DIO KEN

日本語で読む

Legend of Rock Deep Purple and Rainbow.jpg
298297141_1308036349730971_7616512272085775318_n (1).jpg

22nd September 2022

Deep Purple MkII/Rainbow Dio era Tribute Show

 

Q: Ex-Theater in Roppongi. Big stage, big show. Looking forward to it?

 

DK: A big stage, big show and the Ex-Theater staff are very excited. They are adding the Japanese flag, the Hinomaru, which will be flown from the ceiling like the Budokan and also a green sheet on the floor to protect the floor as they had when Deep Purple played the Budokan in 1973 and for Rainbow we’ll have a projected backdrop and Deep Purple will have the big Deep Purple sign. I want to create a performance that makes you feel as if you are in the Budokan.

 

Q: Have you started rehearsals or worked out a set list yet?

 

DK: Not yet. We have played three times already so we are only going to do one rehearsal. Too much rehearsal makes it too perfect and we want to keep that spontaneity that Rainbow had. Basically, the set list is 1976 Rainbow Rising tour with a little bit more. The little bit more will be songs that the original Rainbow never performed live. Can you guess? (big smile)

 

Q: I think so but let’s not say it here. How long are the sets?

 

DK: Maybe…two hours.

 

Q: Well if you add up all the songs from the first three Rainbow albums, it’s less than two hours…

 

DK: (laughs) Still I’m Sad is the longest.

 

Q: What will be happening backstage an hour before you go on?

DK: It’ll be Rainbow talk, Rainbow chatter. A lot of Rainbow stories, I think the members will talking enthusiastically in the dressing room about how much I love Rainbow.

 

Q: Did you ever see either Deep Purple MkII or Dio era Rainbow?

 

DK: No. My first Dio show was in 1986 at the Budokan, the Sacred Heart tour but Vivian Campbell had already left so Craig Goldy was on guitar and then Japan Aid 2 in 1987 at the Showa Kinen Park in Tachikawa. It was open air and very loud so the local residents complained and after that, there were no more gigs at the Showa Kinen Park.

 

Dio Ken

 

Q: I’ve seen you sing many times in smaller places – live houses – but this is much bigger. How will you prepare for it?

 

DK: Last weekend I went to Osaka and saw the Deep Purple Mk II show and they were excellent so I want to be better. I’ve sung Rainbow songs many times but now I’ve gone back and started to practice again – I’ve gone right back to being a beginner. I’ve gone right back to the records, studying and listening to pronunciation.

 

Q: Vocally your undoubted specialty is Dio but I’ve also seen you do lots of others with Akogi De Metal. Bruce Dickinson, Ozzy, etc…how many Rock vocalists can you mimic?

 

DK: Those and Helloween and Steve Perry from Journey.

 

Q: Those are all very different voices. How do you train your voice to sound like them?

 

DK: I just wanted to sing the songs that I originally listened to, if I liked them, I would like to sing them in the same way. So I never really noticed it. For Dio, I did sing them into a recorder and play it back, sing it again, playback, etc but for Ozzy I didn’t.

 

Q: When did you first sing in a band?

 

DK: I started singing when I joined a band with the intention of going to the school festival. I was looking for long hair. We got 5 people; four guitarists and one drummer! I was in a Kiss band doing the Paul Stanley part; we did Detroit Rock City and Love Gun but we played them very fast like Metallica – Kissallica. (laughs) However, Metallica’s guitar solos are very hard so we did the Kiss solos very fast. Thrash version.

 

Q: When did you first hear Ronnie?

 

DK: During school lunch, “Kill the King” was playing and I was immediately captivated by his voice. “Who is this?”

 

Q: When did you first start singing like Ronnie?

 

DK: Maybe when I was about 20 years old. It was after the show in Tachikawa and that was when I was 17. 

 

Q: The differences between talking let alone singing in Japanese and English are vast. I’ve written English words for some Japanese singers and had to change words because not only the language is different, the phrasing and even the breathing are different. Is it a struggle for you?

 

DK: No, it’s natural. Ronnie James Dio is doing that so I just do that. Maybe I just have this voice from when I was born. (laughs)

 

Q: Which song for you is the most difficult song that Ronnie sang for you to master?

