PET SHOP BOYS - CD 

HOTSPOT

Sony Music International - Out now

ペット・ショップ・ボーイズは、1980年代から見事に生き残ってきたバンドの一つだ。1986年にデビューして以来、彼らは敢えてトレンドに囚われず、流行に左右されず、ミュージック・シーンの変化にも動じないような素晴らしい作品をずっと発表してきた。同時代のバンドが、レコード会社に望まれるままの方向に流れていく中、ペット・ショップ・ボーイズは自分たちがこだわるサウンドと楽曲について決して躊躇せず、妥協することがなかった。だからここに彼らの14枚目に当たるアルバム『Hotspot』が届けられても、何ら期待に反することがないのも当然のこととして受け入れられるのである。

 

このアルバムのサウンドに関しては、私は二人のメンバー、ニール・テナントとクリス・ロウとに、このアルバムをどのようにレコーディングしたのかについて訊いてみたい気持ちになった。まるで1986年にリリースされていてもおかしくないサウンドだったからだ。ニールの声は30年以上も前のままだし、クリスのプログラミングとサウンドメイキングは彼の愛機コルグかフェアライトによるものに違いなかった。1986年に立ち返ってみても奇妙なことだが、彼らは未来にはこうなるというようなサウンドを生み出していたとも言える。そして・・・今でもこのサウンドは尚も新鮮なのだ!メロディラインはキャッチーだし、このビート感は癖になる。幾層にも重なった煌びやかなサウンドプロダクションがリスニングルームいっぱいに広がり、心地良さの中に体と心が沈むことだろう。アルバムを再生した最初から、あなたのウーファースピーカーの躍動具合を見てみてほしい。

 

私は彼らがこれまでコンスタントに秀逸な作品をリリースしてきたと述べた。それは事実なのだが、だからと言ってもちろんすべての作品が同じレベルだったというわけではない。14枚のアルバムを二分したとすれば、今作は間違いなく出来の良い上位7枚の中に入る。だから、さて14枚の中から選ぶのか、と購入を躊躇する必要は少しもないのだ。この作品は聴いて心地良くなるアルバムである。こけおどしは一つもない上に、ファンが期待するダンサブルなナンバーがいくつも入っている。私が評価する点は、彼らが敢えて万人受けするナンバーばかりを収めようとしなかったことである。収録時間も80年代のアルバムでは普通だった42分前後というものだ。

 

日本盤のボーナストラックは、2曲のリミックス・バージョンが収められている。これもまた1980年代に全盛だった12インチシングル用ミックスというスタイルを踏襲している。この14分を超える追加バージョンはその長さ以上に価値があると思ってもらえるだろう。結論とすれば、この作品は彼らの2013年、2016年にリリースした前作、前々作を見事にフォローする出来映えと言えるし、このリリースに続いて世界中で実施されるであろう「グレーテストヒッツ・ツアー」も成功を約束されているようなものだ。ニールとクリスは、昔のままの姿でファンの前に現れることだろう。

 

Track List

Will-o-the-Wisp

You Are The One

Happy People

Dreamland (featuring Years & Years)

Hoping For A Miracle

I Don’t Wanna

Monkey Business

Only The Dark

Burning The Heather

Wedding In Berlin

Bonus Tracks for Japan

Dreamland (TWD vocal remix)

Monkey Business (Prins Thomas diskomiks)

HAKEN - CD

VIRUS

Sony Music International - Out now

2007年の結成以来、ヘイケンは自らの楽曲レベルとミュージシャンシップの進歩を証明するような一連のアルバムをリリースしてきた。本作は彼らの6枚目のアルバムで、現在のバンドラインナップになってからは3枚目となる。そして本作でまた彼らは新たな一歩を踏み出したと言える。まさにこれぞプログレッシヴメタルというもので、このジャンルにぴったり収まるどころか、さらにこのジャンルの枠を押し広げるかのような出来映えなのだ。前作(2018年の『Vector 』)まで、ヘイケンはプロデューサー、エンジニア、サポートミュージシャンを一切変更してこなかった。それが何だと言うのか。ここにはこれまで慣れ親しんだ環境や安定したバックグラウンドから飛び出すという彼らの進歩があったのだ。

 

地を這うベースに息をもつかせず噛みついてくるギターが、叫びまくるキーボードとメリハリの利いたドラムに支えられて奏でるどこか異国風の調べは、期待どおりの精密に織り上げられた構成美を誇る。それはまた彼ららしい様々な要素を知らしめる美しいボーカルによってさらに引き立てられる。感情表現的には、心理学的要素を多く含みながらもテクノロジー、環境、生物学、政治にも触れながら、これまでで最高の楽曲集となっている。「Messiah Complex」は16分に及ぶ大作で、いくつもの宝石の輝きに触れることになるだろう。一方で「Canary Yellow」は、ストレートで爽快なナンバー。さらに、日本盤にはボーナストラックとして「Canary Yellow」のアコースティック・バージョンが収録されている。一部の楽曲の歌詞は日本語に翻訳され、ベント・ニーのボーカリスト、コートニー・スウェインが歌っている。正直なところ、私はアルバムの実際の曲よりもこちらの方が気に入っていたりする。とにかく優しいのだ。

 

『Vector』のリリース以降、この6人は数々の賞や高い評価を受けてきたが、それは驚くには当たらない。今また彼らはこのジャンルでは最高峰の1組に挙げられている。メタルとプログレとの絶妙なバランスを保ちながら、ミュージシャンシップを極め、メンバー間で互いの実力を認め合っている。こうしたことが楽曲の中に自然に現われ、ある部分『Vector』の続編的テイストを持ちながらも、あらゆる点でさらに進化を遂げている。ジャケットのアートワークについても、歌詞に沿った不気味なイメージをうまく表現した秀逸な出来映えとなっているのだ。

 

ウィルス、というタイトルは間違いなく昨今の世界が置かれている状況をすぐに想起させるだろう。しかし乗り越えよう。このアルバムで発見できることは、そのために大きな意味を持つに違いない。もうマスクをする必要さえなくなるんだ。

Tracklist

1  Prosthetic

2  Invasion

3  Carousel

4  The Strain

5  Canary Yellow

6  Messiah Complex

  • Ivory Tower

  • A Glutton For Punishment

  • Marigold

  • The Sect

  • Ectobius Rex

7  Only Stars

8 Canary Yellow (acoustic)*

 

*Bonus track for Japan