Gig of the Year

Goblin

Club Citta, Kawasaki

27th October 2018                                                               Photographs by Yuki Kuroyanagi

Claudio Simonetti has been synonymous with the Horror film genre since the 1970’s, his music having graced many of Horror maestro Dario Argento’s films including the classic Susperia and tonight’s offering by director George A. Romero – the man that started all modern zombie films and TV shows – Dawn Of The Dead. Claudio and his band take the stage, he introduces them, the lights dim and the projector flickers into life. Welcome to a very special evening of music, film, legend and legacy.

A word about the film: The version shown was not the original Japanese release. We got to see the European Dario Argento edit (Romero directed it but Argento was allowed to edit it for non-English speaking countries) which runs about 10 minutes shorter than the US release but has a bit more gore. Confused? Most people are as there at least six known edits of the film floating around the world so let’s get on with the music.

 

Hearing a soundtrack live gives a whole new dimension to a film. It’s more powerful, accentuates what is on the screen and is more menacing or in its lighter moments, more jovial. It’s also incredibly difficult to perform as it’s not a complete piece of music; it’s a series of small pieces that are cued in and out at various moments. Timing is crucial; mistakes unacceptable and it takes a special level of musicianship to be able to do it. The four musicians tonight were astonishingly tight and performed admirably. In fact they were flawless and after a standing ovation, left the stage to prepare for part two.

 

In part 2 we were treated to the entire Roller album and a few pieces from other films. It was in this second half where Claudio and the band’s playing really started to be noticable as there was no story to follow (and therefore distract) although there was a superb selection of video projections to accompany the music. His delicate piano playing, theatre rumbling gothic chords and dynamic builds were sonic attacks on every level and all performed as mini-masterpieces. Of particular note were Susperia and the apocalyptic Phenomena which had this reviewer’s hairs stand up on the back of his neck. The band were more active as well.  Having sat down for the majority of Dawn Of The Dead, guitarist Bruno Previtali and bassist Cecilia Nappo paced around the stage whilst drummer Titta Tani let fly with some superb drum fills, seemingly unchained from the restrictions of playing to a tight film score. They had a ball in the second half as did Claudio who come encore time, made light of the computer-video link that temporarily malfunctioned.

 

This was a Progressive Rock night and film score night but it was also so much more. It had elements of Classical, Jazz and Rock, all fused together in a perfect set that lasted over four hours. I doubt there will be better value for money at another concert in Japan this year.

 

Set List

First Half

Full screening & synced live performance of Zombie (Dawn Of The Dead) soundtrack

Second Half

Il Cartaio

Dèmon

Snip Snap

Roller

Dr Frankenstein

Aquaman

Goblin

Disperazione

Susperia

Tenebre

Phenomena

Deep Shadows/Wild session

Death Dies

Mad Puppet

Profondo Rosso

Encore

Non Ho Sonno

Death Farm

CRO_1847.JPG
CRO_1686.JPG

クラウディオ・シモネッティは、1970年代から考えて、もはやホラー映画音楽のジャンルでは代名詞となっている。彼の音楽はあの名作『サスペリア』を始め、ダリオ・アルジェントの映画の数々を彩ってきた。今宵の演目は、数々のゾンビ映画やテレビドラマの監督を務めてきたジョルジオ・A・ロメロからの要請によって制作されたものだ。その名も『Dawn Of The Dead』。クラウディオと彼のバンドがステージに現われ、クラウディオがメンバーを紹介した。客電が落ち、プロジェクターの照射が始まった。今宵は、伝説の映画の世界へようこそ。

 

演目となった映画について一言。これは日本で最初にリリースされたバージョンではなかった。日本版はヨーロッパ版をダリオ・アルジェントが編集したものだったのである(ロメロが監督を務めたことは変わらないが、アルジェントは英語圏以外の国向けに編集したのだった)。アメリカ公開バージョンよりも10分間短くなっていたのだが、逆に流血シーンは増えていた。どういうことか、って?少なくともこの映画のバージョンは6つも存在することが世界では知られている。それはともかくとして、さあ音楽の世界に入っていくとしようか。

 

映画のサントラの演奏をライブで聴くということは、また異なった印象を与えてくれるものだ。スクリーンを観ながら聴いているよりも、よりパワフルで迫力があり、ドキドキする瞬間が多くて、より精神は高揚する。サントラどおり演奏するのは非常に難しく、完璧なレベルは求め難い。なぜなら、細かな章がいろいろな場面で何度も繰り返されて構成されているからだ。タイミングを取るのが難しく、かと言ってミスは許されない。これを成し遂げるには、ミュージシャンの高いスキルとスピリットが求められる。今宵ステージに立った4人のミュージシャンは、いずれ劣らぬ演奏力とスピリットの持ち主だった。実際に彼らの演奏は完璧だったと言えるレベルで、スタンディング・オベーションに送られて第一部のステージを後にしたのだった。

第二部ではアルバム『Roller』が完全再現されるとともに、他の映画からの音楽が添えられた。この第二部では、演奏される音楽にフィットした見応えのある映像がプロジェクター・スクリーンに投影されたのだが、クラウディオとバンドは何も告げずに脈絡なく演奏を始めた(むしろバラバラという感じで)。彼の繊細なピアノ、荘厳な響きのサウンド、ダイナミックな曲構成が塊となって襲いかかって来た。それぞれの小曲がすべて名曲と思えるものだった。中でも特筆すべきは、『サスペリア』と預言的名作『フェノミナ』だった。このパフォーマンスの前にオーディエンスの髪は逆立ったことだろう。バンドの演奏はそれほどパワフルだった。『Dawn Of The Dead』の演奏中には、オーディエンスは座席に縛りつけられたかのような状態だった。ギタリストのブルーノ・プレヴィタリとバーシストのセシリア・ナッポがステージ前面を闊歩し、ドラマーのティッタ・ターニが凄まじいフィルを叩き出す様は、映画のサントラを生で演奏することの制約などまるで無いかの如く、伸び伸びとしていた。クラウディオがアンコールに応えてくれたこともあって、第二部は特に楽しめた。コンピューター制御のビデオスクリーン映像が時に誤作動するというハプニングはあったにしても、だ。

 

これぞ、まさにプログレッシヴ・ロックの夕べと言うに相応しいものだった。いや、それ以上だったと言える。彼らの音楽にはクラシック、ジャズ、ロックの要素が融合していた。それを4時間以上に亘り、これでもかと叩きつけてくれたのである。今年の日本での他のコンサートで、彼らがこれ以上のステージを見せてくれることは有り得ないのではないかとさえ思ってしまった。

 

セットリスト

第一部

Full screening & synced live performance of Zombie (Dawn Of The Dead) soundtrack

第二部

Il Cartaio

Dèmon

Snip Snap

Roller

Dr Frankenstein

Aquaman

Goblin

Disperazione

Susperia

Tenebre

Phenomena

Deep Shadows/Wild session

Death Dies

Mad Puppet

Profondo Rosso

Encore

Non Ho Sonno

Death Farm

YYY_3764.JPG