 

DK: It's a very hard question, and I want to say everything, I want to say everything, but Stargazer is so painful, if I may say so. Stargazer I had to practice many times singing. Vocally it’s much higher, that's why it's so very hard.

 

Q: Let’s imagine for a moment we could make a one-off hybrid show of the remaining members of Purple and Rainbow. Blackmore on guitar obviously. Who else?

 

DK: Wow! (laughs) Ritchie of course. Ian Paice, Roger Glover, Don Airey…and me? (laughs)

 

Japan and Tribute Bands

 

Q: The first time I saw you and met you when you did Hibiya Park in 2010. You were with Rainbow Knights, there was Mr Jimmy doing Led Zep and Jimisen as Hendrix and some others and what struck me was how perfect everybody was in performance, clothes, movement. I go and see The Parrots a lot at Abbey Rd in Roppongi and they are uncanny. How much studying of a performance do people like yourself do to get so close to the artist?

 

DK: I don’t know. I wanted to study English more but I didn’t have a chance, and I learned English pronunciation by imitating it, so maybe I have a good ear. It's very difficult to imagine the sound you want to make.

 

Q: One thing I have noticed is that If you watch any non-Japanese tribute band, you’ll often find that they jam on a song or alter the arrangement a bit whereas Japanese bands don’t (at least I’ve never seen them jam). Why is that?

 

DK: It's probably because our generation grew up listening to records when they were little. When I was young, in Japan, we couldn’t see videos, there were no videos on the TV shows so the only input we had from records, our ears. On TV, we never saw a band live, so I'm mostly copying what I hear on records. That's why, for example, when Ronnie lost the beginning of a song at one gig, I wondered why but when I read the book later, it’s because Ronnie was wearing a Godzilla costume. Ritchie was rubbing the guitar against it, so that kind of sound came out. If there was more information, such as seeing live shows, I think that tribute bands like other countries could have been created.

 

Q: How many bands do you sing in these days?

 

DK: Rainbow, Journey and I’ve done a few one-offs. Iron Maiden and the Graham Bonnet Alcatrazz and next month we are doing Rising Force – Mark Boals, Joe Lynn Turner and others.

 

Q: There are some great Japanese tribute bands out there but they tend to be classic Rock. In the UK and USA you can see Blondie, ABBA, The Bee Gees, an Elvis or Jerry Lee Lewis. I have seen a guy doing a great Dick Dale in Japan and apparently there’s a great Rory Gallagher who plays occasionally. There are a lot of Beatles tribute bands but only one Rolling stones. Why are there not many Pop tribute bands in Japan?

 

DK: When I was a child watching kids TV shows, they were always playing Beatles songs but we never heard The Rolling Stones. Elvis, he never came to Japan and he’s another generation older.

 

Q: The Runaways, Girlschool, I’d love to see a few more girl tribute bands.

 

DK: Yes, there are some but it doesn't last. Ladies' bands often don't last long. Is it because the women's bands that don't last long? Or maybe because in Japan, the ladies' bands are more like Show-ya and Princess Princess.

 

Q: You could be right. Anyway, all the best for the gig, I’m really looking forward to it, what would you say to those who are thinking about going?

 

DK: Last week's Deep Purple Mark 2 in Osaka was so wonderful that I want to go back to being a beginner and practice Rainbow again, so I'll do my best, so please come to the EX Theater. We look forward to seeing

 

ディオ・ケン インタビュー

2022年9月22日

 

ディープ・パープル マークII / レインボー ディオ時代 トリビュートショウ

 

Q: 六本木のEXシアターでだね。広い会場だし、いいショウになるだろう。期待してる?

DK: ああ、広いし、大事なショウだよ。EXシアターのスタッフもとても興奮しているよ。彼らは日本の国旗「日の丸」を武道館のように、天井から垂らしてくれるんだ。1973年にディープ・パープルが武道館で演奏した時のように床に緑のシートを敷いて保護したり、レインボーにはバックドロップを投影し、ディープ・パープルにはDeep Purpleの大きな看板を設置する予定なんだ。武道館にいるような感覚になるような演出をしたいね。

 

Q: リハーサルやセットリストの作成はもう始めているのかな?

