JODY WATLEY

日本語で読む

6th February 2017

Q: A belated happy birthday – how did you celebrate?

 

JW: I’m still celebrating! Doing shows and being with fun people. Every day is kind of a little birthday.

 

SRL.

 

Q: Listening to your three releases so far, I hear a balance of new and old styles, sounds and arrangements which blend seamlessly and your full length debut is called Bridges. Are you sending out a message here or am I reading something into it that’s not there?

 

JW: We collectively came up with the title because of the sound that we wanted to establish and not just in the sound either but in our concerts. It’s the diversity, it’s multi-generational. It’s like in the song, some bridges you burn and some bridges you build and we’re about building bridges and pathways to new beginnings. As you said, it does blend different sounds and styles and we all have different personalities so we thought Bridges was a great metaphor as a debut.

 

Q: When will it be out?

 

JW: It should be out this summer. We’re putting the finishing touches on it and our goal is June.

 

Q: What inspired the lyrics to Original and Slow Dance?

 

JW: For original, when we first got together, there was some backlash from the social media – especially with the guys. I’m used to it but people were writing ‘Who are they?’ and you know, Rosero (McCoy) is a renowned choreographer who worked with Michelle Obama on her fitness campaign, Prince, Justin Timberlake and many others and he’s as original as he can be then there’s us and none of us are trying to be anybody else but us. We are just trying to encourage people to be original but no matter what, people are always going to have something to say so the statement is that we are a new group – not a reboot of something from the past.

 

Q: I’m saddened and shocked that there was a backlash.

 

JW: Yeah I was. It really came from older fans who were fans of Shalamar that somehow felt very intimidated by what we were doing. I’m not trying to recreate anything, the past is the past and if you love the music that’s fantastic and I think it kind of arose from that but the thing that has been exciting for me is to see us creating a lot of new fans and a lot of Jody Watley fans totally embrace. They can see we have great chemistry together and they love the guys. Nate is a sweetheart and has become the heartthrob of the group.

 

Q: I love it.

 

JW: I’m glad you do. This is what we wanted to do as a group. No one put us together and while we’ve been working, they’ve been pushing me as well. I’m very creative but it’s refreshing to not have to think of every single thing and to bounce ideas off of each other.

 

Q: How involved of the recording, production and videos are you?

 

JW: Very! They tell me I’m the icon of the group so they don’t want to mess up anything I built (laughs) so they have a great amount of respect for me but what I want people to know is that it’s not me telling these two young men what to do. We really are a collaborative effort…though I do have the final say (laughs). They do say as well though, ‘Before you shoot it down, just listen’ and I do listen and I really haven’t. It’s cool.

 

Q: Did you design all your clothes for the videos?

 

JW: Everybody did their own. We all have our own vibes.

 

Q: My favourite is the black and white dress in The Mood video.

 

JW: Oh thank you! In that I just wanted to be the Goddess of Love. A lot of people asked why I didn’t have a love interest in that but it’s because I didn’t want one. I just wanted to be breezing through and beautiful. It was wonderful to get to film a video in Hawaii as we were doing shows down there. Again though, in this era, the videos with YouTube and things that like that are really helping to build the profile of the group. We had a great time filming them.

 

Jody Watley

 

Q: You’re a Grammy Award winning, multi-million album selling fashion icon, a stylist and dancer who acts on Broadway, runs her own record label, you are also a recipient of Billboard’s Lifetime Achievement Award and get to meet Presidents. That’s quite a CV….

 

JW: Yeah but I never think about it until it comes up. I’m just a young lady from Chicago who had dreams. A lot of veteran artists get very jaded and lose their enthusiasm in some ways, it becomes very routine but I always feel like I’m just starting out. I never think that I’ve done this that and the other and I think that’s why my enthusiasm continues. I’m just enjoying the journey. It’s important to be in the moment and this is the best time of my life I think. Some people talk about the good old days but I say the best days are now – we’re alive now. Memories are fantastic but if you always think the best is behind you then you’re not open to more beautiful opportunities.

 

Q: So at what point did the little girl from Chicago become the business woman of today - not a dancer and a singer? When did you start to learn?

