DIZZY MIZZ LIZZY

ALTER ECHO

Sony Music Japan  - 20th March

内容が記された郵便物の封筒を見た時、私は目を見開いた。あの素晴らしかった最新作『Forward In Reverse』から4年。遂にデイジー・ミス・リジーの4作目のアルバムを手にしたのだ。やらねばならない仕事の手を止め、すぐにCDをプレーヤーに放り込んだ。ボリュームを最大限にして。既に私は確信していた。期待を裏切らない作品であることを。最初からそう断言できたことが嬉しかった。しかし実際には単にそうとは言えず、私の期待や予想をはるかに超えるものだったのである。

 

オープニングナンバーは苦悶するかのようにスローなテンポだが、構成が美しく次曲にスムーズに繋がっていく。アルバムは

まるであなたの部屋の前をゾウの群れが行進していくようなイメージだ。ドラムは跳ね、ベースは共鳴して揺れまくる。ギターは病みつきになるようなリフを畳み掛ける。それがこのバンドの個性である。言うまでもなく、ボーカルラインはで表現力豊かで美しくメロディアスだ。全曲ともパワーハウストリオの隙間を埋めるようにキーボードが配されている。これがDMLのアイデンティティとも言うべきもので、ティム・クリステンセンが再びプロデュースを担当している。もはや彼は同じ釜の飯を食う仲間と言っていいだろう。

 

生き残りを懸けて彼らはある部分変化しなければならなかった。このアルバムにおけるソングライティングとアレンジに成長が窺える。この成長というのは、ロックにおける詞のセンスにも言えることで、フォークにおいてもそうだろう。本作は現代メタルがブレンドされたプログレッシヴロックと言えるもので、彼らはここまで独自の世界を構築してきている。特筆すべきは5章から成る「Amelia」に顕著だ。我々のような年配ロックファンにとっては、アナログで言うところのLPのB面を占めるというのがしっくりくるだろう。アナログレコードに言及したが、それはこのアルバムのプロモーション盤の解説にLPリリースを前提に制作されたとあったからである。それを知り、私はさらにこのアルバムが気に入った。それは別として、ティムはちょっとしたトリックを仕込んでいる。オープニングのコードがB面の最後と同じになっていて、ループのように繋がっているという具合なのだ。粋だな。

 

2016年のラウドパークでの彼らの姿を鮮明に記憶している人も多いだろう。あの時の彼らのパワーは忘れがたい。圧倒的なパフォーマンスだったゆえに、すぐに彼らは翌年の出演も依頼された。あんな凄いステージはラウドパークの歴史の中でもなかったほどだ。彼らのステージに触れた日本のファンは、4つの理由でこのアルバムをより楽しめるだろう。まず、世界中で日本が最初にリリースされる国だということ。2つ目は、日本盤にボーナストラックが収録されること。3つ目は、かなり大規模なエリアで近日ライブが観られること(詳細は下記を参照)。最後には、サウンドが非常にクリアなBS2方式のCDであること、である。

 

さて、ここまで書いてきて、許されるならまたこのアルバムを聴きに行きたいんだけど、いいかな?

 

Track List

The Ricochet

In The Blood

Boy Doom

The Middle

California Rain

Amelia – Pt 1: Nothing They Do They Do For You

Amelia – Pt 2: The Path Of Least Existence
Amelia – Pt 3: Lights Out

Amelia – Pt 4: All Saints Are Sinners

Amelia – Pt 5: Alter Echo

Bonus Track for Japan

Madness

MORGAN FISHER

MORGAN'S SALON, TOKYO

30th November 2019

モーガン・フィッシャー 

モーガンズ・サロン、東京

2019年11月30日

デビュー50周年感謝:モット・ザ・フープル・コンサート

 

1970年代のイギリスで育った私にとって、グラムロック時代のナンバーワン・バンドはモット・ザ・フープルだった。そう言うと、このレビューはライター目線からのみならず、大ファンとしての感情も入っていることを承知してもらえるだろうか(私は2009年の再結成コンサートをイギリスまで観に行っている)。極力ニュートラルな批評に努めるつもりだが、多少の贔屓目はご容赦願いたい。そう言うのには、このコンサートには特別な要素があったからなのだ。モーガンの自宅兼ライブ会場であるモーガンズ・サロンを初めて訪れたロックファンにとっては、とてもくつろぎ楽しめる場所だったのだ。

 

会場は新宿のネオン街から徒歩10分の所、代田橋にぽつんと立っている。純日本風の建物ではあるものの、変わった古いイタリア風の装飾が施されたビルにはいくつかの店、レストラン、バーなどが入っていて、およそライブが行なわれるような場所には思えない。分かりやすい小道を下っていくと、会場に着く。靴を脱いで入ると温かく出迎えてくれ、モーガンのスタジオでもある部屋に案内してくれた。40の座席と共に年代物の機材が飾られている。雰囲気はとてもアットホームでくつろげる感じだ。席に座り、他のお客とたわいないおしゃべりをしていると、突然カズーの音色が響き渡った。そして本日の主役が満面の笑みを湛えて部屋に入って来た。我々を快く迎えてくれているのが分かり、既にスタンバイOKのようだ。こちらも準備OK。

 

モーガンはデジタルの前時代の機材の合間に腰掛け、機材について説明してくれた。1970年代初期のドラムマシーン「リズムキング」や機材の一部はスライ・ストーンがアルバム『Family Affair』で使用したお気に入りのものだったそうだ。オープニングナンバーのためにプログラムする(ボタンを押して、スピード<テンポ>を設定する)と、モット時代のお気に入りナンバーを立て続けに演奏し始めた。機材の設定を変えながら、歌い、プレイした。彼のボーカルはなかなかのもので、プレイに関しては文句なし。時折設定が間違ったりしたが、動じることはなかった。その修正のために演奏を止め、修正の間、ウケるギャグを連発していた。こんな具合で楽しいステージが進行していった。リズムキングはキャパに限界があるものだったが、モーガンは旧友を労わるように修理を重ねてきている。モットの名曲「Golden Age of Rock ‘n’ Roll」のシャッフル・ビートが流れ出すと、会場は大盛り上がり。今宵のハイライトとなった。今宵のセットは二部構成になっており、馴染みの薄いナンバーも含みフープルのアルバムの「サイド1」、「サイド2」と命名されていた(両方で我々はモットのライブ盤を完全に鑑賞したことになる)。ステージの背面には、70年代当時のロック雑誌の切り抜き記事がスライドショー形式で投影されていた。モーガンはステージの合間にはホストとして、お客にヒアフォートサイダー、紅茶、ポテトチップを振舞った。休憩が終了すると、再びステージに戻った。第二部終了後には、玄関口で我々を見送ってくれた。

 

こんな夜が楽しめないはずがない。モーガンは異なるテーマで毎月こうしたコンサートを開催している。是非足を運んでいただきたいと思う。あなたの目の前で伝説のロックミュージシャンが演奏してくれる、しかも彼の自宅でなんて、ここ以外他に世界の何処で考えられるだろうか?勿体無い話だ。

 

www.morgan-fisher.com

 

1st Set

Saturday Gigs

Lounge Lizard
All The Way From Memphis
I Wish I Was Your Mother

THE HOOPLE SIDE A:
The Golden Age Of Rock 'N' Roll

Marionette

Alice

Crash Street Kidds

2nd Set

Rest in Peace

Sweet Jane

Honaloochie Boogie

THE HOOPLE SIDE B:

Born Late ‘58

Trudi's Song

Pearl 'N' Roy (England)

Through The Looking Glass

Roll Away The Stone

Encore

All The Young Dudes