STEVE FERRONE

日本語で読む

24th February 2017

One of the most respected drummers in the world, Steve has a CV only rivaled by his good friend Nathan East whose band he is currently playing in to promote Nathan’s solo album. I’m expecting a lot of famous musicians to be mentioned in this interview (there are) and he has a big smile on his face as I approach which rarely leaves throughout the interview. He greets me warmly as I sit down and then he notices my Leicester City Football Club T-shirt…

 

SF: What’s this?

 

Q: Leicester City.

 

SF: Ah! I should have brought my Brighton hat down. It’s upstairs – my Seagulls hat.

 

Q: Actually, my first question was going to be ‘Brighton for the Premier League?’

 

SF: Yes. Can you believe that? Fantastic! I can’t wait to go to a game now. It’s going to change the atmosphere completely. It’s really amazing what they have done in such a short amount of time with the infusion of money. They went from having the Goldstone Ground to Withdean where we used to play school sports – they sort of put up some scaffold and made a stadium there – and I went to see a couple of games there with my cousins who are avid supporters.

 

Q: Now they have that big stadium off the A23 road from London to Brighton.

 

SF: That’s right and I don’t know how they managed to stick it in there – there used to be a load of council houses around there at one point and the thing that made that area famous before was the Babes in the Woods murders.* That was right there; right across the street, the other side of the Lewes road.

 

Q: Claudio Ranieri (Leicester City’s manager) was fired this morning.

 

SF: Uh…what did he do?

 

Q: He wasn’t getting the results I suppose.

 

SF: It’s not easy being a manager is it?

 

Q: Well we’re still in the European Champions League and out of the relegation zone so I don’t know what people want these days.

 

SF: More. You know, it’s like the recovery in the United States…’The recovery is great but it’s not quick enough.’ C’mon…how much money do you want? You’re doing fine. (laughs)

 

Q: I guess we should talk about music really shouldn’t we?

 

SF: No let’s talk about football; I’ve been talking about drums all morning. (laughs)

 

Steve and Nathan

 

Q: When did you and Nathan first meet?

 

SF: Ooh…(thinking)…we did sessions together in Los Angeles…I forget what the first one was. You know, if I don’t play with Nathan for a couple of years and we sit down and play it’s like we never stopped.

 

Q: It’s a remarkable rhythm unit.

 

SF: Yeah it is – very easy. We did session with George Benson once and just jamming with George – not even a particular song – and I make a little kick at one point and Nathan made the same kick. I looked over at him and he started laughing and then I did another one somewhere else and Nathan did it at the same time again. There was this connection that was really good.

 

Q: A lot of people put you and Nathan in the same bracket as Watts/Richards McCartney/Starr.

 

SF: I used to have a drum tech named Artie Smith that I used all the time when I lived in New York and he works a lot with Steve Jordan now although he’s semi-retired and lives in Florida. Artie played guitar a little bit and Nathan and I did a session with Gregg Phillinganes up in Woodstock (Bearsville Studios)  - I forget who with – and we’re up there recording, Artie grabbed a guitar and we jammed and after we finished he said ‘Now I know why it’s so easy for Clapton to play!’ It is a real comfort zone.

 

Growing Up

 

Q: I’d like to ask you a couple of questions about your early years…

 

SF: I’ve got a picture of my first gig ever! Someone sent me it – wanna see it?

 

Q: Yeah! (Steve navigates his phone and shows me a black and white photo of a band standing next to a Ford Transit van).

 

SF: That was band – look at the name.

 

Q: The Web.

 

SF: Yeah.

 

Q: (Steve then shows another picture, this time of the band on stage)

 

SF: There you go, my first gig ever. Look at me, I have a little bow-tie on and everything. I was twelve. The kit was bigger than me. (Steve smiles at these memories’ the photos obviously mean a lot too him).

 

Q: Was this the band that supported The Who? Presumably then they then called The Detours?

 

SF: We used to play at Uncle Bunnies Chinese Jazz Club and I was with them until I was fourteen. I played locally through High School – it was called Secondary Modern back then in the UK - and it got me into a lot of trouble because I had decided that I wanted to be a drummer. When I was twelve we used to play in a pub and then we started playing in Uncle Bunnies which was in the aquarium and The Who used to come down and play and they were really popular with The Mods.

 

Q: Oh of course! Brighton!

 

SF: Yeah. We used to play in this little club, Moony used to let me use his drum kit…it was really cool.

 

Q: It was a good job you went on it first – there wouldn’t have been much left at the end.

 

SF: Exactly. They used to let me take anything that was usable. I had a little Olympic kit and he was playing Premier at the time which was the high-end of Olympic.

 

Q: So did you come from a Jazz background?

 

SF: No. Actually my background came from Tap Dancing’ I used to dance to standards. I think the first drums I saw that really impressed me was when Sammy Davis Jr. came over and he had a drummer named Michael De Silva. Sammy Davis Jr did a song called Day In, Day Out and then go into some other songs and Michael De Silva used to play with mallets with this sort of drum thing going on (Steve vocalizes a drum rhythm which I find impossible to transcribe). That really impressed me.

 

Q: You must have seen some good shows down in Brighton?

 

SF: I saw a lot of good shows. The kids I used to play with were all eighteen and I was twelve and they used to take me to the Brighton Dome and the Blues tours used to come through there so I saw Muddy Waters, Sonny Terry and Brownie McGhee, Bill Doggett, John Lee Hooker…I got to play with Hooker when he came up and played with Tom Petty.

 

Q: That was a nice full circle moment.

