NICK HEYWARD

日本語で読む

16th August 2018

ニック・ヘイワード / Nick Heyward (Vocals, Guitar)
アンソニー・クラーク / Anthony Clark (Keyboards)
オリバー・テイラー / Oliver Taylor (Guitar)
ロブ・ディグウィード / Rob Digweed (Saxophone)
フィリップ・テイラー / Philip Taylor (Bass)
アンドリュー・トレーシー / Andrew Treacey (Drums)

 

Nick greets me warmly and offers me a crisp from the bag he is munching on. I started the interview asking about Nick’s health as the previous night he was sipping herbal tea to relieve a sore throat.

 

Q: How’s your throat?

 

NH: Getting better thanks. I think it was the plane ride. I did three plane rides in a row and then went on stage and tried to sing thirty-two songs flat out and my voice gave way. I thought ‘That’s never done that before’ but I had never done three flights before and spent almost two days on an aeroplane.

 

Q: Where were you hopping from?

 

NH: Tampa to Detroit, Detroit to Tokyo and Tokyo to Osaka.

 

Q: Twenty odd years since you’ve been here, twenty years since The Apple Bed; what’s kept you busy?

 

NH: Gosh! Where do I start? Lots of personal stuff. My parents passed away which was really…well anyone that knows that one will know that it’s not something you can take in your stride. You don’t have any plan for it, training or anything even if they are older. It’s a bit like trying to explain to somebody what water is like if they’ve never been swimming; you don’t know until you dive in. What I thought was going to happen was that it would be an amazing spiritual experience and that I would embrace them but it was just heart-wrenching and I couldn’t speak. It manifested physically with me so I had quite a few years of not being well. I go back into playing when I moved to L.A. and I went to a place called Largo which is a club owned by a guy called Flanagan and he has a guy called Jon Brion from The Grays and Jellyfish playing there regularly – a brilliant night and I just went along there to see them as I’m a big fan. I got chatting to them and they asked me if I wanted to play a gig there and I said yes and after the gig as I was walking out a guy said ‘Here’s $1,000’ and he gave me $1,000 in cash. I looked at this money and that was actually my first physical experience of money in the music business. I had never had that experience where I had done something and been paid for it. I was a bit bewildered and surprised – elated as well and it was a liberating experience.

 

Q: Wow.

 

NH: Yeah! I had got so used to just doing live work and promotion. I had done tours but there was always this word ‘promotion’ around and I had never seen a penny so to actually just go and play and be paid…Flanagan said ‘Well we have a hundred people, they pay $10, we give the musician that and then we take on the bar and the food’ and it’s never been as simple as that in my career and this was 1998/99. So I said ‘Can I play here again?’ (laughs) I started to think ‘This is good; I like this’ this being paid instantly and it’s because I didn’t have an agent and manager and other people. I remember just paying my rent which was $600 and thinking I can just work and pay and that was the beginning of live work. Then I went back to England and did some shows with ABC, The Human League, Heaven 17, Kim Wilde and got paid for it so for the first time ever I didn’t have to worry and money. Being on Creation Records and Sony, I got an advance but I had to make that last for many years.

 

Q: Well I have to say you are now looking very fit and healthy.

NH: Thanks. I had to keep fit because I got ill when my parents died. I packed on the pounds (kilograms) through the end of the 90’s and 2000’s, sometimes up to 14 -14 ½ stones (90 – 93kg) which is not good for my height and physically I started to feel it. You have to be forced into getting fit somehow.

 

Woodland Echoes

 

Q: You’ve had great reviews from everywhere. Given that it had been so long, were you a bit apprehensive about how it would be received and were you taken aback by the acclaim it’s had?

 

NH: Well I started it in 2007. Being on MySpace I was just communicating musically wit doodles and I was happy with that as an artist. I didn’t want to rejoin the music business because it looked in a right state…

 

Q: It is.

