‘The-Beatles-Get-Back.jpg

Disc 1 – 2nd – 10th January 1969

Twickenham Film Studios 
Disc 2 13th – 25th January 1969

Recording sessions and rehearsals at Apple Studios.
Disc 3 26th – 31st January 1969

The rooftop concert.

THE BEATLES
GET BACK
BLU-RAY
COLLECTOR'S EDITION

Walt Disney Studio Japan

Japan National Flag.GIF

After numerous delays, it’s finally here and if you are a massive Beatles fan – as I am – then you are going to be both elated and disappointed.

 

Feature

First the elation. This is a the first and probably the only real insight we will ever get into the working relationship between the Fab Four and it’s as candid as it can be. There are of course camera moments (John is particularly good at mugging for the camera as he always was) when they are aware they are being filmed but generally speaking, we are flies on the wall. It paints a very different picture to the original Let It Be film and watching Get Back, I can understand why Let It Be has remained in the vaults through the VHS* – DVD – Blu-Ray years as it is non-representative of the band and the sessions.

 

It’s an insightful journey. Reluctance, lethargies and despondence lead to a breakdown. The resolve takes time, a shift in location and an old friend to finally bring them back together and it all leads to their last ever public performance which is a very long way physically metaphorically from the original plan. Probably the most insightful part though is how much music they had throughout those sessions, the songs that did get released on the last two albums and the ones that didn’t. There are at least a dozen songs in this documentary credited as original compositions which have never seen the light of day before and they are all worthy of being included on a Beatles album. I suppose if you re that prolific, songs and ideas do fall by the wayside, especially back then when you are writing to a 40-minute vinyl album format.

 

It’s not only a fascinating look at John. Paul, George and Ringo though, just as interesting are the crew and their entourage. Yoko is present wherever John is but doesn’t seem to be as interfering as she has been made out to be the in past (although be warned, she does let loose on a couple of occasions). When Linda arrives, those two seem to get on like a house on fire. Big Mal Evans steals scenes without knowing it. His face when they go off to lunch and ask him to get a hammer...and an anvil, is priceless but come the afternoon, he has somehow pulled it off and his schoolboy grin when he does the ‘bang-bang’ on Maxwell’s Silver Hammer will have you grinning with him. Glyn Johns is recording the sessions but he seems a bit lost at times and the director, Michael Lyndsey-Hogg doesn’t so much direct as just set the cameras up and let them roll. Pretty much every idea he has is shot down in flames within minutes. It’s all good footage though and hence entertaining throughout it’s 468 minutes runtime. (I’ll save you the trouble: 7 hrs and 48 minutes).

 

Picture and Audio

Your eyes and ears will enjoy this. The audio tapes had been baked and transferred to digital some years back so it was a case of syncing and mixing to get a good balance and clarity when several people are talking at once. The 7.1 mix achieves this and you do get the feeling of being in the rooms with them as an observer. Along with the atmospherics, the sound of their instruments is clean and spacious. E.g., in a scene where Paul switches bass, the difference in the tones of each bass are as clear as day. As for the video, given that it is over fifty years old, was originally planned for a TV show, shot on 16mm and then blown up to 35mm, it looks spectacular if a little unnatural at times. Personally, I prefer the spectacular especially as it shows off their clothes; the unnatural is in a large part due to the fact that the 16mm film grain has been removed. We’ve never seen the Beatles in real life, without film grain before, so it takes you by surprise in the close-ups but you get used to very quickly and is highly acceptable.

 

Extras and Packaging.

So here is the only disappointment; there are no extras whatsoever. There’s no restoration documentary, no interviews with anyone involved, no inclusion of the Let It Be film either in its original state or upgraded, no…well, nothing. Not even a trailer. I can’t help feeling it’s either a missed opportunity - which would be an astonishing oversight on everyone’s part - or that Disney are holding back for a second ‘Special Edition’ later on which if so, is just annoying after having shelled out for the Collector’s Edition of which, it must be said, the packaging is nice. Each disc comes housed in its own silky sleeve made of stiff board that looks like it will stand the test of multiple putting ins and taking outs. These in turn are mounted in a tri-fold, hardback storage folder with the same silky finish and the folder is printed with a selection of previously unpublished photos. Also included is a 6” x 4.5” print of each member and the Japanese version has a 4-page b/w liner note insert and a selection of advertising flyers. The tri-fold is housed in a very study slip-case. The packaging is top quality but is the Collector’s Edition worth the extra money? That’s your choice and I suppose it’s down to if you are a serious or a casual fan.