 

JW: Well I’m still learning – it is a continuous process. The entrepreneurial side of me really started when I was a little girl. When I was in Jr High School, I could sew so I would make pillows and different little clothing items and sell them. I’ve always loved flowers and I would make paper mâché flowers, put a little perfume on it and sell them. I always had that and of course I was also interested in music. The song writing started at the same time: I would write poetry which turned into song writing. I started my label in ’95 which was inspired by Prince when he left Warner Brothers and started NPG. I wasn’t disgruntled with my label but I was aware that the form or record labels had changed from when I first started to them becoming more corporate. MCA which was my first solo label became Universal and it’s just like when George Michael sued CBS because it became Sony and he said ‘I didn’t sign to a software company’. That was very much a time when I thought I should take more of it on instead of waiting to get signed to another label. It’s just a continuous process.  

 

A couple of things from the past

 

Q: 25th November 1984, you are at Sarm West Studios with the elite of British Pop recording Do They Know It’s Christmas – what do you recall of that?

 

JW: Oh man! You know, to this day, it’s just so astounding to be a part of that. It was just everybody…Duran Duran who were my favourites, Sting…I just couldn’t believe I was in the room and that I got the opportunity. One of the funny things was that the only other women there were Bananarama and when people asked how they were I said they were horrible too me and blew cigarette smoke in my face a couple of times where everybody else was really nice. Then I reconnected with Siobhan a few years ago  - she lives in Los Angeles and we were at a disco called Georgio’s – and she was so sweet and we had a laugh about it. She said ‘Jody, we loved you. We were so hungover, didn’t know where we were blowing cigarette smoke!’ (laughs) None of us knew it would be the monumental record that it was though.

 

Q: Your Godfather was Jackie Wilson: what’s your favourite story he told you about the Rock ‘n’ Roll era or you have of his memory?

 

JW: He was the first guy to bring me on stage. I was very shy as a child and I would always be performing in my room but at that moment he saw something in me. He was great friends with my Mom and Dad and I was in the wings on the side of the stage watching him one night and he came over, took my hand and brought me on the stage and I just started dancing. I wasn’t afraid and it obviously probably changed my life but the thing I remember to this day is that he was the best smelling man I have ever known. When I think of Uncle Jackie – that’s what my brother and I used to call him – he smelt really good. He’s one of the great performers of all time, the women used to go crazy for him and I was so fortunate to have known him a little bit and for him to be my Godfather is amazing.

 

Q: There’s a little light that goes on in your eyes when you talk about him.

 

JW: (laughs) Yeah it’s pretty awesome. My Mom and Dad had a lot of friends in show business. Aretha Franklin has known me since I was a little girl and I just did her Christmas party where I sang two songs. She invited me along and ‘You really woke this crowd up’. I guess a lot of this comes from my parents and in many ways I was destined to be involved in some way in show business.

 

Q: Ms Watley, thank you very much.

 

JW: Wonderful – thank you.

Q:遅れましたが、お誕生日おめでとうございます。何かお祝いはしましたか?

JW:まだお祝い中よ!そのムードでショーもやっているし、楽しい人たちに囲まれているわ。毎日が誕生日会みたいなものね。

 

SRL.

Q:これまで私はあなたの作品のうち、3作を聴いてきたのですが、思ったことは、新しいスタイルと昔ながらのサウンドとアレンジが見事に溶け合っているということなんです。あなたの久々のフル・アルバムは『Bridges』というタイトルのようですが、そこに何か伝えたいことはあったのでしょうか?それとも特にそんなものはなかった?

JW:そのタイトルは考え抜いて決めたのよ。というのも、そういうジャンルを作り上げたいと思っていたからなの。単なるサウンドじゃなくてね。でもコンサートでは、いろいろなことをやるわ。いろいろな層を楽しませるようにね。歌の中にぐっとくる箇所があったりなかったりするみたいなことね。私たちは新しいことへ橋を架けて、道を拓こうとしているのよ。あなたが言うように、いろいろなサウンドやスタイルが混じり合っているわ。私たちメンバーにはそれぞれ個性があったから。だから新たなデビューには「ブリッジ」というタイトルがぴったりだと思ったのよ。

 

Q:いつ頃リリースの予定ですか?

JW:この夏には出ると思うわ。今、仕上げ段階に入っていて、6月には終わらせるわ。

 

Q:「Original」とか「Slow Dance」の詞は何がヒントになったのですか?