 

NH: ..well it still is but not independently. Between 2007 and now, the independent side has become really healthy. Anyway, people on MySpace were saying that these musical doodles were fine but can we have something substantial? Can we have an album? An album at that time I thought meant getting a record deal and all that so I just said yes thinking I would do an album of doodles. So I started to work on the doodles and then started to colour them in and then went into album mode n my head and once you do that, it’s like writing a book; you can’t just put your first draft out. Like anything else, Instagram for example, you don’t just put the picture out there you make it look good with filters and things - well I do anyway probably just because of being a commercial artist before Haircut 100 but anyway, I started to work on these doodles a bit more, then my son grew up and as he did, he became more technically able and we got more equipment. He would recommend better mics and stuff and then the songs started to sound really good and then when I had them recorded, I thought it would be great to get Chris Shelton who mixed the Creation Records albums to make it sound even better.

 

Q: It is a marvelous collection of songs Nick. I saw the show last night and you rather astonishingly wrote a couple of parts on stage. Do songs come that naturally to you all the time?

 

NH: I do it to relax myself. Doing songs that you’ve already done and that you’ve already known I think is harder to replicate. Families I think are structured in nature to have somebody good at one thing and somebody else good at another and those two people are not good at the same thing.  My brother is really good at replicating things. He can play a guitar solo ad then play it exactly the same straight after and I can’t do that but I can make up new stuff. Like this conversation we are having now, we are in uncharted waters and I feel really relaxed in that place, improvising. Even if I sing a wrong note or go blank when I’m doing that on stage, it doesn’t matter, it feels nice.

 

Q: You completely threw me, I thought you were playing a new song.

 

NH: Yeah. I didn’t record it so I don’t know what it was. (laughs) In the soundcheck we do that as well and that’s how we write new songs.

 

Q: It was something like I love you more each day…

 

NH: Well that’s the thing, I don’t remember them. My brother will remember what he’s just done but I don’t.

 

Q: To you, which sounds better; the CD or the vinyl?

 

NH: I made it to be an album in my head so I’d pick the vinyl.

 

Q: I’ve seen some good merchandise over the years; Woodland Echoes Tea...a big tea drinker?

 

NH: Yeah! I’ve always wanted a tearoom and Joe Stopps who is managing the project got to know me as we have worked together over four or five years on various projects said ‘Nick, I think you should have some tea.’ (laughs)

 

Pelican West

 

Q: On Pelican West you are credited as the songwriter, lead guitarist, rhythm guitarist, vocals and sleeve concept. Bob Sargeant is credited as the producer but were you a bit hands-on at the desk as well?

 

NH: Well because it was my vision if you like, the creative guy in it where people would turn to me and go ‘What is this about?’ or ‘What are you doing here?’ then yes but it wasn’t like I was in charge of everything. Everybody was free to do anything they wanted but they would always look too me for the concept of it. ‘Why are you putting a car on that song?’ and ‘Why is there a bird?’ and stuff that happened but that’s the whole joy of a band and a producer and the creative workshop when you are in there. I didn’t write Les’ bass lines and when Mark who lives and breathes Latin-American-Brazilian percussion said to Phil ‘I’m not quite sure of that brass line on Favourite Shirts…(Nick sings original brass line) which we used to do live but it sounded slightly Benny Hill and it got changed to the one you know now, magic moments like that when everybody is chipping in are just fantastic. Bob Sargeant was good at chipping in brass lines, Les, myself, we were all brass enthusiasts. I did get them all to wear the Fishermen’s socks which they never thanked me for. (smiles)

 

Q: How about all the 12” mixes, extended versions and all that on the Cherry Red re-master, deluxe edition? Did you have a hand in them?

 

NH: Yeah everybody was involved in one big crazy creative workshop. I did stay there a lot more though. I practically lived in the Roundhouse doing all night sessions and wouldn’t go. The receptionist used to come in in the morning and work around me because I was asleep in her office. I was so enthusiastic because I was making an album and Uriah Heep were in the next room making a record and I had put together their album sleeves at a place called House of Wizard where I used to be a junior sleeve designer.

