DON AIREY

日本語で読む

15th May 2016

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

I first met Don in the mid–1980’s when he was part of Gary Moore’s band. An instantly likable man with a soft North England accent, it was a couple of decades and many recordings between that meeting and our next when I first interviewed him in 2009 but he hadn’t changed. Despite having played with pretty much everyone in the Rock music world, he has no ego and treats everyone as if they are part of his family. He crosses the lobby with a big smile on his face and I know he’s in a good mood as his beloved Sunderland FC secured Premier League survival just a few days ago. With me being from Leicester and my team having just won the Premier League, inevitably, we start with Football…

 

Q: Thanks for your email – I’ve been chatting with Colin Hart (ex-Deep Purple and Rainbow Tour Manager and Sunderland fan) who sends his best and I told him that you’d beat Everton to stay up.

 

DA: I wasn’t there at the Stadium of Light for the game against Leicester but my son went and said that Sunderland were nearly as good as Leicester and the game last year which was 0-0 when Leicester stayed up, that was one of the best games I ever saw. It’s been a great season.

 

Q: Of course you now know that Sunderland are tipped to win the title next season.

 

DA: (laughs)

 

Q: I think a lot of club owners and managers are now sitting there thinking about how they will spend their money in the future.

 

DA: Yeah. I think our best buy was the guy we got for £500, 000 from Bayern Munich – Jan Kirchhoff. At last we have someone who can get the ball from the defense to the attack. Have you heard what the Sunderland fans call him?

 

Q: No.

 

DA: Macenbauer. Isn’t that brilliant?

 

Q: (laughs) Classic. Got to love football fans humour.

 

Purple and Keyboards

 

Q: Comments about the new album? More of Now What?!

 

DA: Well I don’t remember much about it actually; it went by in a big flash.

 

Q: Have you got a Wurlitzer on it again?

 

DA: There is yes. A Wurlitzer in disguise. It’s going through a matchless 50W amp, distorted. A fantastic sound.

 

Q: Any other  vintage keyboards apart from the Hammond?

 

DA: Not really. There’s a bit of Moog and strings but it’s all Hammond really.

 

Q: Presumably your  A100.

 

DA: Yes with two Leslies.

 

Q: I presume your A100 is modified – those things were never designed to lug around.

 

DA: Yes it’s an old one in a new bottle – it’s what’s called a chop. The A100 was made for the front room and that’s why they survived- because they never got played. I’ve got four of them, three of which were made before 1963 but pristine condition. Mine are all chopped and but in a new box.

 

Q: Do you have a Novachord?

 

DA: No I don’t.

 

Q: How about the opportunity to play on a big pipe organ anywhere? You know like the one at Leicester De Montfort Hall?

 

DA: I never played that one but I am a bit of a church organist. When I was young in Sunderland, there was a magnificent instrument in our church and I learnt to play that. When the church closed down, it went to Portsmouth Cathedral and it’s there now.

 

Q: What was your first keyboard – Not the piano in the front room but one you plugged into a wall?

 

DA: A Vox Continental which was a wonderful thing. It features on the Rival Sons’ album Great Western Valkyrie. I met the guy in Nashville who played it, Michael Webb. When we are in Nashville, Roger and I go to a jam every Tuesday night because we’ve got some friends there and we’d sit in and play a couple of Purple numbers. I think we did Into The Fire and you could see grown men sitting in the audience crying…’It’s Roger! Playing Into The Fire!’

 

Q: I spoke to a friend of mine’s lad a few days ago and mentioned I’d be talking to you and asked him his favourite Purple tracks. He named a couple from Now What?! and when I said what about stuff from Machine Head  he replied he didn’t listen to it as that was all the old stuff.

 

DA: It made a lot of headway that album. Suddenly we realized that we were a better band than we thought we were. That was the first thing that struck me and because of all the gigs we’ve done – because there are very few bands that do as many gigs as we do – it’s made us into something more. You are kind of overshadowed by the old band a bit…

 

Q: I don’t think you are anymore. Well there was all that Hall of Fame controversy that went down but I think the band is past that.

 

DA: Well there always will be a bit of it but yeah. Who would have thought it eh? (laughs)

 

Odds & Sods

 

Q: I appreciate scheduling may be difficult but what are the chances of getting Don Airey & Friends out here?

 

DA: We just did a European tour in March, twelve gigs in thirteen days and I can’t say it was financially successful but it was a very serviceable tour where the band improved and a great feeling developed, particularly with Simon McBride who is a wonderful guitar player.

 

Q: A great set list as well.