 

SF: Yeah it was really cool. It’s funny you know because when we played the Albert Hall, with Eric, we did the quartet, then we did the ten-piece band and then we’d have time off because there would be the Blues nights. During those Blues nights, we would rehearse with the orchestra and Clapton used to always say that his band – the one that I played in – can’t play The Blues. (laughs) That kind of rubbed us all up the wrong way (laughs), we got a little bent out of shape when he’d say ‘They play great but they can’t play the Blues – the Blues are special’ and I remember the night that Stevie ray died. We were playing this gig up near Milwaukee, Stevie was there and Buddy Guy came up, there was a jam session and then we were in the dressing room afterwards, talking about playing and jamming the night after at Buddy’s place in Chicago.  Buddy’s bass player was there and he said that Buddy’s drummer was not available and then kept looking over at me so I eventually said ‘I’ll come and play if you want’ and he said ‘Yeah that would be great!’ Then Eric looked at me and said (Steve does a good impression of Eric) ‘Ooh I don’t know if you know what you’re getting into. This is the Chicago Blues: this is some special stuff.’ I said ‘Well, I’ll do my best’ and that would have been my redeeming moment had the helicopter not crashed...I never got the chance to do it but years later, I’m playing with Tom Petty in San Francisco and Hooker is opening for us and he would also come and play a couple of songs with us. So he jumps up on the stage and he’s doing his thing, we are jamming Blues and after the show, I go up to the dressing room – and for some reason everyone had gone somewhere else – and Hooker is standing in our dressing room having a drink on his own. I walk in and say ‘Hi, how ya doing?’ and he says ‘Who are you?’ so I said ‘I’m the drummer (laughs) I was playing with you downstairs’ and he said ‘That was you? You should play in my band’ and I said ‘You should tell Eric Clapton that!’ (laughs long and hard) A redeeming moment.

 

Drums

 

Q: I play guitar a bit and I know what to look for in buying a guitar but I don’t really know the feel of a drum kit. What do you look for in a kit?

 

SF: It’s the same – it fits. You can walk around and tap on a drum and you now. I did a clinic in Germany once and before the clinic started, I was walking around a shop with a stick in my hand just tapping a couple of drums and I came across this Pearl intermediate kit that really had good tone. When I did the clinic, I did mention that if anyone was interested there was a really good kit there and somebody went up and bought it. It just sounded really good. You just connect. I did one of the Buddy Rich events at a Las Vegas university and we did a press conference with probably eight drummers in this room in a drum shop and I’m sitting at this table with all these guys and I hear this kind of ‘psst…psst’ and I look up and there is this snare drum sitting up on a shelf. I thought to myself ‘Don’t look at it too long, because they’ll know’ (laughs) So we sat there and did the interview and when it finished, I got up, went over to the snare drum, took it down and turned around and they were all looking at me – they had smelt that I had found something. That snare drum has the best cross-stick sound. It’s a 1920, Ludwig Black Beauty, not engraved. You put a cross-stick on it and it just pops right off the tape so if there’s anything with a cross-stick I use that and I’ve never changed the head.

 

Q: A 1920S head?

 

SF: Yeah and it was just in this drum shop in Vegas.

 

Q: Well if it ain’t broke, don’t fix it right?

 

SF: Exactly, yeah. I’m dreading the day that that head goes because it sounds so good.

 

Q: You are well known for playing in pocket; is that something that can be taught?

 

SF: No. It starts with a gift and it’s either there or it isn’t. You can learn to play in time but pocket isn’t exactly time. I was talking to Steve Cropper about Al Jackson once and they said that they put a clock on him and analyzed his playing and that naturally what happed was that the first backbeat in the bar would be a little bit ahead of the beat and the second one would be right in the middle of it so it had this internal rock. It was very slight, milliseconds but it had a tick and a tock to it that made this pocket and I think that is what guys who can play pocket have.

 

Q: That’s the crux really of music isn’t it? This is what all the computer quantizing stuff can never replicate.

 

SF: No. It takes the soul out of it and it sounds dated. I still listen in amazement to Booker T & The MG’s sometimes…I was teaching him some of his stuff the other day! (laughs) He had forgetten Heads Or Tails…I was supposed to come and do a tour with them here in 2011 but you had the earthquake and tsunami. I wanted that seat as it was one of the seats I listened to when growing up but they cancelled the tour because of the radiation and they didn’t know what was going on with it and then I was on tour a few years ago and Duck called me up and asked if he could get him and his family tickets to see the show. ‘Tickets?! Hey! I’ll get you laminates!’ (laughs) He came backstage with his family, Tom (Petty) came out and hung out with him because we all admired him and he said he was going to go to Japan soon and do the tour that got cancelled. ‘Oh no…noooo, I wanted to do that!’ but he said ‘You know what, you got the better gig – they’ll be another time’ but there never was. He came over here and passed away. Steve Cropper called me up and said ‘I just got to say that you showed Duck such a great time with the band; it’s all he talked about.’

 

Q: I have a similar story. I used to write for a magazine called Beatleg and the editor called me up one day and asked if I could do an interview with Duck that afternoon but I couldn’t. I had other things scheduled that I just couldn’t cancel so I  had to let it go. Duck talked for hours and it was the last interview he ever did. I couldn’t watch anything with him in for a year.

 

SF: (With devastated look on his face) Oh noooo…so he screwed both of us then? (Raucous laughter from Glenn and Steve)

 

Q: Only twice in his life he had bad timing and we witnessed both! (more raucous laughter from Glenn and Steve)

 

A word about…

 

Q: I’m just going to throw a few names out now, give us an anecdote, comment or anything if that’s ok.

 

SF: Oh yeah!

 

Q: Johnny Cash

 

SF: Oh fantastic! He was such a nice guy. I did this…I got made Musical director of a guitar festival in Malibu – it was our third one. There’s the end jam and they say they are going to do Folsom Prison Blues and I’m not one for titles (laughs) and I say ‘What’s that?’ and they say ‘It’s a Johnny Cash song.’ ‘Ok, we’ll just play it’ so we start jam it and there’s that line in it which is ‘I shot a man in Reno, just to watch him die’ and I thought ‘Wait a minute…I played on this! I recorded it’ (laughs) and when we recorded it I remember him singing it and saying ‘Johnny, you’re a gangster.’ (laughs) but he was a sweet guy. He sent me one of his Sun albums and signed it saying thank you for playing on one of my albums. Just really thoughtful and nice.

 

Q: Phil Collins

 

SF: I got a call for one of the animation movies he was doing. He said he was having some difficulties with this one drum track and could I go and sort it out and he’d go and replace it afterwards. I went into the studio, did it, sent it to him and he said ‘Sounds great!’ I’m not saying he couldn’t have found it but he was probably just too busy, he had a lot on his plate. You know, big star, involved with everything and he thought ‘Steve will do it’. It was him who handed off the Eric Clapton gig too me as well. I was at the Bob Geldolf Knighthood party playing with Duran Duran and he came up and asked if I’d ever met Eric and I had just met him once when he showed up to a gig when I was playing with The Average White Band but I didn’t really get to talk to him. Phil said ‘Come over and meet him’ which I did and we sat and talked for a bit and then I went back to my lot that I was with. A couple of weeks later I got a call to play with Eric and Nathan so I guess Phil had put in the word for me for that. Great days.