 

Q: Which Uriah Heep covers did you do?

 

NH: Ermm..Stained Class…

 

Q: That was Judas Priest Nick.

 

NH: Oh so it was! Uriah Heep…I’d have to look that one up. They were on Bronze Records and Uriah Heep and Motorhead were recording when we were doing Pelican West.*

 

Q: That was a crazy age of vinyl and videos all of which I still love. When Arista said to you they were going to make a video of Love Plus One, African theme with cannibals and you’re going to be dressed as Tarzan, what was your reaction?

 

NH: (smiles) No I didn’t understand any of that but none of us knew what we were in for until we turned up. On that one, we were so busy that things were just being done and we would turn up at places because our schedule was so intense. We turned up, looked at the jungle set and thought ‘Love Plus One?’ No idea what’s going on. 

 

On Stage

 

Q: Cooking band Nick, how long have you been together?

 

NH: Phil on bass I made a lot of Woodland Echoes with and I’ve been working with him for twenty years, the same as Ant on keyboards; Phil normally plays keyboards but he plays bass on this tour. Andy plays with Faithless normally and was recommended through Ant and we’ve been playing for a few years now. Then I brought Phil’s son Oliver on guitar, normally it’s Bryan who plays guitar and Rob on sax who comes from Henley where I used to live – my son still lives there and runs Zak Starkey’s studio – and then Ollie doing sound so it’s a bit of a team.

 

Q: They look like the same guitars you’ve had since the eighties. Are they?

 

NH: No. Gibson provided them. I got in touch with Gibson for this because I didn’t trust bringing my guitars through customs with connecting flights and everything. I’ve had two disappear in the early days. My orange Chet Atkins disappeared in customs which was heartbreaking and I had my blonde Gibson disappear and then when Gibson supplied two guitars for this, one was a blonde so I thought I’ve got my baby back’. Gibson are great, even though he guitars are old and not set up properly, they are really good.

 

Q: Obviously a big Beatles fan given you’re a Hard Day’s Nick EP and you did a terrific version of Dr Robert last night. Have you ever met a Beatle?

 

NH: I’ve met two. I didn’t get into The Beatles until late and it was in the Haircut 100 time that I did. It was on the tour bus and I just started playing them and playing them and playing them and just being mesmerized because I had been through Punk and everything and didn’t listen to The Beatles and before Punk I was listening to Genesis, Montrose, early Status Quo, Steely Dan, Doobie Brothers and stuff. We were making the second album and I got a phone call into the studio and someone said ‘It’s Linda McCartney on the phone.’ Now, you just don’t believe that. I thought it was my mate Austin but I picked it and it was quite clearly Linda McCartney. She was really cool and said she was having a photograph exhibition, Paul’s going to be there, the kids are really into the band would I like to come along? So Gaham and I grabbed or stuff went up to London and I have a photograph of the first time meeting Paul and Linda; it was just a complete moment. Then I just started bumping into them! It was really weird. I was on the plane when Paul and Linda were arrested coming back from the Caribbean - I just happened to be on that flight.** Then Dave, my manager at the time who was working at Arista Records when the band were falling apart, he kept saying I should work with Geoff Emerick. He kept playing me Elvis Costello’s Imperial Bedroom and I was so blown away with it I thought that this was how I wanted Haircut 100 to sound, how we should develop, the next album but the band were not into The Beatles thing really and they wanted to stay, understandably, as they were. It was good, it was our thing but I’d heard things like Town Cryer by Elvis Costello and I had written The Day It Rained Forever which I imagined that as a large landscape. We did a photo session down on a beach and it was really moody and I wanted the second album to go that way but it wasn’t really happening and there was lots of other problems as well so…ermmm…what was the original question? (laughs)

 

Q: (laughs) Meeting Beatles.