 

Conclusion

After waiting so long and having so many unofficial releases of Let It Be starting with my VHS recording from the telly in the early eighties, Get Back is a revelation. It’s a superb piece of work by Peter Jackson and his team and although I feel there’s a couple of things and songs that are featured too much, that’s just personal taste and I really have no right to judge. This documentary is unlikely to be bettered even if they release the remaining 50+ hours of video and 150+ hours of audio in a mammoth box set (please don’t) and given my age and The Beatles’ speed of releasing stuff from the Apple archives, that’s not going to happen in my lifetime anyway. The Beatles were and still are the greatest band of all time but the reality is, their fans are diminishing purely because of age. If this is the video coda to their legacy as the band that changed the world of music in so many ways, then I am satisfied to Let it be.  

*In 1981, Let it Be did have a videocassette and Laserdisc release in the USA, Japan and The Netherlands and also Germany in 1984 but was withdrawn from sale in all territories soon after due to copyright issues.

何度も延期された後、ついにリリースされた。もしあなたがビートルズの大ファンなら(私もそうだが)、喜びと落胆の両方を感じることだろう。

 

特徴

まずは高揚感。これは、ファブ・フォーの仕事上の関係について、初めて、そしておそらく唯一の真の洞察を得ることができるもので、可能な限り率直なものである。もちろん、撮影されていることを意識する瞬間もあるが(ジョンは特に、いつもそうだったが、カメラに向かってモグモグするのが上手い)、一般的に言えば、我々は壁の上のハエなのだ。この作品は、オリジナルの『Let It Be』とは全く異なるイメージを描いており、『Get Back』を観ると、なぜ『Let It Be』がVHS*~DVD~ブルーレイの時代までリリースされないままになっているのか、その理由が理解できる。あれはバンドやセッションを代表するものではないのだから。

 

見聞を広める旅と考えるべきだろう。消極性、無気力、落胆というものが、解散に繋がる。その解決策は、時間をかけ、場所を変更し、そして旧友との出会いを経て、ついにメンバー同士を結びつけ、当初の計画から物理的にかなり離れた場所での最後の公開演奏へと導いていく。しかし、おそらく最も興味深い部分は、彼らがそのセッションを通して、最後の2枚のアルバムでリリースされた曲とそうでなかった曲をどれだけ持っていたか、ということだろう。このドキュメンタリーには、これまで日の目を見なかったオリジナル曲としてクレジットされているものが少なくとも10曲はあり、それらはすべてビートルズのアルバムに収録されるにふさわしいものである。これだけ多作だと、曲もアイデアも流されがちになってしまうものだ。特に当時は、40分のレコード盤のフォーマットで作曲していたのだから。ジョン、ポール、ジョージ、リンゴの姿を見られるのが魅力的なことは間違いないが、クルーやその側近の姿も興味深い。ヨーコはジョンがいるところにはどこにでもいるが、過去に言われたような干渉はしていないようだ(ただし、2回ほど暴れたので注意)。リンダが登場すると、この二人はまるで火がついた家のように仲良くなる。大柄なマル・エヴァンスは知らぬ間にシーンの主役になっていたりする。メンバーが昼食に出掛ける際に、ハンマーと金床を買ってきてと頼まれた時のマルの顔は、プライスレスだ。しかし、午後になると、彼はどうにかしてそのオーダーをやり遂げ、「Maxwell’s Silver Hammer」でそれを「バンバン」と鳴らす時の、小学生のような彼の笑顔には、あなたも一緒になってニヤニヤしてしまうはずだ。グリン・ジョンズがセッションを録音しているのだが、彼はちょっと迷っているようで、監督のマイケル・リンゼイ-ホッグは監督というより、ただカメラをセットして回させているだけだ。彼のアイデアは、ほとんど数分で炎上してしまうのだ。しかし、すべて観ごたえのある映像であり、それゆえ468分もの上映時間でも楽しませてくれる。(手間を省けば、7時間48分)。