 

Q: Paul Simon

 

SF: (Steve starts to giggle before he even says a word) We did the Think Too Much track and I went into The Power Station in New York. Nile Rogers was there and when I get there, Bernard Edwards was sitting in the reception and we go straight in to get started. We came up with this pretty simple straight forward song which we cut with just guitar and drums because Niles is a really good rhythm player. We cut it once, go into listen to it and Paul stood at the back of the room, hand on chin, deep in thought. I said ‘well…maybe I could play something different on the bridge’ and I got this withering look from Paul and said ‘oh well…ok…not a good idea’ (giggles) and I was told to go outside and just hang out. So I go outside, see Bernard and say ‘I guess I’m done’ and he says ‘Oh no…you don’t know yet. Just sit down.’ They put all these different effects and things on the guitar and finally there was this really great but different guitar sound that had so much stuff on it that it threw it out of sync with the drums. Nile comes out arguing; ‘He can’t do that! He can’t do that’ looks at me and says ‘Get in here!’ They wanted me to move the drums so it was in sync with the guitar sound so I said ok. Niles said ‘Are you sure you can do it?’ and I said I think so as he great time on rhythm so I went back in and re-did it but it was a kind of a funny way of doing it and I’ll never forget that look I got when I suggested something. (laughs) I get that too from The Heartbreakers and every time I do, when I get the look from Tom and Mike, I think ‘It’s been twenty-five years – I don’t know why I even bother doing this’. (laughs) I must be a masochist.

 

Q: Bee Gees

 

SF: Yeah the One album. That was great. The engineer was Bobby Tench’s brother – Brian. I used to play with Bobby in Gonzalez and he also played with Steve Marriot. The Bee Gees were always interesting and I was on Ebay searching my name because I sometimes find obscure recordings and all of a sudden this Lulu song shows up but I never did a session with Lulu! I thought that maybe it was the other guy because there is another Steve Ferrone because once I got a Grammy for something I had nothing to do with. I think he’s an engineer and they sent me this Grammy and I said thank you but it’s not mine (laughs) Anyway, I bought this Lulu recording and sure enough it was something we cut on those sessions.

 

Q: Well the obvious Lulu connection is Maurice so I thought you got the session with her through him.

 

SF: No no no. It was a song we recorded but they didn’t use on that album. They were great song writers and their vocals were special. Just in the studio, on their own when they harmonized together…some of these Country guys do that. They started singing together and there was a thickness to it and the uniqueness of their tone was special. Stevie Nicks has got one as well.

 

Q: Yeah you worked with Stevie and Christine McVie as well.

 

SF: That’s right. Stevie has that tone which is thick set. It’s a big sound and they sing fantastic. There’s not many people who can do that. I did a gig at The White House which was a Women of Soul thing (6th March 2014). There was a whole bunch of girls, Aretha, Patti LaBelle and Aretha doesn’t soundcheck and we had a girl in the house-band who was a background singer and they were going to do I Never Loved A Man The Way I Loved You and they called this girl up to sing. She sang fantastic and I’m sitting there thinking even if you are Aretha Franklin, I wouldn’t want to get up there and start singing after that! Here comes show time, out walks Aretha wearing her fur coat (laughs), she grabs that microphone…oh my god! Ok, I take back everything I was thinking. That’s a vocal!

 

Q: Does she warm up do you know?

 

SF: I don’t know.

 

Q: You never do, do you?

 

SF: No. I’ve been warmed up since 1965. (laughs)

 

Q: Whitney Houston

 

SF: I did a couple of records with her but she was never there when we were recording but I knew her from her background days when she used to sing background for her Mum (Cissy Houston). I know Clive Davis takes credit for finding Whitney Houston but she wasn’t that difficult to find. She was up there and her Mum gave her a song to sing and then the word went around the musicians about Cissy’s daughter so everybody would wander up to Mikell’s club and be wowed by Whitney. I went to see her in London at Wembley and took my then Father-in-law and we were backstage and she heard that I was there and invited us in to say hello. I can’t say we were close friends but I knew her.

 

Q: Jody Watley was here at Billboard a couple of weeks ago and I didn’t know the Jody/Aretha connection until she told me and her godfather was Jackie Wilson.

SF: Yeah. There’s something to be said for breeding (laughs).

 

George Harrison

 

SF: I can tell you two. There’s the most expensive drum overdub ever. Have you heard that story?

 

Q: No. Please…

 

SF: After we did the tour here and it had all been recorded, I’m in New York and I get this phone call from George saying ‘Steve you’ve got to come over. I’m in a lot of trouble here. We’ve erased some drums and we need to replace them.’ So I said I could go and he sends me a first class British Airways ticket. I get on the plane, a car meets me at the airport, drives me out to the castle (Friar Park), I get out, have a cup of tea, go up to the studio and start listening to the track. I’m listening…listening…the drums are there…drums are there…all of a sudden, one bass drum beat is missing. I look at George and he says ‘The bass drum beat; we erased the bass drum’. I said ‘George, you could have flown** that in from anywhere!’ He said ‘Yeah but you’ve got to play it.’ ‘You’re kidding? You could have done it!’ (laughs) So we set up a bass drum, put a microphone on it and went ‘bum’. Done! (laughs) It must have cost him at least twenty grand.*** (laughs) Then there was the time I was driving back from The Real World studio after a session, I get to somewhere near Henley and stop to gas up the car and I thought I’d give him a call. I get on the payphone – remember those days? – and say Hey George, I’m not far from you, I thought I’d give you a call and see how you’re doing’ and he asked where I was so I told him I was driving back into London and just stopped to fill up the car near him. He said ‘Listen, Olivia is out of town, there’s just me and Dhani here, we’re having chip butties, come over.’ (laughs) So I went over and ate chip butties in a castle. (laughs)

 

Q: Very George.