 

NH: Oh yes! So then I went into Air Studios to do my vocal as I didn’t want to go into the Roundhouse as I had had a bad experience there. Going back, this was a different person and at the time I didn’t know what it was but now I know it was stress from being overworked and not sleeping and stuff but it manifested as ‘I can’t go in that studio’. So I was in Air and Geoff Emerick used to walk past and George Martin also used to walk past but one day I grabbed Geoff and said I’d like to work with him together in some way which we did one weekend. Paul was taking a break from recording for the weekend but all his equipment was around and was inspiration enough for things like Whistle Down The Wind. His fretless Yamaha bass was there he used on Silly Love Songs and Coming Up and his Hofner was there as well. I was just getting into it and then one day his daughter Heather walked in and said she had just found this stray dog and do I need a dog…Ringo popped in as well. All lovely people, magical people.

 

Q: Mr Heyward, thank you very much. Thoroughly enjoyable to talk to you.

 

NH: Oh likewise. Thank you.

 

 

*Sessions show that Uriah Heep were recording Abominog; Motorhead were most likely doing demos for Iron Fist.

 

**18th January 1984

ニック・ヘイワード インタビュー

2018年8月16日

 

ニック・ヘイワード / Nick Heyward (Vocals, Guitar)

アンソニー・クラーク / Anthony Clark (Keyboards)

オリバー・テイラー / Oliver Taylor (Guitar)

ロブ・ディグウィード / Rob Digweed (Saxophone)

フィリップ・テイラー / Philip Taylor (Bass)

アンドリュー・トレーシー / Andrew Treacey (Drums)

 

ニックは温かく私を迎えてくれ、彼がむしゃむしゃ食べていたスナック菓子を私にも勧めてくれた。インタビューはまず、前夜に彼が喉の痛みを和らげるためにハーブ・ティーを飲んでいたので、彼の体調のことから始めた。

 

Q:喉の調子はいかがですか?

NH:徐々に良くなっているよ。ありがとう。飛行機の中で調子悪くなったと思うんだ。飛行機を3回も乗り継いできて、すぐにライブに向かったんだ。それでいきなり32曲を歌うことになったんだけど、それで声が潰れてしまった。今までにはなかったことさ。3回も乗り継いで、丸2日間を飛行機の中で過ごしたこともこれまでなかったことだった。

 

Q:どこで乗り継いだのですか?

NH:タンパからデトロイトに行って、デトロイトから東京、そして東京から大阪だよ。

 

Q:前回の来日からもう20年も経ってしまいました。アルバム『The Apple Bed』が出てからも20年です。

NH:なんと!何から話そうか?個人的な事もいろいろあったからね。人生では誰しもが経験することなんだろうけど、両親が亡くなったんだ。歳は食ってるけど、何もする当てが見つからなかった。泳いだこともない海に初めて飛び込んだ時の気持ちを誰かに話そうとしているみたいな感じだったよ。何かスピリチュアルな経験が自分に起ころうとしているように感じた。この気持ちは大事にしたかったけど、とても心が痛かった。だから口に出すことさえできなかったんだ。この影響は、僕の肉体的なところにも現われたよ。そこから立ち直るのに数年かかったよ。L.A.に移住してからまた演奏するようになったんだ。ラーゴという、フラナガンという人物が経営しているクラブに行ったんだよ。そこでレギュラー出演していた、ザ・グレイズやジェリーフィッシュのメンバーだったジョン・ブライオンという奴を彼から紹介されたんだ。その夜はとても素敵な夜だったんだ。そこが気に入ってね、よく通うようになったんだよ。彼らと話していると、僕にステージに立たないかって言うんだ。快く引き受けてステージに立った。ライブの後で彼の所へ行って、「今日のギャラは千ドルだな。」と言うと、彼はその場で千ドル払ってくれたんだよ。そのお金を見て、よく考えれば、この業界に入って初めて自分で汗をかいて手にしたお金だと思ったんだ。何かをやって、その場で対価をもらったなんて経験はなかったからね。ちょっと当惑したし、驚いたけど、勇気付けられたよ。自分を解放したような体験だったね。