 

画像と音声

目と耳の両方で楽しむことができる。音声テープは何年か前に焼き直されてデジタルに移されていたので、何人かが同時に話している時に、良いバランスと明瞭さを得るために同期してミキシングを行なった。7.1チャンネルミックスはこれを実現し、彼らがいる部屋にオブザーバーとして一緒にいるような感覚を得ることができる。その雰囲気とともに、彼らの楽器の音はクリーンで広がりがある。例えば、ポールがベースを持ち替えるシーンでは、それぞれのベースの音色の違いが鮮明に出ている。映像については、50年以上前のものであること、もともとテレビ番組の企画で16mmで撮影し、35mmに引き伸ばしたものであることを考えると、少し不自然なところもあるが、観ごたえのある映像になっている。個人的には、特に洋服が映える華やかな方が好みだ。不自然な点は、多くの場面で16mmフィルムの粒子が除去されていることだ。もはやフィルム以外でリアルなビートルズを見ることはできないため、度アップで彼らを見ると驚いてしまうが、すぐに慣れるし、なんなく受け入れられてしまう。

 

特典とパッケージ

そこで、唯一の残念な点は、特典が一切ないことである。映像修復のドキュメンタリーも、関係者のインタビューも、『Let It Be』フィルムのオリジナル版、もしくはアップグレード版も収録されておらず、・・・・まあ、何もない。トレーラーさえないのだ。機会を逸したのか、あるいは、誰もが驚くような見落としをしているような気がしてならない。それとも、ディズニーが2作目の「スペシャル・エディション」を出すのを控えているのか。もしそうなら、せっかくコレクターズ・エディションを買ったのに、迷惑な話である。各ディスクは、硬い板で作られた独自の絹のようなスリーブに入っており、何度も出し入れしても大丈夫そうだ。これを、同じシルキー仕上げの三つ折りハードカバー収納フォルダーにマウントし、フォルダーには未発表の写真をプリントしている。また、各メンバーの6インチ×4.5インチサイズのプリント、日本盤にはモノクロ4ページのライナーノーツインサートと広告チラシの一部を収録している。三つ折りパッケージは、非常に工夫されたスリップケースになっている。パッケージは最高品質だが、このコレクターズ・エディションは、それゆえの追加料金を払う価値があるのだろうか?それはあなたの選択であり、あなたが熱心なファンか普通のファンかによって決まるのだと思う。

 

結論

80年代初頭から、テレビで録画したVHSを皮切りに、『Let It Be』の海賊盤を何度も手に入れ、本当に長い間待っていたが、『Get Back』は大発見だった。ピーター・ジャクソンと彼のチームによる素晴らしい作品であり、いくつかの事柄や曲がフィーチャーされ過ぎているように感じるが、それは個人の趣味であり、私には判断する権利はない。このドキュメンタリーは、たとえ残りの50時間以上のビデオと150時間以上のオーディオを巨大なボックスセットとしてリリースしたとしても、これを超えることはないだろう(お願いだからやめてくれ)。私の年齢とビートルズのAppleアーカイブからのリリーススピードを考えると、いずれにせよ私が生きている間にそんなことは起こらないだろう。ビートルズは昔も今も史上最高のバンドだが、現実には年齢的な理由でファンが減っている。いろいろな意味で音楽界を変えてきた彼らの遺産が、このビデオで完結するのであれば、それはそれで満足である。

Disc 1

1969年1月2日~10日

Disc 2

1969年1月13日~25日

Disc 3

1969年1月26日~31日

 

 

*1981年、『レット・イット・ビー』はビデオカセットとレーザーディスクでアメリカ、日本、オランダで発売され、1984年にはドイツでも発売されたが、著作権の問題ですぐにすべての地域で販売中止となった。