだ。僕たちはきちんとレコーディングに臨み、テイクを差し替えたりしていった。でもスティーヴとやったある曲は瞬く間に仕上がったんだ。一週間でボーカル録りまで一気に進んだ。完璧じゃなくても、エネルギーに満ちていた。彼はその場をエネルギーで満たす人なんだ。スタジアムで5万人の前で演奏するようなムードを作るんだ。

JC:彼は僕に絶対座ってギターを弾かせなかった。ステージにいるように立って弾かせたんだ。彼の持ち込んだエネルギーは、これまでとは異質のものだった。レコーディングでは、僕は几帳面にタイミングと正確なプレイを心掛けていたんだけど、彼はそんなことは気にしていなかった。ただ、「立って、ロックしろ」だった。

BK:80年代のレコーディングにもエネルギーはあったと思う。「Glasshouse」の最初のバージョンなんて、すごくクリーンなイメージだった。見事に抑制されて調和している。でもエネルギーは同じじゃないんだ。新しいバージョンを聴くと、立ち上がって何かを始めたい気分になる。僕たちは曲のエネルギーをきちんと捉えることを学んだと思っている。どんなポップスであろうともね。

 

影響

Q:どんな音楽に影響を受けたのですか?シンガポールの音楽、それとも世界的なもの?

NK:シンガポールは歴史の浅い国だ。だから僕たち自身のサウンドを作れるようなチャンスには恵まれなかった。でも僕たちはいろいろなものをミックスしてやっていたんだ。敢えてそれを言葉で表現するなら「フュージョン」ということになる。だからシンガポール国内の音楽に影響を受けたということではないと思う。アメリカ文化の中で育ったけど、イギリス、日本、マレーシアなどの文化にも触れた。だからいろいろなところから影響を受けたんだと思うよ。

BK:そのとおりだね。音楽をやるとなると、圧倒的なあらゆる西洋文化の影響下に置かれる。アメリカン・ミュージック、ヒップ・ホップも含むあらゆる音楽だ。でもそこで自分の価値観で美しいと思うものに気づくんだ。シンガポールに居ても、グローバルで西洋化された都市だからね。次のアルバムでは、自国のいろいろな要素も採り入れているんだ。「Jiak kantang」という僕らの国の言い回しがあるんだけど、意味は「芋を食べる」、つまり「西洋文化を享受している」ということなんだ。僕たちは英語は話せるけど、むしろ母国語が苦手だったりするんだ。

JC:彼は母国語が苦手なんだよ。僕らって凄いだろ!

全員:(笑)

BK:次のアルバムでは、いろいろな要素を融合しようとしているんだ。

 

Q:僕が君の家に行って、音楽のコレクションを見せてもらったら驚くだろうか?

NK:僕はCDを持っていないんだ。

ST:僕もCDは持っていないよ。

JC:スポティファイのことを話題にしてもいいかもね。

 

Q:オーケー、スポティファイね・・・

NK:僕はステイシー・オリコのアルバムを持っているよ。

ST:僕もだ!アトミック・キトゥンやコアーズも持ってる。これを聴けばいつもスカッとするんだよね。

BK:僕は『Kill ‘Em All 』以降のメタリカのアルバムは全部持っているよ。それと、ミュージカルものも。

NK:僕はアヴェジンド・セヴンフォールドの大ファンなんだ。

作曲

 

Q:君たちのまとまり具合が好きなんだ。

ST:無理にそうしようとしているんだよ!

全員:(笑)

JC:まあ、レベル5程度の難易度だよ。

ST:もし僕たちと一緒に飲めば、がらりと印象が変わるよ。

ST:一気にレベル10か12くらいになっちゃうね。

 

Q:今度お願いしたいね。作曲の時にもそういう団結はあるんだろうか?