 

DA: Yeah I like doing all the old Rainbow stuff because a lot of the time with Rainbow, we didn’t play any of it. Ritchie didn’t want to. I don’t think we ever did Since You’ve Been Gone (laughs) We did Spotlight Kid and we did No Release on this tour which I believe was its world premiere.

 

Q: How’s the autobiography coming along by the way?

 

DA: (laughs) Well I stalled on it because I realized I didn’t really like the person I was writing about very much. (laughs) I think it starts to hit you when you write. You start to think back and think ‘Oooh I could have done a lot of things a lot better than I did’ so I stopped for a bit to think about it and I’m going to go back to it in

October when we’ve got some time off. I’ll try and finish it by the end of the year. I think everybody writes a book and all they talk about is themselves and that’s certainly what I was doing – then I did this and then I did that – but you need some sort of over-arching perspective, some point to it all. If you just try to justify what you did which is what I was trying to do, you miss the point of it all. You know, what was going on. Something I came to realize was that I was a small part of some enormous movement that produced all this amazing music. How and where did it come from and why? How did the baby boomers create all that and why? How did an obscure skill that came from the deep south of America, Blues guitarists, a real minority, how did surface in South London to such great effect? It’s a very mysterious thing to me. Why the British? We were the most straight-laced, ‘Doesn’t do to make a fuss old boy’ race so how did all that happen. I’ve been thinking about that a lot. The Beatles and all that…

 

Q: Have you ever met a Beatle?

 

DA: Yeah I met Ringo once. I did a gig with Zak Starkey and Ringo came in at the end and it was like meeting royalty. He said (adapts a very passable Ringo voice) “I saw you up there son, playing with the adults.” (laughs) I was just overwhelmed by him.

 

Q: There’s only a few at that level of Rock Royalty. The Beatles, The Stones, Led Zeppelin…

 

DA: The Who.

 

Q: Yeah.

 

DA: I had a bit of a party last night. Some of the crew came down and I wanted to show them the splendid view from this hotel (Ritz Carlton, Tokyo) which they are denied in their humbler hotel (laughs) and I put on Cream Live At The Albert Hall, the 1968 concert and it’s so amazing. Ginger Baker…and Jack Bruce and Eric. They were all at it. Cozy Powell used to say they were the greatest group England ever produced.

 

Q: I interviewed Ginger…

 

DA: Did you?! And lived? Have you seen where he hits the cameraman? (Beware Of Mister Baker)

 

Q: Yes I did. I saw it a few nights before the interview and started to wonder if I would survive it. It was tough but thankfully Football saved the day when I discovered he’s a Chelsea fan so I side-tracked him with it.

 

DA: He’s still an amazing drummer.

 

Q: Oh yes. Once he got to the stage and sat down, he was Ginger Baker. A phenomena.

 

DA: Jack said that apparently. He said when it comes to drummers, the best there has ever been is Ginger Baker. Jon Hiseman told me that Ginger didn’t drive and that he went everywhere with his kit on a London bus. He had this way that he could sling it over his shoulder and it go under the stairs on a London bus. It neatly fitted in there and then when he got off he could lift it all in one and walk off to the gig.

 

 

Q: I notice after a show you like a glass of red wine…

 

DA: I do yes.

 

Q:…a lot of bands these days are doing their own brew; Iron Maiden Trooper Beer, Motorhead Vodka, etc. Have you thought about doing Deep Purple Wine?

 

DA: Ooohh…

 

Q: Lilac Wine!*

 

DA: (laughs) It’s a thought isn’t it? I do have a bottle of wine at home that’s got the band on it – the cover of Now What?! I don’t know where that come from, some vineyard sent us a few bottles. He liked the Now What?! album so he did a Now What?! vintage for us.

 

Q: Did you drink it?

 

DA: Oh no I‘ve kept that in my cupboard.

 

Q: We often hear of guitarists jamming with each other. Do keyboard players ever get together and jam? I know you played with Rick Wakeman on occasion and Jon Lord of course, are there any other renowned Rock keyboardists have you played with? Gary Brooker? Rod Argent?

 

DA: I’ve met Gary a couple of times when we did the Sunflower jam at the Albert Hall (2012) but the thing is you never really meet another keyboard player. The concert for Jon Lord was where I really met Rick. I’d met him before and we’d never really spoken but I started my bit at the rehearsal and I could see that Rick was behind me. I had a Leslie and a Marshall going and he turned round and said “How the hell are you doing that?” (laughs) God he told some funny jokes. On stage he said ‘It’s great to be at the Albert Hall because I used to go to music school, the Royal College of Music is just over there and the alleyway behind there is where I had my first sexual experience.’ There was a big Ooooooh! from the crowd and then he said ‘It wasn’t that good actually. Well it never is on your own.’ He brought the house down! (laughs)

 

Q: An excellent way to end Don. Thank you.