 

SF: Yeah. I was in L.A. hanging out with Dhani a few days ago and Olivia called and said she had found Ray Cooper, he was in Vegas with Elton and let’s go and surprise him. So she got Eric Idle and some other close friends, got a private jet, we flew to Vegas, surprised Ray, went and saw the Love show and I was back home in bed by 11pm. This is fun Beatles stuff but the funny thing is, it’s not done with any kind of flash. George was just a guy who grew up in a street who lived in a castle. I remember I think it was when we went to see Prince at Wembley Arena and George had one of those great big Austin Princess cars and we’re driving there and I said ‘Have we got tickets?’ and he said ‘No we don’t need tickets’ and told his driver to drive around the back and at the back there is this great big gate with four bouncers in front of it. They see this big car driving very slowly towards them and not stopping (giggles) and they move to one side and as the driver goes past one of them says ‘You do have backstage passes don’t you?’ and George put down the back window and said ‘We don’t need them.’ They recognized him of course and as we went through George turned to me and said ‘Sometimes it’s good to play that Beatles card.’ (raucous laughter) He was so down to earth though. When we were rehearsing with him to come here, we decided to try playing Something and when we had done it he turned around and said ‘You know that was pretty good’ and I said ‘Yeah it would have been really good if you played the solo.’

‘What are you talking about?’

 

‘You know…the solo…

 

‘I played a solo’

 

‘I know you played a solo but you didn’t play the solo.

 

‘What do you mean?’

 

So I started to sing the solo. Daa da daaaaa…da da da daaaaa…and then the whole band joined in and sang the solo to him. He just didn’t realize that that was so important a solo. If he hadn’t have played that here there would have been so many broken hearts but to him it was just another solo.

 

So we taught it too him. (raucous laughter)

 

He was just an amazing man and I miss him. I go boxing for fitness at a place called The Wild Card which is Freddie Roach’s place, real funky boxing gym that smells like hard work. Every day I go there and I take the off-ramp at Vine and Santa Monica, drive past the Capital building and in front of the building is George’s star and as I drive past I say ‘Morning George! How you doing today?’ (laughs)

 

Q: Mr Ferrone, thank you very much for one of the most enjoyable interviews I’ve ever done.

 

SF: Thank you, thank you. Glad you enjoyed it.

 

 

 

スティーヴ・フェローン 

2017年2月24日

 

世界でも最もリスペクトされているドラマーの一人であるスティーヴは、最近ソロ・アルバムのプロモーションをサポートしてあげた親友のネイザン・イーストと競うためだけに自慢の車を持っているそうだ。私はこのインタビューで、数多くの有名ミュージシャンの話が聞けることを期待している。インタビューの間じゅう、笑顔が絶えない人というのも珍しい。彼は私を温かく迎えてくれ、まず、私の着ていたレスター市のプロサッカーチームのTシャツのことに言及し始めた・・・・

 

スティーヴ・フェローン(以下SF):それ、何?

 

Q:レスター市ですよ。

SF:あー、僕もブライトンで帽子を買えばよかったよ。シーガルズのね。

 

Q:私は最初に、「ブライトンがプレミア・リーグに昇格しましたね?」って言おうと思ってたんですよ。

SF:そうなんだ。信じられるかい?凄いよね!試合を観に行くのが待ち遠しいよ。もうムードは一変するだろうね。よくぞこんな短期間で補強の効果が現れたもんだと驚くよ。彼らはゴールドストーン・グラウンドから僕たちがよく学校の体育の授業で使っていたウィズディーンまで練習しに来ていたものさ。そこを足がかりにして、スタジアムを建てたんだ。熱烈なサポーターの従兄弟と何度か試合を観に行ったことがあるよ。

 

Q:今ではロンドンとブライトンを結ぶA23号線の途中に大きなスタジアムを持っていますよね。

SF:そうだね。でもどうしてあそこに建てられたのかが分からないんだ。元々は会議場があった所なんだ。ある意味、「森林の少女殺人事件」*であのエリアは有名になったんだ。ちょうど通りを渡った所さ。反対側はルーズ通りさ。

 

Q:クローディオ・ラニエリ(レスター市チームのマネージャー)が今朝、解雇されましたよ。

SF:ええ?・・・彼が何をしたの?

 

Q:結果を出さなかったんだと思いますね。

SF:マネージャーも辛いよね。

 

Q:我々のチームはどちらもヨーロッパ・チャンピオンズ・リーグに留まっていますね。まだまだ降格圏外です。だからファンがこれから望むことが分からないんですよ。

SF:限りなく、だよ。アメリカで一旗上げるようなものさ。一旗上げたのはいいけれど、まだ物足りないってね。一体いくら金があればいいんだ?いくらあっても困らない(笑)。

 

Q:じゃあ、そろそろ音楽の話をしましょうか?

SF:いいや、まだサッカーの話でいいよ。今朝、ドラムの話ばっかりしてきたところだから(笑)。

 

スティーヴとネイザン

 

Q:ネイザンと初めて会ったのはいつでした?

SF:んんー・・・(考えながら)ロサンゼルスでセッションした時かなあ。忘れちゃったよ。もう数年でも彼とプレイしなかったとしたら、次にプレイした時には、もう永遠に止まらないからね。

 

Q:お二人は凄いリズム・セクションですからね。

SF:ああ、波長が合うんだ。昔、ジョージ・ベンソンとセッションした時のことだけど、特定の曲じゃなくて、ただジャムってたんだ。僕がちょっとしたリズムを投げたら、すぐにネイザンが反応してくれた。彼を見ると、笑ってた。他の人のセッションで彼とやった時も、同じことをやったら、彼は同じように返してくれた。この息の合い具合は凄いと思うよ。

 

Q:今や、あなたたち二人は、ワッツ&リチャーズやマッカートニー&スターと同じ括りと見なされていますよ。

SF:アーティー・スミスというドラム・テックの世話になってた時があったんだ。僕がニューヨークに住んでいた頃にね。彼はスティーヴ・ジョーダンともかなりやってたんだけど、今は半ば引退してフロリダで暮らしている。アーティーはギターも弾くんだ。ネイザンと僕とグレッグ・フィリンゲインズとで、ウッドストック(ベアーズヴィル・スタジオ)でセッションしたことがあってね。あと、誰かいたけど、忘れちゃったな。そこでレコーディングした時に、アーティーがギターを抱え上げて参加したんだ。そして最後にこう言ったんだよ。「クラプトンがやりやすい理由が分かったよ!」って。ほんとに気持ちよく演奏できる仲間なんだ。

 

 

Q:いくつか、昔のことを質問したいのですが・・・

SF:最初のステージの写真を持っているよ!誰かが僕に送ってきてくれたんだ。見たい?