 

Q:そんなことが・・・

NH:そうなんだ!それでかつてのようなライブとプロモーションの世界に戻ったというわけさ。ツアーもやってきたけど、それはいつも「プロモーション(販売促進)」のためだって言われてて、そこで実際にお金を稼いだことなんて体験してこなかったんだ。なのに、クラブに出演したらその場でお金を手にした。フラナガン曰く、「一人10ドル払ってくれるお客が100人いれば、ミュージシャンを雇えて、バーで食べ物も出せるんだ。」って。僕のキャリアでは、そんな簡単な仕組みだなんて思いもしなかったよ。これが1998年から99年にかけてのことだった。それで僕は言ったんだ。「またやらせてもらえるかな?」って(笑)。「こういう形はいいもんだ。」って思ったんだ。その場でギャラをもらえるしね。僕にはエージェントもマネージャーももういなかったからね。自分で家賃を600ドル払ったことがあるよ。働けば支払いもできる、そう思った時にライブを再開することにしたんだ。イギリスに戻って、ABC、ヒューマン・リーグ、ヘヴン17、キム・ワイルドたちといくつかコンサートをやったんだ。そのギャラももらった。初めて自分の将来やお金のことで不安に思わなくて済んだ機会だったよ。クリエーション・レコードとソニーに所属してて、契約の前払い金をもらったけど、何年もやってきたのにもらったのはそれっきりだったよ。

 

Q:今のあなたはとても自然体で健康に見えますよ。

NH:ありがとう。こうしかしようがなかったんだ。両親が亡くなった時には体調も崩したからね。90年代の終わりから2000年代にかけて体重が増えてね。90キロから93キロくらいまで太ったんだ。自分の身長を考えると、それは太り過ぎだった。だから考え直したんだ。誰しも何かを自覚しないといけないものだね。

『Woodland Echoes』

Q:あなたは世界中で評価されていますよ。今でもそれは変わらないですが、それが重荷になったことはありますか?またそんな評価に面食らったことはありましたか?

NH:2007年くらいからそんな感じになったね。MySpace上でちょっとしたおふざけを載せていたんだ。そんなことが楽しかった。でもまさかまたこの業界に戻るなんてことは考えもしていなかったよ。その方がまともだと思っていたからね。

 

Q:そうですね。

NH:ああ、今でもそうなんだろうね。でもインディーズもだめだったんだ。2007年から現在までの間にインディーズはすごく健全になったよ。それはともかく、MySpaceでやってたことを人は評価してくれたし、もっと何かやればいいんじゃない、と言ってくれたんだ。アルバムを出す?でもアルバムを出すには、どこかと契約しなきゃならない。僕はアルバム作りのことを考えるようになった。それでアイデアを集めて、それをアルバムにできないかと考え始めたんだ。何か本を執筆するのと似た感じだった。まだ第一稿も書き上げていない。他のもの、例えばインスタグラムでも、ただ写真をアップすればいいってもんでもないだろう?きちんと意味のある形にしてアップしなきゃいけない。僕はヘアカット100以前にもコマーシャル・アーティストとしてやってたんだからね。そこでアイデアを拾い出した。息子がちょうど成長して、知識も身に付けていたから、機材も揃えたんだ。息子がいいマイクなんかを推薦してくれて、とても曲がいい感じになってきた。それからそれらをレコーディングした。これをクリエーション・レコードのクリス・シェルトンにミックスしてもらえれば、きっといいアルバムになると思ったね。

 

Q:あなたの曲はいいですよ、ニック。昨日、ショーを観たのですが、驚くべきことにあなたはむしろステージ上で即興で曲を作っていたような印象でした。いつでも自然に曲のアイデアは湧いてくるのですか?