 

DA: Thanks Glenn and congratulations to Leicester again.

 

Q: Well if Sunderland win the Premier League next year, you have to wear a Sunderland shirt onstage.

 

DA: Oh of course I will!

 

 

 *A James Shelton song from 1950

15th May 2016

80年代半ばに私が初めてドンに会った時、彼はゲイリー・ムーア・バンドに在籍していた。イギリス北部訛りの人なつっこい人物だった。その次に彼と会い、インタビューをした2009年には、既に二十年以上もの歳月が流れ、彼のレコーディング・キャリアも膨大なものとなっていた。しかし彼という人は何も変わっていなかった。ロック界の様々なアーティストとセッションをしてきたにもかかわらず、エゴを出さず、まるで自分の家族のように接してくれる人のままだったのである。

彼は満面の笑みを浮かべてロビーを横切ってきた。彼が贔屓にしているサンダーランドFCが数日前にプレミア・リーグ残留を決めたからだろう。レスター出身の私としても、地元チームがプレミア・リーグで優勝したばかりだったので、話は自ずとサッカーのことから始まった。

 

Q:メールをありがとうございました。コリン・ハート(元ディープ・パープル、レインボーのマネージャーで、サンダーランドファン)とチャットしていたんです。彼は盛り上がっていまして、私はきっとエヴァートンに勝ってリーグに残留するよと言っていたんですよ。

ドン・エイリー(以下DA):レスター戦の時は、スタジアム・オブ・ライト*にはいなかったんだ。でも僕の息子が観に行っててね、サンダーランドはレスターと同じくらい強かったと言っていたんだ。レスターが残留を決めた去年の試合は0-0だったんだ。あれはこれまで観た中で最高の試合だったね。いいシーズンだったよ。

 

Q:もちろんサンダーランドは来シーズンの優勝候補の筆頭ですよね。

DA:(笑)

 

Q:クラブのオーナーやマネージャーは、これからどのように、何に資金を使うべきか、じっくり考える必要がありますね。

DA:ああ。最良の選択は、バイエルン・ミュンヘンから50万ポンドでヤン・カルチホフを獲得したことだね。彼を獲ったことで、ようやく防御一辺倒から攻撃型に転じられるよ。サンダーランドファンが彼のことをどう呼んでいるか、知ってるかい?

 

Q:いいえ。

DA:マッケンバウアー**だよ。いいと思わない?

 

Q:(笑)王道ですね。サッカーファンならではのユーモアですね。

 

パープルとキーボード

 

Q:ニュー・アルバムについて何かコメントを。『Now What?!』以上ですか?

DA:あまりよく憶えていないんだよね。嵐のように過ぎていったから。

 

Q:またウーリッツァーを使ったのですか?

DA:うん。ウーリッツァーもどきのやつをね。50ワットアンプでいい感じに音が歪むんだ。いい音だったよ。

 

Q:ハモンド以外に他にも年代物のキーボードは使ったのですか?

DA:いや、他にはなかったよ。モーグとストリングを少しだけだね。ほとんどはハモンドだった。

 

Q:A100ですかね?

DA:うん、2台のレズリー・スピーカーに通していたんだ。

 

Q:たぶんあなたのA100は改造されているのではないかと思うのですが。通常はそんな風な仕様にはなっていないですよ。

DA:外観は新しいけど、中身は年代物なんだ。もうだいぶんへたっているけどね。あのA100は展示用に作られたもので、それでずっと保存されてきたんだ。実際に演奏されることなく、ね。僕は4台持っているけど、そのうちの3台は1963年以前に作られたものだけど、素晴らしいコンディションなんだ。僕のはみんなへたっているけど、外側だけは新しい入れ物なんだ。

 

Q:ノヴァコードは持っていますか?

DA:いいや、持っていない。

 

Q:どこかで本物のパイプオルガンを弾いてみたいと思いませんか?レスター・デ・モントフォート・ホールのやつは知っていますか?

DA:演奏したことはないなぁ。でも教会のオルガニストをやっていた時期はあるんだよ。サンダーランドにいた頃にね。その教会には大きなのがあって、演奏方法を習ったよ。でも教会が閉鎖されてしまって、それはポーツマス教会に移されてしまったんだ。今もあそこにあると思うよ。

 

Q:あなたの最初のキーボードは何でしたか?展示用のピアノじゃないですよね。それとも壁に備え付けのピアノとか?