DK: いや、まだなんだ。すでに3回演奏しているので、リハーサルは1回しかやらないつもりさ。リハーサルをやりすぎると完璧になりすぎるし、レインボーが持っていた自発性を保ちたいんだ。基本的にセットリストは、1976年の「レインボー・ライジング・ツアー」に少し追加したものになる。その少しとは、オリジナルのレインボーがライブで演奏したことのない曲だよ。何かわかるかな?(大笑い)

 

Q: 思うところはあるけど、ここでは言わないでおこう。セットの長さはどれくらいになる?

DK: たぶん…2時間くらいかな。

 

Q: そうだね、レインボーの最初の3枚のアルバムの曲を全部足しても、2時間弱だからね......。

DK: (笑) 「Still I’m Sad」が一番長いよ。

 

Q: 本番1時間前のバックステージって、どんな様子なの?
DK: レインボーの話、レインボーのことばかりになると思うよ。レインボーの歴史や僕がどれだけレインボーを愛しているか、メンバーが楽屋で熱く語ってくれると思うよ。

 

Q: ディープ・パープルマークIIとディオ時代のレインボーを観たことはある?

DK: ないんだ。ディオの最初のライブは1986年の武道館、「Sacred Heart」のツアーで、ヴィヴィアン・キャンベルは既に脱退していたので、クレイグ・ゴールディがギターを弾いていた。そして1987年の「Japan Aid 2」、立川の昭和記念公園でのライブだった。野外で大音量だったので、地元住民から苦情が来て、それ以来、昭和記念公園でのライブはなくなったんだ。

 

ディオ・ケン

Q: これまで、ライブハウスなど小さな場所で歌う姿を何度も観てきたけど、今回はもっと大きなステージになる。どのように準備している?

DK: 先週末、大阪でDeep Purple Mk IIのライブを観て、とても良かったので、もっと上手くなりたいと思ったね。レインボーの曲は何度も歌っているけど、今また練習を始めて、初心者に戻った気分だよ。レコードで勉強したり、発音を聞いたりしているんだ。

 

Q: ヴォーカリストとしてのあなたの専門は間違いなくディオだけど、Akogi De Metalと他のこともいろいろやっているのを観たんだ。ブルース・ディキンソン、オジーなどなど・・・ロック系のボーカリストは何人くらい真似できる?

DK: 彼らとハロウィーンとジャーニーのスティーヴ・ペリーだね。

 

Q: 彼らはみんな全然違った声でしょ。どのようにして彼らのような声を出すように訓練しているのかな?

DK: もともと聴いていた曲を、好きだったら同じように歌いたいと思っただけなんだ。だから、特に意識したことはないね。ディオの場合は、レコーダーに録音して再生して、また歌って、再生して...とやっていたけど、オジーの場合は特にやっていないよ。

 

Q: 初めてバンドで歌ったのはいつ?

DK: 歌い始めたのは、学園祭に出るつもりでバンドを組んだのがきっかけだった。ロングヘアーの奴を探していたんだ。ギタリストが4人、ドラムが1人!5人集まったんだ。僕はキッスのバンドでポール・スタンレーのパートをやっていて、「デトロイト・ロック・シティ」や「ラブ・ガン」をやったんだけど、メタリカ~キッサリカみたいにすごく速く演奏したんだ(笑)。でも、メタリカのギターソロはすごくハードだから、キッスのソロをすごく速くやったんだ。スラッシュ・バージョンで。

 

Q: ロニーを初めて聴いたのはいつ?

DK: 給食の時に「Kill the King」が流れていて、すぐに彼の声の虜になった。「これは誰だ?」って。

 

Q: ロニーのように歌い始めたのはいつ頃から?

DK: 20歳くらいの時かな。いや、立川でのライブの後だったので、17歳の時だね。 

 

Q: 日本語と英語では、会話はもちろん、歌い方にも大きな違いがあるよね。言葉だけでなく、フレーズや息づかいまで違うので、日本の歌手のために英詞を書いたことがあるけど、言葉を変えなければならなかった。そこらへんに苦労しているかな?

DK: いや、自然にやってるよ。ロニー・ジェイムズ・ディオがそうしているから、僕もそうしているだけだ。たぶん、生まれたときからこの声だったんだと思う。(笑)。

 

Q: 君にとって、ロニーが歌った曲の中で最もマスターするのが難しい曲はどれだった?