NH:リラックスできればできるんだ。過去の曲ということになると、良い所ばかりで出来ているわけじゃないんだ。家族でも、一つのことに長けた人間がいるかと思えば、別のことに長けた人間もいる、というのが自然な構成だろう?僕の弟はいいとこ取りをするのが得意でね。ギター・ソロも弾けるし、その後のプレイもうまくこなせる。僕にはそれができないけど、僕には曲が書けるんだ。今、このインタビューもどうなるか分からないけど、僕はリラックスしているし、臨機応変に応じている。ステージで歌詞を間違ったり、忘れたりしても、大したことじゃないんだ。そんなこともあるさ、って風に思うんだ。

 

Q:おっしゃるとおりです。昨日はまるで新曲をプレイしているように思えましたよ。

NH:ああ。でもまだ実体が把握できていないからレコーディングはしていないんだ(笑)。サウンドチェックでもあの曲をやったんだけどね。あれが新曲さ。

 

Q:日を追うごとに誰かを好きになっていく、みたいなことに似てますね。

NH:そうなんだ。はっきり意識してはいないんだけどね。僕の弟はその辺ははっきり憶えられるんだけど、僕はできないんだな。

 

Q:あなたにとって、「いい音」というと、CDですか?それともアナログ盤でしょうか?

NH:アルバムということで想起するのはLPだね。

 

Q:ここ何年もの間にいい商品が出てきているんでが、「Woodland Echoes Tea」はお茶マニアのことですか?

NH:そう!僕は自分のティールームというのがずっとほしいと思っているんだ。ここ4、5年僕のプロジェクトを一緒にやってくれているジョー・ストップスが言うんだよ。「ニック、もっとお茶を飲んだ方がいいね。」って(笑)。

『Pelican West』

Q:『Pelican West』には、あなたが作曲、リード・ギター、リズム・ギター、ボーカル、アルバム・ジャケット企画でクレジットされています。ボブ・サージェントがプロデューサーとしてクレジットされていますが、あなたもプロデュースには関わったのですか?

NH:まあね。僕のやりたいアルバムだったからね。クリエイティヴな人間は「これはどうかな?」とか「ここで何かやってみたいかい?」って訊かれれば、イエスと言っちゃうよね。でも全部を仕切るのは嫌なんだ。自由にやらせてくれるならいいけど、それを過度に期待されてもね。「なぜあの曲のテーマを車にしたんだい?」とか、「なぜ鳥を登場させたんだい?」とか言われても、それがバンド、プロデューサー、スタッフ全員の喜びでなきゃならないからね。僕はレスのベースラインまで指示しなかったしね。ブラジル風パーカッション担当のマークがフィルに言ったんだ。「<Favourite Shirts>のホーンのフレーズはあれでいいのかどうか分からない。」(ここでニックが原曲のホーンのフレーズを口ずさむ)って。いつもライブではそうやっていたもので、ちょっと「Benny Hill」に似ていた。意を決してそれを変えてみた時、関わっている全員が感じた「魔法の瞬間」が訪れたんだ。ボブ・サージェントがホーン・アレンジでは腕を発揮してくれた。レスや僕、バンド・メンバーはみんなホーンが大好きなんだ。僕はスタジオの全員に水夫用の靴下をプレゼントして履いてもらったんだ。大したものじゃなかったけどね(笑)。

 

Q:12インチ・シングルやエクステンディッド・バージョン用のミックスやリマスター&デラックス・エディション向けの「Cherry Red」のミックスなどについてはどうでしたか?