JW:「Original」はね、私たちが一緒にやり始めた頃、SNSが炎上したの。それも男性のファンたちから。私もかつてはよくやったことだけど、「こいつらは誰だ?」ってことになったのよ。ミシェル・オバマのフィットネス・キャンペーンやプリンス、ジャスティン・ティンバーレイクと仕事をしていた振付け師のロゼロ(・マッコイ)の個性が素晴らしかったから、私たちもそうでなくっちゃ、って思ったの。私たち以外にはやれないオリジナルをやるってね。世間では、ただの新しいグループだろうって思うのだろうけど、過去の焼き直しなんかじゃないのよ。

 

Q:炎上したなんて、悲しい話ですよね。

JW:ええ。“シャラマー”時代からの古いファンの人たちが火を点けたのよね。今、私たちがやってることが昔と違うじゃないか、ってことでね。私は昔のものを焼き直す気はないし、過去は過去なのよ。音楽を愛するって素晴らしいことよ。でも私がワクワクするのは、新しいファンを開拓することなの。どんな私でも愛してくれるファンをね。そういうファンなら、私たちが起こす化学反応も分かってくれると思う。ネイトは本当に素晴らしい人で、グループの原動力と言えるわね。

 

Q:私もその考えに賛成です。

JW:そう言ってくれて嬉しいわ。これが、私たちがグループとしてやりたいことなのよ。誰に強制されたわけでもなく、このメンバーが集まった。一緒にやっていると、どんどん背中を押してくれる気がするの。すごくクリエイティヴになれるし、細かな事をいちいち考えなくてもいいから、新鮮な気持ちなの。メンバーで互いにアイデアを出し合うのよ。

 

Q:あなたはレコーディング、プロデュース、映像制作という部分ではどこまで絡んでいるのですか?

JW:どれにもどっぷりよ!私がグループのアイコンだからと言われて、他のメンバーは何もしようとしないのよ。だから私がやってるの(笑)。メンバーは私をすごくリスペクトしてくれているんだけど、私が全部指図をしてるんじゃないということは分かってほしいわ。メンバーはお互いに協力し合って物事を進めていて、最後に私が決めるのよ(笑)。彼らが言ってくることだってあるわよ。「ボツにする前に聴いてみてくれよ。」って。それで聴いてみてから、ボツにするのよ。かっこいいでしょ?

 

Q:ビデオ用の衣装はあなたが全部デザインしているのですか?

JW:メンバーはそれぞれ自分でやっているの。自分の感性でね。

 

Q:私は「The Mood」の黒と白のドレスが気に入っているんですよ。

JW:そう、ありがとう!あのビデオでは、私は「愛の女神」になるつもりだったの。世間ではなぜ私に恋愛沙汰がないのかって言われるんだけど、私は一人だけに絞りたくないのよ。ただ愛のフィーリングを感じて、美しくありたいだけなの。ハワイでビデオを撮影できて最高だったわ。あそこでコンサートもしたしね。現代では、グループの実体を分かってもらうにはYou Tubeにビデオがアップされるということが役に立つわよね。ビデオを撮影するのはとても楽しいし。

ジョディ・ワトリーという人

Q:あなたはグラミー賞も獲得し、アルバムもマルチ・ミリオンセラーを記録し、ファッション界でもアイコンであり、スタイリスト、ダンサー、ブロードウェイの俳優も務め、ご自身のレーベルも運営されています。さらに ビルボード誌の「ライブタイム・アチーヴメント」賞も受賞され、大統領にも会われているという、八面六臂の・・・・・

JW:ええ、でもそういう機会が与えられるまでは、どんなことも事前に考えていたわけじゃないの。シカゴから夢を見て出てきた少女に過ぎなかったのよ。ベテラン・アーティストの多くは疲れ切って、ある意味情熱を失くしているでしょ?仕事が惰性になっている。でも私はいつも初心を忘れていないわ。もうこれはやった、これは終わり、なんて決して考えない。だからいつまでも情熱を失わずに済んでいるんだと思うわ。この仕事を楽しんでいるの。この瞬間が人生の最良の時だと思うことが大事ね。古き良き時代のことばかり言う人がいるけど、良き時代は今なのよ、って私は言うのよ。今、生きているんだから。思い出も素晴らしいでしょうけど、過去を最良だと思っていたら、これからの素晴らしい機会を見逃してしまうわ。

 

Q:どういうことで、シカゴから出てきた少女がダンサーや歌手のみならず、ビジネスにも長けたのでしょう?その世界の勉強をいつから始めたのですか?