DK: とても難しい質問だなあ。で、全部、と言いたいところだけど、「Stargazer」がとても辛いんだよ、僕が言うのもなんだけど。「Stargazer」は、何度も歌の練習をしたんだ。ヴォーカルのキーがすごく高くて、だからとても難しいんだ。

 

Q: ちょっと想像してみようか、パープルとレインボーの残りのメンバーで一回限りのハイブリッド・ショウを作ることができるとしたら。ギターは当然ブラックモアだ。他には誰がいるかな?

DK: すごい!(笑)リッチーはもちろん、イアン・ペイス、ロジャー・グローヴァー、ドン・エイリー...そして僕かな(笑)。

日本とトリビュートバンド

Q: 僕が初めて君を観たのは、2010年の日比谷公園でのライブの時だった。君はレインボーナイツと一緒で、レッド・ゼップのジミーさん、ヘンドリックスのジミセン、その他にも何人かいて、印象的だったのは、みんなパフォーマンス、服装、動きが完璧だったということだった。六本木にあるアビー・ロードにザ・パロッツをよく観に行くんだけど、彼らは鬼気迫るものがあるよね。君のような人は、アーティストに近づくために、どの程度パフォーマンスを研究しているんだろうか?

DK: どうだろう?もっと英語を勉強したかったんだけど、なかなか機会がなくて、英語の発音は真似して覚えた。耳がいいのかもしれないね。自分の出したい音をイメージするのはとても難しいね。

 

Q: ひとつ気になったんだけど、日本以外のトリビュートバンドを見ていると、日本のバンドはジャムらない(少なくとも僕は見たことがない)のに対し、彼らは曲の中でジャムをしたり、アレンジを少し変えたりしていることがよくある。なぜだろうか?

DK: 僕らの世代は、小さい頃にレコードを聴いて育ったからだろうね。僕が小さい頃は、日本ではビデオも観れないし、テレビ番組でも映像がなかったので、僕らのインプットはレコードからだけ、耳しかなかったんだ。テレビでは、バンドのライブを観ることはなかったから、レコードで聴いたものをほとんどコピーしていた。だから、例えばあるライブでロニーが曲の出だしを見失ったとき、なんでだろうと思ったけど、後で本を読んだら、ロニーがゴジラの着ぐるみを着ていたからなんだそう。リッチーはそれにギターをこすりつけていたから、ああいう音が出てきたらしい。ライブを観るなど、もっと情報があれば、他の国のようなトリビュートバンドもできたと思うね。

 

Q: 最近は、いくつのバンドで歌っているの?

DK: レインボー、ジャーニー、それに単発のをいくつかやったことがある。アイアン・メイデンやグラハム・ボネットのアルカトラズ、来月はライジング・フォース(マーク・ボールズ、ジョー・リン・ターナー他)をやる予定だよ。

 

Q: 日本にも素晴らしいトリビュート・バンドがあるけど、クラシック・ロックに偏っているね。イギリスやアメリカでは、ブロンディ、ABBA、ビージーズ、エルビスやジェリー・リー・ルイスなどを観ることができる。日本ではディック・デイルを演奏している人を観たことがあるし、ロリー・ギャラガーも時々演奏しているようだ。ビートルズのトリビュートバンドはたくさんあるのに、ローリングストーンズは1つしかない。なぜ日本にはポップスのトリビュートバンドが少ないのだろうか?

DK: 子供の頃、子供向けのテレビ番組を観ていると、いつもビートルズの曲が流れていたけど、ローリング・ストーンズは聴いたことがなかった。エルヴィスは、日本には来なかったし、もう一世代上だからね。

 

Q: ランナウェイズ、ガールズスクールとか、もう少し女の子のトリビュートバンドが観たいね。

DK: いるにはいるんだけど、長続きしないんだよ。レディースバンドは長続きしないことが多い。長続きしないのは、レディースバンドだからかな?それとも、日本ではレディースバンドはショーヤやプリンセス・プリンセスみたいなのばっかりだからかな。

 

Q: そうかもしれないね。とにかく、ライブの成功を祈ってるよ!本当に楽しみなんだ!これから行こうと思っている人に一言お願いします。

DK: 先週の大阪でのDeep Purple Mark 2があまりにも素晴らしかったので、また初心者に戻ってレインボーを練習したいと思っている。頑張るので、ぜひEXシアターにお越しください。お会いできるのを楽しみにしています。