NH:ああ、あれらについては全員が「燃えて」取り組んだよ。僕は実際に毎晩セッションに明け暮れてて、ラウンドハウスに住んでいたようなものだったからね。受付嬢が毎朝やって来て、僕の辺りで仕事を始めるんだ。僕が彼女のオフィスのソファで寝ていたからね。とてもワクワクしたよ。アルバムを作っているんだという実感があったし、隣のスタジオではユーライア・ヒープがレコーディングしていたからね。彼らの『House of Wizard』というアルバムのジャケットでは僕がアイデアを提供したんだよ。僕はデザイナーの端くれだったからね。

 

Q:ユーライア・ヒープのジャケットをデザインしたのですか?

NH:んー・・・・ステンド・グラスだったかな・・・

 

Q:それはジューダス・プリーストですよ、ニック。

NH:ああ、そうか!ユーライア・ヒープのを一度見てみないとね。彼らはブロンズ・レコードの所属だった。ユーライア・ヒープとモーターヘッドは僕らが『Pelican West』を制作している時にレコーディングしていたんだよ。*

 

Q:その頃はLPやビデオが全盛の時で、私が一番好きな時代です。アリスタ・レコードが「Love Plus One」のビデオ制作時、人食い人種のいるアフリカをテーマにしてあなたにターザンの格好をさせましたよね。あの時はどう思っていたのですか?

NH:(微笑みながら)まったく理解できなかったけど、僕らがブレイクするまでは何でもやらされるんだとは思ってもみなかったんだ。あれについては、僕らは忙しくて、検討している暇はなかったんだ。だからやるしかなかった。スケジュールもタイトだったしね。いざやる段になってジャングルのスタジオ・セットを見て思ったよ。「これがLove Plus Oneなのか?」って。何が進行しているのか、まったく見えなかったよ。

 

オン・ステージ

Q:ニック、今のバンドとはもうどれくらいやっているのですか?

NH:フィルとは『Woodland Echoes』を一緒に作ったし、20年以上やってるね。キーボードのアントとも同じくらいだ。フィルもキーボードをプレイするけどね。でも彼はこのツアーではベース担当なんだ。アンディは‘フェイスレス’のメンバーだったんだけど、アントに紹介されたんだ。彼らとはもう4、5年になるね。それからフィルの息子のオリヴァーがギターで加わった。いつもはブライアンがギターで、僕がかつて住んでいたヘンリー出身のロブがサックスなんだ。僕の息子は今でもヘンリーに住んでいるよ。ザック・スターキーのスタジオの運営をしているんだ。最後にオリーが加わって、このチームになったのさ。

 

Q:彼らのギターは80年代にあなたが使っていたギターを持っているように見えるんですが?

NH:いや、ギブソンが彼らに提供してくれたギターだよ。ツアーに関してはギブソンとコンタクトを取っていたんだ。僕は航空機移動やなんかで税関を通る際にもギターを安全に扱ってくれるのかどうか不安に思っていたからね。初期の頃に2回も酷い目に遭ったんだ。僕のオレンジ・フィニッシュのチェット・アトキンス・モデルが税関でなくなって、めちゃくちゃへこんだということがあったし、ブロンド・フィニッシュのギブソンもなくなった。このツアーのためにギブソンが2台のギターを提供してくれんだ。1台はブロンド・フィニッシュで、あの時の僕のギターが戻ってきたような感覚だった。ギブソンは素晴らしいよ。古いのはセットアップするのも大変だけど、それでも素晴らしいギターさ。

 

Q:『Hard Day’s Nick』なんてEPを出していることからも、あなたがビートルズファンであることは明らかですが、昨夜は「Dr Robert」の凄いバージョンをプレイしましたね。ビートルズのメンバーに会ったことはあるのですか?

