NENEH CHERRY

ビルボード東京

2019年8月19日、ファースト・セット

ネナ・チェリーほど豊富なキャリアを持つシンガーはなかなかいない。パンクロックのガールズバンド、ザ・スリッツのバックシンガーとしてキャリアをスタートした彼女は、その後自身のソウルフルなボーカルをしてポップス、ジャズ、アヴァンギャルドを融合したカテゴライズ不可能なバンド、Rip Rig + Panicのメンバーとなった。1989年には初めてのソロアルバム『Raw Like Sushi』 をリリース。「Buffalo Stance」は世界的なヒットとなった。この曲は現在ではヒップホップ、ダンスポップ、フリースタイルにカテゴライズされている。それから30年後にリリースした彼女の最新アルバムは『Broken Politics』で、レコードショップでは「トリップホップ」のジャンルに入れられている。

 

今宵、ネナのステージには、まるでNASAが保有したいと思うような機材の数々がラインナップされていた。新旧の楽器もあれば、2台のコンピューターを操るオペレーターが二人(一人は彼女の夫キャメロン・マクヴィ)、バックコーラスも務めるコンガとティンバレス担当のパーカッショニストが一人、エレクトリックドラムが1台、ベースもプレイするハーピスト、そしてなぜか不機嫌そうにプレイしていたベーシスト。彼は後には3台目のコンピューターも操り、断続的にノイズを発していた。効果音の洪水の中で、ネナの声は際立ち、『Broken Politics』収録ナンバーのシリアスなストーリーを歌って聴かせていた。このアルバムからのナンバーは今宵のセットリストの半数以上を占めていた。各曲はライブらしく活き活きとした流れを作り、古い曲(例えば「Woman」)もこの流れを遮らないようなアレンジが施されていた。オーディエンスの中の純粋なファンには、恐らくこうしたアレンジは好まれなかっただろうが、それはコンサート全体の雰囲気を維持するものであったのだ。

 

ネナのキャリアや様々なジャンルにおける名声から判るように、音楽的には驚くべきムードに満ちた一夜だった。それはまた、目まぐるしい旅を体験させるような照明システムによっても強調されていた。ビート、リズムは時に動悸のように高鳴り、うねり、会場を漂った。オーディエンスはそのたびに体じゅうを揺り動かしていた。ラストの「Buffalo Stance」では遂にピークに達し、足踏みまで出るに至った。この曲でもまたアレンジはかつてとは異なっていたのだが、この新しい形になってさえこの曲はあの時代を象徴する曲の一つのままであった。ネナがステージ中に発した言葉に、「ノスタルジーとは無縁なの。」があった。彼女のファンも然りだった。彼女は古い曲と同じくらい新曲を楽しんでいたことは間違いない。バンドは満面の笑みでステージを務めていた。

 

ネナを一つのカテゴリーに収めることはできない。様々なスタイルを超越した彼女の音楽は万人に好まれるものではないかもしれない。様々なカテゴリーの音楽をカバーしてきた彼女自身がカテゴライズできないというのも皮肉なことだが、もはや彼女だけのフィールドにいる人と言う他はない。

 

<セットリスト>

Fallen Leaves

Shot Gun Shack

Deep Vein Thrombosis

Woman

Kong

Synchronized Devotion

7 Seconds

Manchild

Faster Than The Truth

Natural Skin Deep

Buffalo Stance

ROGER WATERS

US + THEM (MOVIE)

LIMITED SHOWING

私はこれまで公式に撮影されたロックのコンサートフィルムを2、3百本は観てきた。年を追うごとにテクノロジーと照明技術の発達により、コンサートも劇的に進歩した。最新版では視覚面でもサウンド面でも行き届いており、マルチカメラにより会場のムードが克明に捉えられ、サラウンド効果により包み込むようなサウンドが押し寄せてきて、まるでその場にいるかのように錯覚させてくれる。しかしロジャー・ウォータースは別次元に一歩先んじたようだ。この作品は、ありきたりのロックコンサート映画ではない。コンサート、ショーとして、ロジャーの楽曲が彼の発するメッセージと結びついて、あなたに畏敬の念を抱かせ、涙させるのだ。

 

この手の映画は日本で公開されることはなかったのが常だった(しかし諦めないでおこう)が、決してYouTubeに上がっているようなスマホで撮影したオーディエンスショットを観るようなものではない。何の先入観もなく、この世界に入って行ってほしいものだ。鮮明なサウンドを伴った豊富な映像に見入るうちに、あなたは音楽に包まれ、楽曲本来の姿を映し出すスクリーンに釘付けになることだろう。音楽的には、すべてのミュージシャンが最高の腕前を発揮している。ロジャー自身も物凄い集中力だ。心の底からメッセージを伝えたいという姿が伝わってくるが、彼自身も自分の作品をプレイし、メッセージについて考えてもらえる機会を持つことを楽しんでいる様子だ。しかしそんな堅苦しいことは嫌だと敬遠しないでほしい。メッセージは政治的な意味合いを含んではいるが、音楽とメッセージのバランスは取れている。彼がアンチ・トランプということはよく知られており、「Pigs (Three Different Ones)」の演奏時にはトランプを袋叩きにしているが、そこだけに焦点を当てているのではない。彼は熱心なファンでさえ、それほど関心を持っていないことを分かっているのだ。そんな事も含み、ステージが進行していく上で、最も重要な要素は音楽である。映画は鮮明な4K画質である。

 

映像も素晴らしいし、もちろん音楽も然りだ。あとは、とにかく観てもらうだけ!日本では期間限定で指定劇場での公開となっている(下記参照)。エンドロールが終わるまで席を立たないように。その後に15分間のリハーサル・ドキュメンタリー映像が流れるから!

https://www.sonymusic.co.jp/artist/RogerWaters/info/511940

 

<セットリスト>

Songs performed:

Speak to Me

Breathe
One of These Days
Time/Breathe (Reprise)
The Great Gig in the Sky
Welcome to the Machine
Déjà Vu
The Last Refuge
Picture That
Wish You Were Here
The Happiest Days of Our Lives
Another Brick in the Wall Part 2
Dogs
Pigs (Three Different Ones)
Money
Us and Them
Brain Damage
Eclipse

The Last Refuge Reprise

Neneh Cherry.jpg