 

Q:はい!(スティーヴはiフォンを操作して白黒の写真を見せてくれた。フォードのヴァンと写っているバンドメンバーの写真だった)

SF:このバンドさ。名前が見えるかい?

 

Q:ザ・ウェブ、ですか。

SF:ああ。

 

Q:(スティーヴは他にも見せてくれた。このバンドでのステージ写真だった)

SF:これが最初のライブだったんだ。僕を見てごらん。ボウタイをしているだろ?まだ12歳だったんだよ。ドラムキットがばかでかく見えるだろ?(スティーヴは満面に笑みを湛えていた。いい思い出が甦ったのだろう)

 

Q:このバンドは、ザ・フーをサポートしたこともあるのですか?たぶん当時の彼らはまだディトゥワーズと名乗っていた頃だと思いますが。

SF:僕らはよくアンクル・バニーズ・チャイニーズ・ジャズ・クラブで演奏したものさ。14歳の時にフーと一緒に出演した。セカンドリー・モダンという高校に当たる学校に通いながらプレイしていたんだ。学業との掛け持ちで、いろいろなまずい事になったから、本気でドラマーになる決心をしたんだ。12歳で既にパブでプレイしていたからね。アンクル・バニーズは、水族館の中にあったんだ。ザ・フーがよく出演してて、モッズ連中から熱烈な支持を受けていたよ。

 

Q:そりゃ、そうですよ!ブライトンですもの!

SF:そうだね。あんな小さなクラブでプレイしてた。ムーンはよく彼のキットを叩かせてくれたよ。とてもかっこいいキットだった。

 

Q:最初から素敵な仕事に巡り会えましたね。でもそんなにいい稼ぎにはならなかったのでしょう?

SF:その通り。彼らは何でも気前よく使わせてくれた。僕のキットはオリンピックの安物だったけど、ムーンのはプレミアのだった。プレミアはオリンピックとは対極の、ハイエンド・モデルだったんだ。

 

Q:ということは、元々はジャズをやっていたのですか?

SF:いいや。僕のバックグラウンドは、タップダンスだったんだ。基本的なダンスはできたよ。初めてドラムを見て衝撃を受けたのは、サミー・デイヴィス・ジュニアが来た時だった。彼のドラマーは、マイケル・デ・シルヴァという人だった。サミーが「 Day In, Day Out 」という曲なんかをやると、マイケルはマレットを使って叩いたんだ。(スティーヴは見事な口真似でリズムを表現してくれたのだが、それを言葉には表しようがない)それに衝撃を受けたんだ。

 

Q:ブライトンではいっぱい素晴らしいコンサートを観たでしょう?

SF:ああ、観たよ。僕がやってたバンドの連中はみんな18歳で、よく僕をブライトン・ドームに連れて行ってくれたんだ。「ブルース・ツアー」なんてのが流行ってたね。マディ・ウォータース、ソニー・テリー、ブラウニー・マギー、ビル・ドジェット、ジョン・リー・フッカーとかを観たよ。フッカーとプレイしたことがあるんだ。彼がトム・ペティと共演した時にね。

 

Q:素晴らしい思い出ですね。

SF:ああ。とてもかっこよかったよ。僕がエリックとアルバート・ホールでやった時が面白かったんだよ。最初、4ピース・バンドでやって、それから10ピース・バンドでやったんだけど、それからオフになっちゃったんだ。「ブルース・ナイト」という催しになってしまったからね。この「ブルース・ナイト」の間は、僕らはオーケストラとリハーサルをしていたんだ。エリックはいつも僕が参加した方のバンドのことをこう言っていたんだ。「ブルースができないバンドだな!」って(笑)。そういうことを言うから、余計にできなくなるんだよ(笑)。彼が「いいバンドなんだけどね、でもブルースがプレイできないんだ。ブルースは特殊な音楽だからな。」と言うと、僕らはちょっとスネていたんだよ。スティーヴィー・レイが亡くなった時のことを覚えているよ。ミルウォーキーの近くで演奏したんだ。スティーヴィーもそこにいて、バディ・ガイもやってきた。それでジャム・セッションになって、その後楽屋で、シカゴのバディの店でもっとジャムろうか、ということになった。バディのベーシストはそこにいたけど、ドラマーはいなかったんだ。それで、僕の方を見るから、「僕でよければやるけど。」って言ったんだ。すると彼は「いいじゃないか!」って言ってくれた。でもエリックが僕を見て、(エリックの物真似をしながら)「おまえ、自分の言ってることが分かってるのかい?シカゴ・ブルースだぞ。分かってるのか?」って言ったんだ。それで僕は「ベストを尽くすよ。」って言ったんだ。名誉挽回のチャンスだったんだ。ヘリコプターが墜落しなきゃ、それが叶ったんだ。でもそれから何年かして、サンフランシスコでトム・ペティとプレイした時、フッカーがオープニング・アクトだったんだ。彼は僕らに加わって、何曲か一緒にプレイした。彼はステージに上がって、自分のセットをやってから、僕らに加わってブルースをプレイした。コンサート後に楽屋に行くと、なぜか誰もいなくて、フッカーだけが飲み物を持ってそこにいるんだ。それで、「どう?」って声を掛けると、「誰だ、おまえ?」って言うから、「ドラマーだよ。」って言ったんだ(笑)。「さっき、一緒にやっただろ?」って。すると、彼は「あれ、おまえだったのか。俺のバンドに入らねえか?」だって。それで僕は言ったよ。「そうクラプトンに言ってよ!」って(笑)。いい思い出だね。

 

ドラムのこと

 

Q:私は少しギターを弾くので、どんなギターがいいのかは分かるんです。でもドラムのことはさっぱり分からないんです。どんなキットがいいんでしょう?