JW:まだ勉強中なのよね。ずっと続けないと。私の企業家としての側面は、昔からあったと思うわ。中学生の時には、枕やちょっとした小物を自分で縫って作って、それを売ってたから。花はずっと好きだったし、紙で造花も作って、それに香水をふって売ってたこともあるわ。そんなことをしながら、もちろん音楽は大好きだった。同じ頃に作曲も始めたわね。まず詩を書いて、それにメロディを付けた。自分のレーベルは、プリンスに刺激を受けて95年に設立した。彼がワーナー・ブラザーズを離れて、NPGを始めた時ね。私の所属レーベルに不満があったわけじゃないけど、自分のスタイルやレコード・レーベルを変えることはいつも考えていた。自分でやり始めた時からより具体的になっていったの。私が最初にソロで契約したMCAはユニヴァーサルに変わったでしょう?ジョージ・マイケルがCBSを訴えたようなことよ。CBSがソニーになって、彼曰く「僕はソフトウェアの会社と契約した憶えはない。」っていうことなのよ。そういうこともあって、単にレーベル移籍をする代わりにもっと考えなきゃ、って思ってた時がそのタイミングだったのよ。

過去のこと

 

Q:1984年11月25日、あなたはブリティッシュ・ポップ界のエリートたちと共にサーム・ウェスト・スタジオに居ましたね。「Do They Know It’s Christmas」をレコーディングするために。あの時の思い出は何かありますか?

JW:よく聞いてくれたわ!今でもあそこに居られたことが驚きなの。私がファンだったデュラン・ディランとか、スティングとか・・・同じ部屋に居るのが信じられなかったわ。そんなチャンスを与えてもらったのよ。面白かったのは、他の女性アーティストでバナナラマがいたことね。なぜ彼女たちがいるんだ?って、みんな不思議がっていたわ。彼女たちは私の顔に煙草の煙を何度も吹きかけたり、酷い連中だった。でも他の人たちは素晴らしかったわ。数年前からシヴォーンとまた付き合い出したの。彼女はロサンゼルスに住んでいて、ジョルジオというディスコで会ったの。彼女はとても気さくな人で、笑いっぱなしだったわ。彼女が言ったのよ。「ジョディ、私たちはあなたことが気に入っていたのよ。あの時、私たちみんな二日酔いで、あなたが煙草の煙を吹きかけられているなんて知らなかったの!」だって(笑)。あの場の誰もそんなことは知らなかったのよ。記念すべきあのレコードの裏にはそんなことがあったの。

 

Q:あなたの名付け親はジャッキー・ウィルソンですよね。ロックンロール黄金時代のことを彼は話してくれましたか?何か彼の思い出はありますか?

JW:彼が私をステージに上げてくれた最初の人だった。私は子供のような、すごく恥ずかしがりで、自分の部屋だけで歌って踊っているような子だったの。でも彼が私の中の何かを見出してくれた。彼は私の両親ととても親しかった。ある日、ステージの端の方の席で彼のショーを観ていたの。すると彼が私の方にやって来て、私の手を取り、ステージに上げたのよ。そして私はステージの上で踊ったの。何も怖くなかったし、この瞬間、人生が変わった気がした。これまで会った中で、一番嗅覚の優れた人だと思うわ。私と弟は彼のことを「ジャッキーおじさん」って呼んでいるのよ。とても何かを嗅ぎつけるのがうまい人よ。そして永遠のパフォーマーでもある。かつては女性を狂わせた人よ。彼の魅力を少しでも知れただけで幸せだったわ。彼が名付け親なんて信じられないことだわ。

 

Q:彼のことを話す時のあなたの目は輝いていますね。

JW:(笑)ええ、本当に凄い人なのよ。私の両親はこの世界で親しい人がいっぱいいるの。アレサ・フランクリンも私の幼い頃から知ってくれているの。彼女のためにクリスマス・パーティを開いてあげて、2曲歌を贈ったことがあったわ。彼女は「あなたの歌がここに居る人たちを目覚めさせたわね。」なんて言ってくれた。両親のおかげでいろいろな人と知り合えたと思うわ。いろいろなことから考えると、この世界に入るべく運命づけられていたのよね。

 

Q:ワトリーさん、どうもありがとうございました。

JW:楽しかったわ。ありがとう。