JOE SATRIANI - CD

SHAPESHIFTING

04/01/2020

インストゥルメンタル・アルバムを何枚もリリースしてきたミュージシャンにとって、長きに亘ってこの分野に興味を持ち続けるためには、その楽器の熟達者でなければならない。ジョー・サトリアーニは疑いなく熟達者の一人であり、『Shapeshifting』は1986年に世界を色めき立たせたデビューアルバム『Not Of This Earth』と同じくらい優れている。17作目となる本作は、ずっと秀作をリリースし続ける彼の最新作である。

 

ジョー・サトリアーニに求められるものはすべてここに揃っている。多様な音楽性、オリジナリティ、楽しめる要素、おっと思わせる瞬間、そしてもちろん崇高なばかりのギタープレイもある。今回は、ドラマーのケニー・アロノフ(ジョン・フォガティバンド)、ベースのクリス・チェニー(ジェーンズ・アディクション)、キーボードのエリック・コデュというコアなバンドによる制作である。ミックスとプロデュースは、フー・ファイターズ、レッド・ホット・チリ・ペッパーズ、トム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズを手掛けたジム・スコットに委ねられた。輝かしいキャリアを持ったスタッフとのコラボというわけだ。ジョーはこの心強い味方を得て、まったく退屈とは無縁の、楽しいアルバムを作り得たのである。

 

通常、アルバムをレビューする際、私は1曲目から聴いていくのだが、今回はそそられるタイトルから跳ばし聴きしていった。最も期待した4曲目が一番のおススメで、7曲目は彼の40年前の

バンド、スクエアーズ時代に戻ったかのようなサウンドだった。私が最初に聴いたこの2曲が、たまたまアルバムのベストトラックではないことを願いながら、今度は最初からアルバムを聴き通していった。ありがたいことに、私の心配事は杞憂に終わった。私のステレオシステムは各曲を正確に再生してくれ、聴き劣りするような曲はなかったのである。心から喜び、満たされる瞬間がずっと続いたのだった。今まで我々が何度も経験してきたように、ジョーは今回も楽曲において気合を入れるところ、肩の力を抜くところを心得ている。ここが彼のアルバムを聴き飽きないものにしている。独りよがりではなく、彼はキャリアに裏付けられたプライドで制作しているのだ。

 

スクエアーズ時代から考えると、ジョーのキャリアは長いものだ。世界最高のギタリストの一人であり、それは彼のファンのみならず業界関係者からも認められていることだ。彼がオリジナリティを見失ったことはなく、それにより彼はこのアルバムが示しているように、今なおこの分野の頂点に君臨している。「Waiting」、「All My Friends Are Here」、「Here The Blue River」といった曲における感情表現やムード演出は、他のギタリストの追随を許さない。ある者は速弾きに走り、またある者は売れ線狙いのプレイに終始するかもしれない。しかしジョーほどすべてにおいてバランスが取れた、完成されたミュージシャンはいないだろう。

 

Track List

1. Shapeshifting

2. Big Distortion

3. All For Love

4. Ali Farka, Dick Dale, An Alien And Me

5. Teardrops

6. Perfect Dust

7. Nineteen Eighty

8. All My Friends Are Here

9. Spirits, Ghosts And Outlaws

10. Falling Stars

11. Waiting

12. Here The Blue River

13. Yesterday’s Yesterday

ROGER WATERS

US + THEM (MOVIE)

LIMITED SHOWING

私はこれまで公式に撮影されたロックのコンサートフィルムを2、3百本は観てきた。年を追うごとにテクノロジーと照明技術の発達により、コンサートも劇的に進歩した。最新版では視覚面でもサウンド面でも行き届いており、マルチカメラにより会場のムードが克明に捉えられ、サラウンド効果により包み込むようなサウンドが押し寄せてきて、まるでその場にいるかのように錯覚させてくれる。しかしロジャー・ウォータースは別次元に一歩先んじたようだ。この作品は、ありきたりのロックコンサート映画ではない。コンサート、ショーとして、ロジャーの楽曲が彼の発するメッセージと結びついて、あなたに畏敬の念を抱かせ、涙させるのだ。

 

この手の映画は日本で公開されることはなかったのが常だった(しかし諦めないでおこう)が、決してYouTubeに上がっているようなスマホで撮影したオーディエンスショットを観るようなものではない。何の先入観もなく、この世界に入って行ってほしいものだ。鮮明なサウンドを伴った豊富な映像に見入るうちに、あなたは音楽に包まれ、楽曲本来の姿を映し出すスクリーンに釘付けになることだろう。音楽的には、すべてのミュージシャンが最高の腕前を発揮している。ロジャー自身も物凄い集中力だ。心の底からメッセージを伝えたいという姿が伝わってくるが、彼自身も自分の作品をプレイし、メッセージについて考えてもらえる機会を持つことを楽しんでいる様子だ。しかしそんな堅苦しいことは嫌だと敬遠しないでほしい。メッセージは政治的な意味合いを含んではいるが、音楽とメッセージのバランスは取れている。彼がアンチ・トランプということはよく知られており、「Pigs (Three Different Ones)」の演奏時にはトランプを袋叩きにしているが、そこだけに焦点を当てているのではない。彼は熱心なファンでさえ、それほど関心を持っていないことを分かっているのだ。そんな事も含み、ステージが進行していく上で、最も重要な要素は音楽である。映画は鮮明な4K画質である。

 

映像も素晴らしいし、もちろん音楽も然りだ。あとは、とにかく観てもらうだけ!日本では期間限定で指定劇場での公開となっている(下記参照)。エンドロールが終わるまで席を立たないように。その後に15分間のリハーサル・ドキュメンタリー映像が流れるから!

https://www.sonymusic.co.jp/artist/RogerWaters/info/511940

 

<セットリスト>

Songs performed:

Speak to Me

Breathe
One of These Days
Time/Breathe (Reprise)
The Great Gig in the Sky
Welcome to the Machine
Déjà Vu
The Last Refuge
Picture That
Wish You Were Here
The Happiest Days of Our Lives
Another Brick in the Wall Part 2
Dogs
Pigs (Three Different Ones)
Money
Us and Them
Brain Damage
Eclipse

The Last Refuge Reprise

JS.jpg