NH:2人に会ったことがあるよ。ビートルズが存在していた時代には会えなかったけど、ヘアカット100時代に会えたんだ。ツアー・バスでビートルズ・ナンバーばかりを延々とプレイしていたことがあってね。もう催眠術にかかったみたいに。あの頃はパンクの時代だったから、ビートルズは全然聴いていなかったんだ。パンクの前にはジェネシス、初期のステイタス・クオー、スティーリー・ダン、ドゥービー・ブラザーズなんかを聴いていた。セカンド・アルバムを作っていた頃だね。スタジオに電話をかけると、誰かが出て、「リンダ・マッカートニーが電話をとったわよ。」って言うじゃないか。信じられなくてね。僕の友だちのオースティンが騙しているんだと思ったんだ。でもまさに本当のリンダ・マッカートニーだったんだよ。彼女はとてもクールに話してくれてね、写真の展覧会を開いているところで、ポールはそれを観に行く予定らしくて、子供たちもバンドと一緒にいるって言うんだ。それで、よかったらこっちに来ない?って言うから、僕とグラハムはロンドンに飛んで行ったんだ。初めてポールとリンダと一緒に写真を撮れたよ。定められたような運命の瞬間だったね。それからというもの、彼らの虜になったよ!ほんとに不思議なことだった。ポールとリンダが逮捕されてカリブ海から戻って来る時のフライトに僕も乗り合わせていたこともあるよ。** アリスタ・レコードで当時の僕らのマネージャーだったデイヴが、バンドが解散した時に僕はジェフ・エメリックと仕事をすべきだったねと言ったんだ。彼はよく僕にエルヴィス・コステロの『Imperial Bedroom』を聴かせてくれたんだけど、それにはまってね。ヘアカット100のサウンドはこんな風にしたいと思っていたんだ。どうすればこんなサウンドになるのかな、って思ってて、次のアルバムではどう発展させようかと考えていたんだけど、バンドの連中はビートルズにはまったく興味がなかったから、ロンドンに行きたがらなかったんだ。仕方ないと思ったよ。でもエルヴィス・コステロの「Town Cryer」を聴いて、僕は「The Day It Rained Forever」を書き上げた。あの曲でイメージが頭の中で広がったんだ。浜辺で写真撮影をしたんだけど、とても雰囲気が良くてね。セカンド・アルバムはこんな感じのものにしたいなと思っていたんだけど、そうはいかなかった。他にもいろいろ問題が出てきたりしたからね。・・・・えーっと、何の質問だったっけ?(笑)

 

Q:(笑)ビートルズのメンバーに会ったことがあるか・・・

NH:そうだった!それで僕のボーカルを録音するためにAIRスタジオに入ったんだ。嫌な思いばかりしたラウンドハウスには行く気がなかったからね。この時のラウンドハウスのスタッフは違う人になっていた。当時、理由は判らなかったけど、後になるとオーバーワークで一睡もしていなくて、ストレスから「もうあのスタジオには行けない」ってなったらしいと判った。それでAIRスタジオに行った。かつてジェフ・エメリックやジョージ・マーティンが歩き回っていた所だよ。ある日、ジェフを見かけて声を掛けたんだ。「いつかの週末に是非一緒に仕事をさせていただきたい」ってね。ポールは週末にはレコーディングを一旦休むことになっていたから、彼の機材はそのままそこにあるわけだからね。『Whistle Down The Wind』の世界みたいな事が起こるんじゃないかって閃いたんだ。ポールのフレットレスのヤマハ製のベースはそこに置いてあるままだった。「Silly Love Songs」や「Coming Up」で使ったやつさ。彼のヘフナーもそこにあった。スタジオに入っていくと、ある日、ポールの娘さんのヘザーが入ってきたんだ。迷子になった犬が入ってきてないか?ってね。彼女に続いてリンゴも入ってきたんだよ。愛すべき人たちだったよ。まるでマジックみたいだった。

 

Q:ヘイワードさん、どうもありがとうございました。とても楽しかったです。

NH:僕もだよ。ありがとう。

 

*・・・このセッションは、ユーライア・ヒープが『Abominog』をレコーディングしていた時で、モーターヘッドは『Iron Fist』のためのデモを制作していた。

**・・・1984年1月18日