SF:同じ、だよ。自分に合うかどうか、だ。キットの周りを歩いてみて、とんとん叩いてみる。一度、ドイツでドラム・クリニックをやった時のことだけど、クリニックが始まる前に、スティックを持って楽器屋に立ち寄ったんだ。それでいくつかのキットをスティックで叩いて回った。その中ではパールのミドルクラスのキットが凄くいい音がしたんだ。それで、クリニックの時にこの話を出して、誰かあの楽器屋でそのドラムを買えよ、って言ったんだ。とてもいいサウンドだった。ラス・ヴェガスの大学で、バディ・リッチのイベントがあったんだ。ドラム・ショップに8人のドラマーが詰め掛けて、記者会見をしたんだ。机に座っていると、その時、何か「ススス・・・」って変な音がするんだ。音の方を見ると、棚にスネア・ドラムが置いてあって、それが鳴っていたんだよ。自分に言い聞かせたよ。「そっちばっかり見ちゃだめだ。みんなが気づくぞ。」って(笑)。それで会見が終わってから、スネア・ドラムの棚の所へ行ってみたんだ。スネアを抱えて、振り向くと、みんなが僕の方を見ていた。僕が何か宝物を見つけたと思ったんだろうね。素晴らしい音がしたドラムだった。1920年頃の、まだ刻印がされていないラドウィッグのブラック・ビューティだった。クロス・スティックで叩くと、今にも壊れそうな感じだった。だからクロス・スティックでは叩かないようにして、ヘッドは交換してないんだ。

 

Q:1920年代のヘッドですか?

SF:ああ。ヴェガスのショップにそんなのがあったんだよ。

 

Q:壊れない限りは、変にいじらない方がいいですよね?

SF:ああ。ヘッドが壊れてしまう日のことを恐れているんだ。とてもいい音を出してくれるからね。

 

Q:あなたのドラミングは’グルーヴィ’で知られていますが、それは習得してそうなったのですか?

SF:いや、たまたま、だよ。リズムをキープして叩くことは学べるんだ。でもグルーヴを出すということは学ぶことじゃないんだ。スティーヴ・クロッパーに、アル・ジャクソンについて尋ねたことがあるんだけど、彼はジャクソンに時計を渡して、彼のドラミングを分析したことがあったそうだ。最初に計ってみたら、少し走り気味だったそうだけど、二度目に計ると、正しいビートだったって。これがロックなんだよね。微かな、何分の一秒のずれだ。でも正確なだけじゃグルーヴは生まれないんだよ。この点がグルーヴに関わっていると思うんだよね。

 

Q:そこが音楽の要だと思いませか?コンピューターで作る音楽にはできない部分ですよ。

SF:ああ、できないね。魂がどこかに置いていかれてしまって、規則正しさだけが残る。たまにブッカーT&MGズを聴くと、今でも驚くものね。いつかジャクソンにドラムを教えたいね!(笑)。彼は「Heads Or Tails」を忘れてたんだよ。2011年に彼らとツアーすることになっていたんだけど、その時にあの地震と津波が起こったんだ。やりたかったけど、ツアーはキャンセルになった。彼らはどうしていいか悩んでいたよ。数年前にツアーをした時に、ダック・ダンがショーを観たいからチケットを取ってほしいと言ってきたんだ。「チケットだって?!何を言ってるんですか、バックステージ・パスを渡しますよ!」って言ったよ(笑)。彼は家族を連れて、楽屋に来たよ。トム(・ペティ)が出てきて、彼とハグしてた。トムのリスペクトしている人だったからね。ダックはもうすぐ日本に行くんだと言っていた。そのツアーがキャンセルになったんだ。「あぁ・・・やりたかったな。」って言うと、彼は「もっといい時にツアーできるさ。」って言ってくれた。でもそれは叶わなかった。日本には行ったけど、彼はそこで亡くなってしまった。スティーヴ・クロッパーが電話してきて、「これだけは言っておくよ。ダックは今のバンドは素晴らしいと言ってたんだ。そればかり言ってたよ。」って言ってくれた。

 

Q:それについては別の話があるんですよ。私が執筆していたビートレグという雑誌があったのですが、その編集長が電話してきて、その日の午後にダックとインタビューしてくれ、と言ったんです。でも僕は予定が入ってて、できなかったんです。だからダックには会えませんでした。インタビューは数時間に及んだそうですが、これがダックの生前最後のインタビューになったんです。その前一年くらい、彼の近況は何も聞いていなかったんですよ。

SF:(辛そうな表情で)あぁ・・・・僕ら二人とも彼には会えず仕舞いだったってわけか。(苦笑)

 

Q:彼の人生で二度あった最悪の状態をこの二人が見ていた、ってことですね(さらに苦笑)。

一言・・・・

 

Q:今から、何人かの名前を挙げますので、何か思い出やエピソードがあれば話してもらえますか?

SF:いいよ!

 

Q:ジョニー・キャッシュ。

SF:いきなり素晴らしいね!いい人だったよ。僕は、マリブで行なわれたギター・フェスティバルの音楽監督を務めたことがあったんだ。第3回だった。フィナーレにジャムろうってことになって、「Folsom Prison Blues 」をやったんだ。曲名が正しいかどうか、分からないよ(笑)。で、「何?その曲」って訊くと、「ジョニー・キャッシュの曲だよ。」って。「とにかくやってみよう。」ってことで、始めた。「I shot a man in Reno, just to watch him die」って歌詞があるんだ。「ちょっと待てよ・・・この曲、やったことあるし、レコーディングもしたぞ!」って思った(笑)。彼とこの曲をレコーディングしてたんだよ。その時、僕は彼に「ジョニー、あんたはギャングのボスみたいだな。」って言ったんだ(笑)。でも優しい人だったよ。彼は僕にサン・レコード時代のアルバムを送ってきてくれて、そこには「僕のアルバムに参加してくれて、ありがとう。」ってサインがしてあったんだ。素敵なことだよね。

 