DA:ヴォックス・コンチネンタルという素晴らしいものだったよ。ライヴァル・サンのアルバム『Great Western Valkyrie』で使われている。これを弾いているマイケル・ウェブという人にナッシュヴィルで会ったんだ。ちょうどバンドがナッシュヴィルにいる時にね。ロジャーと僕は毎週火曜日にジャム・セッションをしていたんだ。現地に友人がいたから。パープルの曲をいくつか演奏したよ。「Into The Fire」をやったと思うね。オーディエンスの中のおっさんが泣いているんだよ。「ロジャーだ!<Into The Fire>をやってる!」って。

 

Q:数日前に友人に、あなたにインタビューすると言ったんです。彼に気に入りのパープル・ナンバーを訊くと、『Now What?!』からいくつかの曲を挙げたんですよ。私は『Machine Head』のナンバーを挙げたんです。すると彼はそんな古いアルバムは聴いた事がないと言ったんですよ。

DA:あのアルバムで前進したことは間違いない。突如、僕たちは自分たちが思っている以上にいいバンドなんじゃないかって気づいたんだ。そのことは感慨深かったよ。僕たちほど多くのコンサートをやってきたバンドはいないし、それが僕たちを新しい次元に導いてくれたのかもしれない。君には老いぼれバンドとしか見えなくてもね。

 

Q:いいえ、そんな風には思いませんよ。ロックの殿堂入りするかどうかの話題も消えてしまいました。でも私はもはやそんな次元は超えているように思いますが。

DA:いつもそんなことを言われているね。誰が張本人なんだろうね?(笑)

 

余分な諸々

 

Q:スケジュールを調整いただいてありがとうございました。このタイミングで、ドン・エイリー&フレンズのコンサートは実現可能ですかね?

DA:3月にヨーロッパ・ツアーをやったばかりだよ。13日間で12回公演した。興行的に成功したとは言い難いけれど、モノになるツアーだったよ。バンドもどんどん良くなっていったし、ムードも最高だった。特にサイモン・マクブライドは最高のギタリストだ。

 

Q:セットリストも良かったですよね。

DA:ああ、レインボー時代のナンバーは大好きなんだ。レインボー時代が長かったからね。パープルではやらないし、リッチーもやりたがらないから。そういえば「Since You’ve Been Gone」はやらなかったな(笑)。このツアーでは、「Spotlight Kid」や「No Release」はやったけど。「No Release」は史上初披露だったと思うよ。

 

Q:ところで、自伝の方は進捗いかがですか?

DA:(笑)言い訳するようだけど、僕みたいな人間は、自伝を出すには不向きだと思うんだ(笑)。書き始めれば変わるかもしれないけどね。過去を振り返れば、あまりに多くのことが思い出されて、実際にやってきたことを美化してしまうんじゃないかと思うんだ。だからちょっとその作業を止めたんだ。オフになる10月に再開しようと思っている。今年じゅうには書き上げたいね。いろいろな人が自伝を出しているから、僕も実際に経験してきたことを書きたいんだけど、ある程度の誇張、盛り上げは必要だろう?メリハリというか。経験してきたことをただ忠実に書こうと思っているんだけど、それじゃあメリハリがなくなるような気がしてね。この偉大なる音楽界の歴史においては、僕の経験なんてちっぽけなものだという気もするしね。どこで何か起こったか?それはなぜ?戦後のベビーブームに生まれた人たちが音楽界を牽引した。それはなぜだった?アメリカ南部出身の極少数のブルース・ギタリストがなぜロンドン南部に大きな影響を与えるに至ったのか?僕にも分からないことだ。ブリティッシュ・ロックって何だ?僕たちの世代は堅物も多いから、「今さら蒸し返すなよ」という風潮もあるし。でも業界がどうやってここまできたんだ?って。考えるべきことはいっぱいあるよ。ビートルズから始めなきゃいけない部分もあるし・・・

 

Q:ビートルズのメンバーに会ったことはありますか?

DA:ああ、リンゴには一度会ったことがある。ザック・スターキーとリンゴと一緒にコンサートをしたんだ。まるで王室に謁見するような気分だったよ。彼は僕に(リンゴの声を真似て)「以前は小さかったのに、もう大人と演奏しているじゃないか」って言ったんだよ(笑)。彼には圧倒されたよ。

 

Q:そんな機会はめったにないことですからね。ビートルズ、ストーンズ、レド・ツェッペリンのメンバーと会うなんて。

DA:ザ・フーもね。

 

