AC/DC - CD 

POWER UP

Sony Music International - Out Nov 13

ほとんどの人が、ブライアン・ジョンソンが諸事情によりAC/DCを抜け、クリフ・ウィリアムスが引退し、フィル・ラッドが違法行為でバンドを辞めざるを得なくなり、そして悲しいことにマルコム・ヤングが2017年に認知症で亡くなってから、2014年の『Rock Or Bust』を最後にもう彼らのアルバムなんて出ることはないと思っていたことだろう。しかし今年の9月に発表された宣伝写真では、4人のメンバーは健在で、アンガスの甥にあたるスティーヴ・ヤングがリズムギターとして加入した姿が捉えられていた。・・・密かに事態は進行していたのだ。

 

『Power Up』は彼らの代表作の一つとなるだろう。1980年代からの彼らのアルバムの中でもベストの一つだと断言する。すべての要素がここに揃っており、まさにAC/DCらしいナンバーが12曲収められている。最初のナンバーを聴き始めてすぐに、あの耳に噛み付き、脳をかき乱すあのサウンドが出てくるのだ。ここ6年の間にアンガスとマルコムが12曲以上の楽曲を書いていたことは間違いない(マルコムが亡くなる前に共作されたと思われる)。だがその中からすべてのファンに最高の喜びを与えるべくベストな曲が選ばれたのだ。ここには捨て曲も、冗長なソロも、これみよがしな演出も、オーバープロデュースも、無駄な装飾も、ない。何も足す必要がなく、何も削る必要のない、100%ピュアなロックンロールだけが詰まっているのだ。

 

昨今の傾向に従い、アルバムはいろいろなフォーマットでリリースされており、最も気の利いたものはロゴがライトアップするボックス入りCDで、充電できるUSBケーブル付きのものだ。これは1曲目の「Shot In The Dark」の冒頭パートをスピーカーで鳴らすこともできるのだ。しかしながら、私見では日本盤のブルースペックCDを購入することをおススメする。各楽器の分離が素晴らしい上に、ベースのサウンドも豊かで、中音域の迫力はまるで北海の烈風に当たったかの如く強烈な印象だ。強烈だが、それが心地良い!ボーナストラックはないが、41分間耳を刺激し続けた後には、至福の満足感に浸れることだろう。

 

個人的感想だが、マルコム・ヤングもきっとこの出来には満足していると思う。これがAC/DCの最後のアルバムになるかどうかは分からない。しかしもしそうであっても、これ以上のラストアルバム、そしてこれ以上のマルコムとバンドへのトリビュートはないだろうと思う。振り返れば2000年の初頭にAC/DCの音楽から離れてしまったものの、このアルバムで再び彼らの世界に戻ってきたことを実感している。あまり聴いてこなかったアルバムもまた聴いてみようと思っている。その結果、やはり彼らのアルバムはどれも凄かったという感想を持ったとしても、今後何年もこのアルバムは聴き続けるし、このアルバムは輝かしいキャリアを歩んできたバンドの画期的な一作となることは間違いない。

 

Track List

Realize

Rejection

Shot In The Dark

Through The Mists Of Time

Kick You When You’re Down

Witch’s Spell

Demon Fire

Wild Reputation

No Man’s Land

Systems Down

Money Shot

Code Red

THE PRETTY RECKLESS - CD

DEATH BY ROCK AND ROLL

Sony Music International - Out now

2010年に始まった、プリティ・レックレスのシリーズリリースの4作目に当たるのが本作。前作のリリースから5年ぶりとなる。1曲1曲にこれほど違いがあるのも最近では珍しい。だがどの曲も聴いていてスキップさせようとは思わせないのだ。捨て曲なしで、ここまでバラエティに富んだ楽曲を収めたとは、まるで古き良き時代に戻ったかのような感覚だ。

 

タイトルチューンはたまたまだが、その出来映えにおいてこのアルバムで私の一番好きな曲だ。明らかにオープニングに相応しい曲で、陳腐な出来でない限り商業的には最も重要なものである。それはアメリカのロックチャートのトップ10に入るヒット曲然としたもので、これがあるからこそアルバムが完全なものとなり、前述したバラエティに富んだアルバムの最も重要な部分を占めるというものだ。1曲ずつ聴いていくと、バンドのいろいろな個性がいろいろな場面で現れてくる。そしてそれらが見事に調和している。恐らくこのことには気づかないまま、もう楽曲は「25」まで来ていることだろう。ロックンロールとジョン・バリーの最高のジェームス・ボンドのテーマをミックスしたようなこの作品は、メインのリフに戻る前に見事なミドルエイト部に収録されたテイラー・モンセンのボーカルで緊張感を醸し出す。この後、アルバムはゆったりした「Got So High」、「Broomsticks」という気まぐれな高速ナンバー、メタルの名曲たる(ギターソロが凄い)「Witches Burn 」で完全に開花する。そしてシンプルで明るい流れるようなアコースティックナンバー2曲で幕を閉じる。このうちの1曲はジョン・ボン・ジョビが書きたかったようなナンバーで、もう1曲はニール・ヤングが書きたかったようなナンバーに思える。

 

このアルバムには最高の瞬間がいくつもある。ベン・フィリップスによる前述したような素晴らしいギタープレイ(「Harley Darling」における彼のソロは信じられないほど味わい深い)、ドラムのジェイミー・パーキンス、ベースのマーク・デイモンから成るリズムセクションが決定的だ。彼ら二人にとってはやり過ぎようが手を抜こうがたやすいことだろうが、彼らは真摯に自らの役割をこなしている。だから、認めるべき功績は当然認めよう。この作品は、テイラーのこれまでで最高のボーカル・パフォーマンスと言えるが、バンド全体のポテンシャルがよく表れていると思う。

 

もっと魅力を、って?日本盤ではBS2CDマスタリングが採用されている上に、レイジ・アゲインスト・ザ・マシーンのトム・モレロとキム・セイル、サウンドガーデンのマット・キャメロンがゲスト参加している。この作品は、記憶を刷り込み、記憶を呼び覚ましてくれるような音楽だ。買えば、君のCDラックにこれからずっと収まり続け、向こう何十年もバーベキューパーティや友人と過ごす夕べなど、事あるたびに持ち出されることだろう。そして2021年いう年を思い出すアルバムになるのだ。

Track List

Death By Rock And Roll

Only Love Can Save Me Now

And So It Went

25

My Bones

Got So High

Broomsticks

Witches Burn

Standing At The Wall

Turning Gold

Roan And Roll Heaven

Harley Darling