Q:フィル・コリンズ。

SF:彼が手がけていたアニメの映画のことで僕と電話で話したことがあるんだ。ドラムの録音でちょっと困っていることがあると言っていた。それで僕がスタジオに入って、そのパートをレコーディングして、彼にテープを送ったんだ。彼は「いいね!」と言ってくれた。彼にもあれくらい叩けたと思うけど、忙し過ぎたんだろうね。忙し過ぎて、体が回らなくなって、「スティーヴならできるかも」って思ったんだろうね。クラプトンのツアーに僕を推薦してくれたのも彼なんだ。デュラン・デュランの連中と一緒にボブ・ゲルドフのナイト受勲パーティに出席した時に彼がいたから、エリックに会えるかなと訊いてみたんだ。アヴェレージ・ホワイト・バンドに居た時に、一度エリックには会ったことがあったんだけど、面と向かって話したことはなかったんだ。フィルは「来いよ。会わしてやるから。」って言ってくれて、そこでエリックと少し話したんだ。その数週間後に、エリックとネイザンと一緒にやらないか、という電話をもらったんだ。たぶんフィルが推薦してくれたんだと思う。いい思い出だね。

 

Q:ポール・サイモン。

SF:(話す前にスティーヴはくすくす笑いをして)僕らは「Think Too Much」という曲をレコーディングするのに、ニューヨークのパワーステーションに入ったんだ。ナイル・ロジャースもいたし、僕が入っていくと、バーナード・エドワーズが受付の所にいた。すぐにレコーディングを始め、ギターとドラムだけのシンプルなセッションを続けた。ナイルは素晴らしいリズム・ギタリストだからね。ワンテイク録ってから、それを聴き返した。ポールは部屋の奥に立っていて、あごに手を当てて、何か考え事をしていた。それで僕は「ブリッジのところはちょっと変えて叩こうか?」って言ったんだ。ポールがちょっと気に入らないような感じだったからね。するとポールが、「あぁ、・・・いや、これでいいよ。その必要はない。」だって(くすくす笑)。そして外で一服しようって誘われたんだ。スタジオを出ると、バーナードがいたから、「もう終わったみたいだよ。」って言うと、彼は「いやいや、分かってないな。ちょっとここに座れ。」って言うんだ。それからギターにいろいろなエフェクト処理をして仕上げたんだ。その結果、素晴らしいものになったけどね。でも最初のギター・サウンドとはまったく違うものになった。僕のドラムとプレイしたとは思えないようなものになっていたんだ。ナイルが口論しながらやって来た。「彼にはできないよ、できない。」なんて言っているんだ。で、僕を見つけて、「ここにいろよ!」って。ギター・サウンドと馴染むようなドラムにしたかったようなんだ。それで僕は分かった、と答えた。ナイルは「できると思うか?」と訊くから、できると答えた。それでもう一度やり直したんだ。あのやり方はユニークだったね。自分を売り込む時には、あの時のやり方は忘れないようにするよ(笑)。ハートブレイカーズからもそんな仕打ちを受けたことがあるよ。トムとマイクから睨まれてね。「何でこんなこと25年もやってるのかなぁ。」なんて思ったよ(笑)。僕はマゾに違いないね。

 

Q:ビージーズ。

SF:1枚だけアルバムに参加したけど、それはいいアルバムになったよ。エンジニアはボビー・テンチの兄弟のブライアンだった。僕はボビーとゴンザレスで一緒にプレイした。彼はスティーヴ・マリオットともプレイしていた。ビージーズはいつも楽しい連中だったよ。eBayで僕の名前を検索してみたんだ。自分が何のアルバムに参加したのか、分からなくなるからたまに調べるんだよ。すると、突然ルルの曲に行き当たったりするんだ。でもルルとセッションしたことなんてないんだよ!たぶん別のスティーヴ・フェローンだと思うよ。僕が関わっていない作品でグラミーをもらったことさえあったからね。エンジニアで同名の人がいると思うんだ。グラミー賞のトロフィを送ってきた時、「ありがとう」とは言ったものの、僕がもらっちゃいけないんだ(笑)。それはともかく、例のルルの曲を買ってきたんだ。僕が参加したビージーズのセッションの流れの中でレコーディングされたものだったことは分かったよ。

 

Q:ルルと太いパイプがあったのはモーリスですね。彼を通じて彼女のセッションに参加したんじゃないですか?

SF:いや、違うよ。僕らがレコーディングした曲だったんだけど、彼らはアルバムには収録しなかったんだ。彼らは偉大なソングライターで、歌も素晴らしい。スタジオで彼らのハーモニーを聴いたら、もうそこは別世界だよ。あの三人だけの世界なんだ。彼らが集まって歌い出すと、そこに深みが加わり、独特のサウンドになるんだ。スティーヴィー・ニックスもそんな世界を作れる人だね。

 

Q:そう、あなたはスティーヴィーとクリスティン・マクヴィとも仕事していますね。

SF:うん。スティーヴィーは実に深みのある声を持っている。なかなかあんな人はいないよ。ホワイトハウスで「ウィメン・オブ・ソウル」というコンサートに出たんだ(2014年3月6日)。もう凄い女性陣だった。アレサ、パティ・ラベルとかね。アレサはサウンドチェックをしないんだよ。僕らハウスバンドにも女性のバックシンガーが一人いてね、「I Never Loved A Man The Way I Loved You」をやった時に、この子が呼ばれたんだ。彼女は見事に歌ったよ。もし自分がアレサだったら、なんて考えたよ。あの子が歌った後にステージで歌うなんて嫌だなと思ったね。さあ、ショータイムだ、毛皮のコートを着て、出て行かなきゃ!ってね(笑)。マイクを手にして・・・、あの時が甦ってきたよ。あれぞ、歌ってものだったね。

 

Q:彼女はウォームアップしているんですよ。

SF:それは知らないな。

 

Q:あなたはします?