Q:はい。

DA:昨日、パーティがあったんだ。スタッフの何人かが来たから、このホテル(リッツ・カールトン東京)からの素晴らしい景色を見せてやったんだ。自分たちのホテルとは天と地の差だって(笑)。そこでクリームの1968年の『Live At The Albert Hall,』のDVDを観たんだ。ジンジャー・ベイカー、ジャック・ブルース、エリック、みんないた。コージー・パウエルがよく言ってたものさ。彼らがイギリスでは史上最高のバンドだって。

 

Q:ジンジャーにインタビューしたことがありますよ。

DA:本当?!生で?カメラマンを殴らなかったかい?(映像作品『Beware Of Mister Baker』のことを言っている)

 

Q:あれは私も観ました。インタビューの前には、生きて戻って来れるだろうか、って思いましたよ。ドキドキしましたが、ちょうどサッカーのシーズンだったので助かったんです。彼はチェルシーのファンだったので、この話題で和ませたんです。

DA:彼は今でも凄いドラマーだからね。

 

Q:そうですね。一旦彼がステージに上がって、ドラムキットに腰を下ろしたら、そこはもうジンジャー・ベイカーの世界ですからね。

DA:ジャックから別途聞いたことがあるんだ。ドラマーと言えば、ジンジャー・ベイカーが最高だって。ジョン・ハイズマン***が言ってたけど、ジンジャーは自分の車ではコンサート会場には行かず、ロンドンの市バスでキットを運んでいたんだって。彼はそんな風だったんだ。キットを担いで、市バスの階段を降りてきてね。すべて一人で抱えてコンサート会場まで持って行っていたんだ。

 

Q:コンサート後に知ったのですが、赤ワインがお好きとか。

DA:そうだよ。

 

Q:今では多くのバンドが自分たちの飲料を販売しています。アイアン・メイデンはトゥルーパー・ビール、モーターヘッドはウォッカとか。ディープ・パープルのワインなんて考えたことはないですか?

DA:うーん・・・・

 

Q:ライラック・ワインとか!****

DA:(笑)いいアイデアだね。バンドのラベルを貼ったワインのボトルを持っているよ。『Now What?!』のジャケットがラベルになっている。誰が作ったのか分からないけど、どこかのブドウ園が送ってきたんだよ。製造者は『Now What?!』が気に入ったんだろうね。だからそれで作ったんだ。

 

Q:もう飲みましたか?

DA:いや、大事にとってあるよ。

 

Q:よくギタリスト同士はジャム・セッションをすると聞くのですが、キーボード・プレイヤーもそうなのですか?あなたがリック・ウェイクマンやもちろんジョン・ロードと共演されていたのは知っているのですが、他にも一緒に演奏した有名なキーボード・プレイヤーはいましたか?ゲイリー・ブルッカーとか、ロッド・エージェントとか。

DA:アルバート・ホールでの「サンフラワー」(2012年)に出演した時にはゲイリーに会ったよ。でも君が言うようなセッションはなかったなぁ。ジョン・ロードの追悼コンサートではリックに会った。彼には前にも会ったことがあったけど、話したことはなかったんだ。でも僕がリハーサルを始めると、リックが僕の後ろに立っていたんだ。レズリー・スピーカーとマーシャル・アンプの所にね。そして彼は僕に言ったんだ。「こんなのを使ってやってるのかい?」って(笑)。ジョークも飛ばしまくってたよ。そしてステージで彼はスピーチした。「アルバート・ホールのステージに立てて光栄です。なぜなら、王室音楽学校から始まった私の勉学の課程が遂にこの場で修了したからです。ここのステージの裏通路で私は初エッチをしたんですよ。」会場じゅうが大爆笑さ。それから彼はまた言ったんだ。「でも思ってたほど良くなかったんだよな。自分なりのやり方を見つけるまではね。」もう建物が崩れるかと思うほどの大爆笑だったよ!

 

Q:とてもいいオチになりました。ありがとう、ドン。

DA:ありがとう、グレン。レスター優勝、おめでとう。

 

Q:来年、サンダーランドがプレミア・リーグで優勝しましたら、ステージでサンダーランドのTシャツを着てくれますか?

DA:もちろんだよ!

 

 

* ・・・サンダーランドのホームグラウンド

 

** ・・・「マッケム」(サンダーランド出身者のニックネーム)とベッケンバウアーの合成語。フランツ・ベッケンバウアーは、史上最高のプレイヤーと称されるバイエルン・ミュンヘンの選手だった。

 

*** ・・・1966年にグラハム・ボンド・オーガニゼーションにジンジャーの後任として加入したドラマー。後にコロシアムⅡをドンとゲイリー・ムーアと共に結成した(1975年)。

 

**** ・・・1950年のジェームズ・シェルトンの楽曲