JC:作曲の時には呑まないよ(微笑む)

BK:面白い質問だな。だって、普通、バンドのキーマンが作曲して、他のメンバーはそれをアレンジするものだろ。

NK:僕たちはみんな自分勝手にやっているよ。

BK(微笑みながら)黙れ!僕たちのやり方はいい面も悪い面もあるよ。

ST:もう5年も一緒にやってきたからね。過去は今よりもっとまとまりがなかった。メンバーの誰が曲作りに向いているかが分かってきたんだ。もし2人のメンバーが曲を作り出したとすると、他の二人はそれを調整する。全員が一度にあれやこれやと意見を出してもうまくいかないだろう。だから僕たちはお互いのことをよく理解し合えているんだと思うね。

JC:その割には・・・・

NK:そうじゃなかったりして・・・・

ST:うるさい!

全員:(笑)

 

Q:シンガポール流の表現かな?

全員:(笑)

 

Q:君は多作な方ですよね。曲作りは大変ですか?

BK:だんだんコツが分かってきた感じだね。

NK:曲の書き方にはいろいろなスタイルがあるだろ?僕たちがオリジナル曲を書き始めた頃はポップな感じはなかったんだ。ポップな曲を書くようになって、そういう曲の書き方を憶えざるをえなくなった。楽に書いているように思うだろうけど、そうじゃないんだよ。自分の地平を広げ、いろいろな好みの音楽からエッセンスを抜き出してくるということはね。

 

Q:君たちのあのハーモニーを仕上げるのには、どれくらい時間をかけているの?

JC:もう奮闘だよ。

BK:そうだな。

ST:最初の頃から奮闘だったよ。全員がボーカルを取りたいタイプだからね。

全員:(笑)

ST:だから全員が同時に歌うためには、ハーモニーにするしかなかったんだ。

NK:誰かがリード・ボーカルを取ると、それに適応しなきゃならない。互いの声のニュアンスを把握するのに数年くらいかかったよ。まだ訓練中さ。よくなっているよ。自分たちの声に合わせてスタイルも変化させているんだ。だからきちんと適応させるということを学ぶ必要があるんだよ。

 

Q:原則は、その曲を書いた人が歌うのかな?

NK&ST:いや、違うよ。

BK:実際には、決まっていないんだ。ボーカリストのパワーと声質のバランスによるね。サンドラはパワフルなボーカリストだけど、ある部分では声が弱くなる。ナレルはもっと太い声を出す。だから彼女らの力のバランス次第になるんだ。

NK:曲の良さを最大限に引き出すためにね。

BK:そう、ジョナサンはリード・ボーカルは取らない。彼はリードとリズム・ギターとハーモニー担当だからね。

その他

 

Q:君たちはバンドを離れれば、個々の生活があるでしょう?注目されている中での私生活とバンド活動のバランスを取るのは難しいことかな?

JC:楽じゃないよ!

NK:最初から全員で確認していたんだ。バンドがすべてに優先する、ってね。だからいつも中心にはバンドがあった。順風満帆な人生を送る?ただやるだけさ。

JC:あまり注目されていると思わないようにしているんだ。だって最初から楽しんできたし、やりたいようにやってきたわけだからね。いい時にはいい事があるんだけど、悪いときには悪い事が重なるものさ。

NK:挑戦することは難しいよ。

BK:簡単じゃない。でも僕たちにはアジア伝統の寡黙さと勤勉さがあるし、正気と健康を保ち続けられているからね。

 

Q:ニュー・アルバム用の曲はもう書き上がったの?

ST:うん、90%は書き上がっているよ。

JC:70%じゃないか。

NK:いや、40%だろう。

全員:(笑)

 

Q:またすぐ日本に戻って来てくれる?

BK:そう願いたいね!担当の人に訊いてよ。(微笑んでソニーのスタッフにジェスチャーをする)

NK:これがいいきっかけになると思うよ。

 

Q:もちろんそうだね。

NK:サマー・ソニックは今まで出演した中では最高のフェスティバルだった。出演者でもあり、観客でもいられたんだ。僕たちは両方を経験できたよ。

ST:そうだね。

BK:フー・ファイターズはステージ袖で観られたしね。

JC:ああ。

NK:知らずにずっとある人の隣に立っていたんだけど、よく見たらリック・アストリーだったんだよ!

全員:(笑)

 

Q:そりゃあいいや。ベン、ナレル、ジョナサン、サンドラ。みんなどうもありがとう。

全員:ありがとう!