SF:いや、1965年以来やってないよ(笑)。

 

Q:では、ホイットニー・ヒューストン。

SF:彼女のアルバムでは何枚かで叩いたな。でもレコーディングの現場には彼女はいなかったんだ。僕は彼女がお母さん(シシー・ヒューストン)のバックで歌っていた時代から彼女のことを知っているんだ。クライヴ・デイヴィスが彼女を見出したということになっているけど、そんなたやすいことじゃないよ。彼女のお母さんが彼女に歌わせたから、ミュージシャンの間の口コミで広がっていったんだ。シシーの娘は凄いらしいぞ、ってね。それでみんながミケルズ・クラブに観に行くようになって、注目されるようになったんだ。僕は彼女をウェンブレーで観たんだ。義父を楽屋に連れて行ったら、ホイットニーが呼んでくれて、挨拶してくれた。そんなに親しくはなかったのに、ちゃんと僕のことを憶えていてくれたんだよ。

 

Q:数週間前、ジョディ・ワトリーがこのビルボードに出たんですよ。ジョディから聞くまで、彼女とアレサの繋がりを知らなくて。彼女の名付け親がジャッキー・ウィルソンだったんですよ。

SF:はぁ、いろいろ話題は尽きないね(笑)。

 

ジョージ・ハリスンのこと

 

SF:2つ話したいことがあるんだけど、まずは、歴史上最も高くついたドラムのオーバーダビングの話は知ってる?

 

Q:いえ、是非聞かせてほしいです・・・

SF:僕らは日本でツアーをしただろ?それをレコーディングもした。僕がニューヨークにいた時、ジョージから電話をもらったんだ。「スティーヴ、ちょっと来てくれないかな。困っているんだ。ドラムのいくつかを消して、代わりのドラムを入れたいんだよ。」ということでね。それでいいよ、と答えたら、彼は英国航空のファースト・クラスのチケットを送ってきてくれたんだ。それで飛行機に乗って空港に着くと、車の出迎えがあって、お城(フライア^・パーク)に連れて行かれた。降りると、お茶を出されて、それからスタジオに入って、そのトラックを聴いたんだ。何度も何度もドラム・トラックばかりを聴き続けた。すると、突然、1ヶ所だけバスドラムが抜けているところがあったんだ。ジョージの方を見ると、「バスドラムを消してしまったんだ。」って言うんだ。「どこか他の箇所から持ってくればいいよ**。」って言うと、彼は「ああ、でも君に叩いてほしいんだ。」って言うじゃないか。「マジで?!簡単に穴埋めできるのに!」(笑)。それでバスドラムをセッティングして、マイクを立てて、僕は「バン!」って踏んで、はい終了(笑)。このことで20グランド***はついたと思うよ(笑)。あるセッションの後でリアル・ワールド・スタジオから車で戻ってきた時に、ヘンリーの近くに車を停めて、ジョージに電話してみようと思いついたんだ。「ハイ、ジョージ。今僕は君の近くにいるんだ。何してるの?」って訊くと、彼は僕がどこにいるかを聞いてきた。それで、ロンドンに車で戻る途中、君んちの近くにいるんだと答えた。すると、「今、オリヴィアは外出中で、僕とダーニしかいないんだ。ポテトチップスを食べてたところさ。来ない?」って(笑)。それで彼の所へ行って、お城でポテトチップスを食べたのさ(笑)。

 

Q:ジョージらしいエピソードですね。

SF:ああ。数日前もLAでダーニと過ごしていたんだ。オリヴィアが電話してきて、エルトン・ジョンとやっているレイ・クーパーに会いにヴェガスに行くの、驚かしてやるわ、ってことでね。彼女はエリック・アイドルや仲のいい友人と一緒にプライベート・ジェットでヴェガスに向かったんだ。で、ヴェガスでレイを驚かせて、ショーを観て、帰って来て、ベッドに入ったのは11時だったね。ビートルズ関係者の面白い話さ。でもそんなに突拍子もないことじゃない。ジョージはお城に住んでいたけど、庶民の子だった。ウェンブレー・アリーナでプリンスを観た時、ジョージの凄いオースティン・プリンセスモデルに乗って行ったんだ。車内でジョージに「チケットはあるの?」って訊くと、「いいや、でもチケットなんて要らないよ。」って言うんだ。そして運転手に大きな裏門に回るように言った。このでかい車がゆっくり裏門に近づくのを関係者たちが見ていたよ。止まらない車に向かって、「バックステージ・パスはお持ちですか?」と係員が訊くと、ジョージは後部シートの窓を下げながら「僕らには必要ないんだ。」と答えた。彼らはジョージの存在を認め、ジョージを迎え入れた。ジョージが僕の方を向いて言ったんだ。「時にはビートルズ・カードがモノを言うだろ?」ってね(しわがれ声で笑う)。彼は純朴な人さ。日本でリハーサルしていた時に、「Something」をやったんだ。演奏し終えると、彼が振り返って「なかなかいいじゃないか。」って言うから、「あなたがソロを弾いたら、もっとよくなりますよ。」って言ったんだ。すると、「何の話?」って彼が言うんだ。

「いやー、あなたの弾いたソロですよ。」と言うと、

「僕がソロを弾いたって?」と言うから、

「あなたはソロでやってますけど、ちゃんとギター・ソロを弾いてないですよね。」と言うと、「何のことを言ってるんだい?」とくる。

そこで、僕らバンド・メンバーは全員であのソロを合唱したんだ。「♪ダダダーダー・・・ダダダッダーダ♪」ってね。彼はこのソロがそんなに重要だとは思っていなかったんだ。彼がこのソロを弾かなかったとしたら、失望したファンは多かったと思うよ。彼は他のソロを弾こうとしていたんだ。だから僕らが彼にソロを教えたんだよ(またしわがれた声で笑う)。

彼は凄い人だったからね。だから彼がいなくなって寂しいよ。僕はフレディ・ローチが経営する「ワイルド・カード」というジムでボクササイズをやっているんだけど、なかなかハードなジムでね。毎日そこに通っているんだけど、途中でキャピトルのビルの前を通るんだ。ビルの正面には、ジョージの顔を描いた星が飾ってあるんだ。だから通るたびに、「おはよう、ジョージ!今日の調子はどう?」って挨拶しているんだ(笑)。

 

Q:フェローンさん、どうもありがとうございました。これまでで一番楽しいインタビューでしたよ。

SF:ありがと。楽しんでくれてよかったよ。

 

*・・・いわゆる「森林の少女殺人事件」は、1986年10月9日に9歳の少女二人が殺された事件。性的暴行を受けた後に絞殺された。この事件は未解決のままである。

 

**・・・レコーディングで用いられるテクニックの一つ。レコーディング済みの別の箇所の音を切り取ってきて移植すること。

 

***・・・2万ポンドのこと。